思い出ばなし・新屋の兄ちゃん家族―7・・・

 

        f:id:akicyan6041:20200713162005j:plain

         《兄ちゃんは若しかしたらうつ病じゃ無いの?-2》

兄ちゃんは相変わらず、「腹が痛い~腹が痛い・・・」と年中言ってるし~

お医者さんに行っても「何処にも悪い所は無い」と言って余り身体に害の

無いようなお薬を貰って帰りに、以前は姉ちゃん(長女)のお宅に寄って

ストレスを解消して居た様ですが、最近は散々義理のお兄さんの悪口を言って

姉ちゃんの所には行きずらくなって、今度は君ちゃんの家に寄ってストレスを

解消して居た様です。当時君ちゃんの旦那さんは1年程前に前立腺癌で

亡くなり、息子夫婦と2世帯住宅に改造して母屋の方では君ちゃんが・・・

棟続きの隠居の方には息子夫婦が住んでて、君ちゃんも一人で気楽に生活をし

兄ちゃんが行っても気兼ねする事も無く、兄妹で親戚の悪口を言ったり

たずえ姉さんは「最近は家の金を持って親鸞会に行きよる」とか言って散々

悪口を言って・・・気分を晴らして家に帰る・・・

そんな日々を過ごし・・・ある日、隆から電話が有って・・・

隆   「かーこちゃん、あんなぁ~とうちゃんが死なったのよ~」

和子はびっくりして・・・

和子  「うそ~でしょう?何で死んじゃった?」

隆   「夕べなぁ~首吊って死んでらったん・・・」

 

          f:id:akicyan6041:20200713162709j:plain        f:id:akicyan6041:20200712161036p:plain

 

和子に取って思い掛けない訃報でその時は横浜の自宅に居るから

実感が湧かず、夫に「兄ちゃんが死んじゃったんだって?」と・・・

早速、支度をして夫と田舎に帰りました。

和子達5人兄妹が生まれ育った実家も、兄貴夫婦も亡くなり兄貴の次女が

跡を継いで呉れて居ますが、兄貴が次女に養子縁組をする時に新しく

新居を建てて跡取り娘は新居の方へ・・・只思い出深い実家は廃居と成り

実家の前を通り新屋に行くと兄ちゃんは、座敷で白い布を掛けられて

静かに眠って居ました。

 

和子はたずえ姉さんの所にご挨拶に行くと大粒の涙が溢れだし・・・

言葉に成りませんでした。どの様な事情が有ろうとも、「腹が痛い・・・

腹が痛い・・・」と喚こうが、長年連れ添った夫婦なら、もう少し苦しむ

兄ちゃんが、自ずから死を選ぶまでに何とか出来なかっただろうか?

あの時、未だ若かった頃に肝硬変を患い、団地のお友達のご主人の様に

兄ちゃんも、自ら命を絶つような事だけはしないで欲しいと常に思って

居ましたが、数十年後にこの様な結果に成った事が・・・和子は

辛く、悲しい・・・小さい時から大好きだった兄ちゃん、

何で死んじゃうのよ~~~(涙・・・)

【「こないだ」と 五十年前の 話しする(シルバー川柳)】

思い出ばなし・新屋の兄ちゃん家族―6・・・

 

        f:id:akicyan6041:20200712161313j:plain

          《兄ちゃんは若しかしたらうつ病じゃ無いの?-1》

兄ちゃんは毎日の様にこたつに潜って「お腹が痛い~お腹が痛い~」と

喚いて居た様です。だからと言ってお医者さんに行って診て貰っても先生から

「何処も悪くは無い」と言われ「あの医者はやぶ医者だ」と、けなし

田舎の少ない開業医を転々として、自分で自分なりのお医者さんの所で

落ち着いた様ですが、母の様に「お腹が痛いと言ってのたうち廻すような

事も無く、只口癖の様に「お腹が痛い・お腹が痛い・・・」と年中言ってるから

たずえ姉さんも「又言ってるわ~」と言う位で・・・「じゃ~大変だから

背中でも指すって上げようか?」でも無く段々エスカレートしちゃって

家に居るのが嫌になる?と言った感じだった様です。

         

         f:id:akicyan6041:20200712160930j:plain

 

和子が若し、たずえ姉さんの立場に成ったらやっぱり「痛い・痛い・・・」と

喚く夫を無視して親鸞会の仲間の所へ行っちゃうだろうか?其れとも

姉ちゃんとか君ちゃんに真剣に相談してみるとか?

