思い出ばなし・在宅訪問介護―30・・・

 

       f:id:akicyan6041:20200330170445j:plain


夫の甥っ子から「親父が大分弱って来て何も食べないので先生から

『近親者を呼んだ方が・・・』と言われたからお見舞いに来て欲しい」と

言う知らせを受けて施設にお見舞いに行きましたが、未だ微かな息は???と

言う感じでしたが、その2日後に眠る様に天国へと旅立たれましたが、斎場が

混んで葬儀・告別式が出来ない状態でお兄さんは今、斎場の霊安室(冷凍庫)に

預かって頂いてる状態です。そんなお兄さんを見て30数年昔、亡くなった母を

偲び、母の思い出ばなしを・・・

 

f:id:akicyan6041:20190722163745j:plain

又此れから、思い出ばなし・在宅訪問介護・・・

コムスンから数名の利用者さんを預かって、お友達の紹介でU事業所に

転籍した和子は、伸ちゃんのお世話に~彼は40代の初めの頃に脳溢血で倒れ、

右半身不随と言葉に多少の障害が残りましたが、和子がお世話に入った頃は

大分元気に成って会社の上司から「朝、10.00時から15.00時までの短時間の

パートに~」とお声を頂き、和子は9.00時にサービスに入ってお洋服の着替えを

してマンションの前からバスに乗って貰い「OO停留所で下ろして下さい」と

お願いし・・・又夕方に16.30分から18.30分まで掃除・洗濯・夕飯の支度

入浴介助に・・・と


コムスンからの利用者さんの他にU事業所から与えられた数名の利用者さんで

朝、7.30分から18.30分まで結構忙しい週4日のフル活動でした。

            f:id:akicyan6041:20200330170338j:plain

 

ある日事務所に行くと、伸ちゃん担当のケアマネージャーから「新しい

事業所を紹介するから伸ちゃんと新しい事業所に転籍して貰えないだろうか?」

と相談を受けました。やっとU事業所に慣れたのに・・・(涙・・・)

【人恋し 恋とは違う 人恋し(シルバー川柳)】

思い出ばなし・お母さんとの最後の別れ・・・

 

   f:id:akicyan6041:20200329170104j:plain

 

「母、危篤」と最後の知らせを受けて夫に喪服の準備と子供をお願いして

一番の新幹線で実家に帰ったその前日まで、お見舞いに来て呉れた従兄妹と

お話しをして居たそうですが、和子が帰って「お母ちゃん、分る~かーこが

帰って来たよ~」と言っても返事は無く、唯ひたすら眠るのみ・・・

 

お医者さんから「お水を口に含ませて飲み込めば大丈夫です。飲み込まなかったら

ご臨終です」と言われ、帰った翌日の朝、大きな声で「あにやん~あにやん~」

と叫ばれて母のお兄さんがお迎えに来たのか??? 和子は思わず

「あにやん(長男)を呼んで来たろか?」と答えると・・・母の「あにやん」は

和子のオジサンで、和子の「あにやん」は母の息子で人違いと、理解してる(笑)


母はその時、和子に「水呉れいやい(水が欲しい)と言いましたが、

その言葉が最後の言葉でした。

その日は、君ちゃんのお宅の建て増しの棟上げで兄貴とお手伝いに行って

皆さんにお昼のお膳を作って食べて貰い、お給仕をして居る時に、

姉ちゃん(長女)の旦那さんが「送って遣るから実家へ・・・」と呼んで呉れて

実家に帰りました。

お昼過ぎから寝息が荒く、段々と大きな鼾を搔くように成ってました。


     f:id