和子は横浜に住んでて、又還暦を過ぎた頃から在宅訪問介護のお仕事を

して居たから、うつ病とか精神障害の方とも接触が有ったから兄ちゃんも

若しかしたら・・・と思いますが・・・

田舎の皆さんは、仮にうつ病で有っても精神科のドアを開けるのは

かなりの勇気が居るし・・・兄ちゃんの掛かり付けのお医者さんすら

「一度神経内科の方で診て貰えば・・・」とは言わなかったんだろうな?

 

         f:id:akicyan6041:20200712161139j:plain

                                                              

                                                                  f:id:akicyan6041:20200712161036p:plain


兄ちゃんは段々と身内の悪口を言うのが増えて来て・・・和子の所にも

頻繁に電話をして来て、思わず「今度は何なの?」って言いたく成るほど

最後にはたずえ姉さんの悪口迄・・・(笑)

    【手をつなぐ 昔デート 今は介護(シルバー川柳)】

思い出ばなし・新屋の兄ちゃん家族―5・・・

 

       f:id:akicyan6041:20200711164931j:plain

        《その後の兄ちゃんの胸の内は如何な物か?-1》

人並みに大事に大事に育て跡取りにする積りで自宅の上の畑に6畳2間の

隠居迄建てて、兄ちゃん成りに隆の孫を抱ける日を夢見て頑張って来たのに~

当時彼女は40代の半ば?確か元旦那様の息子さんは2人共高校を出て

社会人だったと思う、当然、隆の孫の顔を見る事は不可能で、兄ちゃんの

胸の内は如何なものだったでしょうね?

 

その頃には、もう肝硬変はすっかり完治して元気な筈でしたが、隆の件で

悩み始めた頃から、「お腹が痛い・お腹が痛い・・・」と言い始めお医者さんの

問診を受けても「何処も悪い所は無い・・・」と言われ薬を沢山貰って

飲んで居ましたが、今思うと全然害の無いお薬を先生も出して居たのかな?と

思うし・・・やっぱり田舎の開業医の先生だから「若しかしたらうつ病かも?」と

疑って「一度神経内科にでも行って見たら?」と言うお話しも出なかった様な?

その頃から年中「お腹が痛い・お腹が痛い・・・」と言って食事も

満足に食べず和子の息子の結婚式に横浜に来ても特別食でお粥さんを食べてました

 

  f:id:akicyan6041:20200711165735p:plain  

 

           f:id:akicyan6041:20200711165840j:plain

 

若い時から兄ちゃんは姉ちゃん(長女)と仲良しで山林組合の監守をして居る

頃から姉ちゃんに山林組合の仕事を手伝って貰ってたずえ姉さんと3人で

頑張って居ました。姉ちゃんの旦那さんは弟さんと2人兄弟で

お坊ちゃん育ちで取っても几帳面な義理兄さんで、何となく煙ったい近寄り

難い方で何年経っても何となく馴染めなかったです。

 

兄ちゃんは姉ちゃんとは仲良しで暇な時は良く姉ちゃんの家へ遊びに

行ってましたが、義理兄さんが居ると直ぐに帰って来る(笑)そんな仲良し

だったのに~ある夜、和子の家に電話をして来て「姉ちゃんの家に年賀状を

出したのに姉ちゃんの所から年賀状が届かない」と言い出し???

  【三月前 教えた将棋で 孫に負け(シルバー川柳)】

思い出ばなし・新屋の兄ちゃん家族―4・・・

 

       f:id:akicyan6041:20200710180857j:plain

        《新屋の甥っ子・隆は?-3》

兄ちゃんは隆のお嫁さんに、男の子の2人も居るバツ一の隆より年上の

オバサンを許す訳に行かず、至る所で知り合いに声を掛けてお嫁さん探しを

試みた様ですが、やっぱり結婚と言うのは人様の一生が掛かる事だから・・・

中々右から左に・・・と言う訳には行かず適当な女性は???難しいですよね?

 

そんな時、和子の息子(長男)は大学の1歳年下の女性とサークルで知り合い

7年のお付き合いをして結婚しましたが、その時、和子は「実の姉たちは

横浜に来る機会が無いから実のオバサンの出席をお願いして長男夫婦と実の

叔父叔母さんに・・・所が兄ちゃんは「家の隆も結婚式に呼んで遣って

貰えないだろうか?」と言って電話をして来ました。和子は兄ちゃんに

「どうして隆を???」と言うと「若しかしたら隆にもひとめぼれで横浜に

彼女が出来るかも???」と思い掛けない事を言い出し唖然とした事が?

「和子の様に都会に憧れて来る人も居るかも知れないけど~大都会から田舎の

山奥に来る女性は???無理だよ~((^▽^笑) )

 

       f:id:akicyan6041:20180502091729j:plain       

 

                                                  f:id:akicyan6041:20200710181012j:plain

 

結局は兄ちゃんがどんなに頑張っても2人は別れようとしない、

散々サラ金で借金をして兄ちゃんに払って貰いながら・・・どの様に

やりくりをしたのか?彦根の新しい家を買って、兄ちゃん夫婦が元気な家は

彦根の新居で2人の連れ子と4人で生活し、兄ちゃんたちに介護の手が必要と

成った時には子供に新しい彦根の家を与え、両親の元へ帰って来るし、彼女の

お母さんは一人で・・・兄ちゃんは頑固と許さなかったけど・・・

周りの親戚の人たちから説得をされて泣く々諦めて形だけの結婚式を挙げましたが兄ちゃんはおへそを曲げて新郎の父は欠席((^▽^笑) )

喜寿だけど 恩師の前では 女子高生(シルバー川柳)】

思い出ばなし・新屋の兄ちゃん家族―3・・・

 

        f:id:akicyan6041:20200709165611j:plain

      《新屋の甥っ子・隆は?-2

兄ちゃんは隆が修理工場の彼女と別れる気配は無く、和子の所に度々

電話をして来て愚痴ばなしをするのですが、どうする事も出来ず、又(隆も

両親に反対されて後ろめたい事も有って弟の信に色々話してるかも知れないし

又信の方から良いアドバイスも有るかも知れない、若い者どおしが話せば

何か良い知恵が出るかも知れない)と思って兄ちゃんに「信に相談を

持ち掛けたら・・・」と言いましたが、信も「触らぬ神に祟りなし・・・」の

心境で聞き耳を持たない様です。

 

      f:id:akicyan6041:20200709165821j:plain  f:id:akicyan6041:20200709165706j:plain

そうこうしてる内に修理工場の社長が突然亡くなり、工場を閉鎖せざるを

得なく成り、隆は職を失い、兄ちゃんにしたら・・・

「此れじゃ隆も失業し、新しい職を見つけて彼女とも縁が切れる」と内心

ホッとしたと思いますが、隆と彼女の恋は切れる所か益々深みにハマって

隆は彼女親子の生活費迄・・・サラ金に手を出し、サラ金からは兄ちゃんの

所に催促の電話が掛かって来るように成って・・・隆のサラ金の尻拭いを・・・

結局、彼女は隆より2~3歳年上で2人の男の子の母親だから・・・

隆を手放したら絶対に幸せは来ないと思ってる様でしたが・・・

      f:id:akicyan6041:20200709165513j:plain


兄ちゃんも折角の長男に信と同じ様に隆に相応しい彼女を見つけて

可愛い内孫の見られるのを夢み大事に育てたのに・・・

事も有ろうに年上で子供に母親まで連れての縁談は一寸悲しすぎる。

その頃かな?微かに兄ちゃんに、うつ病の様な気配を見せる様に成ったのは?

【老一人 家電ブザーに 返事をし(シルバー川柳)】

幼い頃に母から聞いた恐怖・大惨事・・・

 

        f:id:akicyan6041:20200708165747j:plain


幼い頃に母から聞いた大惨事・・・

此れは和子が生まれる前の実話です。今回の熊本豪雨から、又今朝は

岐阜・長野と未だ々豪雨は続き、沢山の方が犠牲に成られて居る画像を

テレビで拝見する度に母から聞いた大惨事を想像します。

 

               f:id:akicyan6041:20200708165824j:plain                     f:id:akicyan6041:20200708165949j:plain

和子の実家は滋賀県の山奥で家の裏には犬上川の上流で大きな河が

流れて居ます。やっぱり今回の様に大雨で今回のような大惨事は見た事は

有りませんでしたが、家の下に流れる河は泥水で見ただけで恐怖を感じます。

田植えの時期は梅雨と重なり、河には大水が流れて居ます。実家の田んぼは

川向こうに有って昔の事だから立派な橋も掛かって居ません。丸木橋

2本重ねて掛かって居る様な橋だったそうです。

その日、両親は兄ちゃんと君ちゃんと4人でリヤカーに苗を乗せて

田んぼに行きました。橋の袂にリヤカーを置いて、モッコに苗をの乗せて

田んぼ迄運ぶのですが、当時兄ちゃんは8歳位で君ちゃんは3歳位だったのかな? 

兄ちゃんは大きいから蓑傘と合羽持って丸木橋の上をタッタッタ・・・と

走って行ったそうです。その後をつけて・・・君ちゃんも・・・

 

         f:id:akicyan6041:20200708170055j:plain

 

 f:id:akicyan6041:20200708171233j:plain     f:id:akicyan6041:20200708165906j:plain


河には雨上がりで泥水が深く・・・流れも速かったそうです。

その河に君ちゃんは足を踏み外して河に落ち泥水の中を恨めしそうに

流れて行くのを父は発見して・・・大道を先回りして・・・

其の泥水の中に飛び込んで流れて行く君ちゃんを間一髪で捕まえて

助けたそうです。親だからこそ出来る、此れこそ親子の絆の深さを

感じますよね?

 

尤も和子の生まれる前で、母からの聞いた実話で現実はどの様な物かは和子が

想像するだけで「何~だ?それ位なら・・・」程度だったかも知れませんが

大雨や台風で今回の様な大惨事をテレビで見ると「父は 凄かったな?」って

頭が下がる思いです。

今現在だったら救急車が来て大事だろうけど~当時は父が助けて、その日は

一日君ちゃんは恐怖に怯え、一言も話さなかったとか?夜に成って家に帰って

「こわかった~~~」って一言だったとか?

本人はこの恐怖覚えて居るかな?(笑)今度逢ったら聞いて見よ~(笑)

【景色より トイレが気に成る 観光地(シルバー川柳)

浮いたテーブルに生存者=14人死亡の特養―熊本

 

      f:id:akicyan6041:20200707163423j:plain

     《この記事を見て・・・書き残したいと・・・》

     熊本豪雨で悲惨な思いをされてる皆様にお見舞い申し上げます

 💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦

14人が死亡した熊本県球磨村特別養護老人ホーム「千寿園」

7日午前 「1階の浮いたテーブルの上に生存者が横たわっていた」記録的な豪雨で

水没し、14人が死亡した熊本県球磨村特別養護老人ホーム「千寿園」で、

入所者の救助作業に加わった地元男性はこう振り返った。未明の急激な浸水で、

逃げる間もなく取り残されたとみられる。観光客向けに、ゴムボートで

球磨川を下る「ラフティング」を手掛ける同村の「ランドアース」の

男性社員(38)は、4日午前9時ごろから村内で救助活動を開始。事務所は

浸水して近づけなかったが、近所の人が流出したゴムボートを確保してくれており、

救助に向かうことができた。千寿園に向かったのは同日午後。施設の1階は浸水し、

自動ドアを手でこじ開けて中に入ると、浮いたテーブルの上に横たわる入所者と

職員の2人を発見。ボートに乗せ外に出した。一方、毛布にくるまれた泥まみれの

6人も目撃したといい、「一目で亡くなっていると思った。恐ろしい光景だった」と

話した。

 

        f:id:akicyan6041:20200707163627j:plain

                                       

                                        f:id:akicyan6041:20200707163458j:plain

 

    豪雨で水没し、14人が死亡した熊本県球磨村特別養護老人ホーム「千寿園」の

入り口に置かれた泥の付いた上着=7日午前 別のラフティング会社の男性従業員(36)は4日夕、職員らと4、5人がかりで入所者の女性を車いすごと持ち上げて

ゴムボートに乗せ、倒れないように支えながら搬送したという。

男性は「救助した人は寒そうにしていた。職員の不安な表情が忘れられない」と

語った。 同県人吉市のラフティング会社「ハッピーサプライズ」の毎床哲哉さん(49)は、同午後6時半ごろ千寿園に向かった。救助には直接関わらなかったが、

自衛隊との連絡などに奔走。ボートで入所者ら約20人を運んだという。

 毎床さんは「千寿園は高齢で歩けない人も多く、増水が始まった深夜は職員も

少なかったはず。どうしようもなかったのでは」と声を落とした。 

              💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦

和子が昔社員寮に居た頃に、此れは人づてに聞いたお話しですが、社員の

男性が定年を迎えて、間もなく田舎は農家で物置小屋の2階に有る農機具を

取に上がって筵が床よりずれて敷かれて居て・・・農機具を下ろそうと

筵のギリギリの所に置いて、2階から梯子に乗り移る際に農機具と共に階下に

転落をして亡くなったと言うお話しを聞いて・・・人の寿命とは言え

退職してゆっくりする暇も無く、亡くなった男性・和子はその男性は

知りませんが、突然の訃報で、何事か有ると直ぐ、思い出す(涙・・・)

 

この九州豪雨で偶々浮いてたテーブルで一命を取り留めた方、本当に良かったですね?此れからきっと大往生をされるでしょう~本当に良かったですね?

おめでとうございます。M(_ _)m

【へそくりの 場所を忘れて 妻に聞く(シルバー川柳)】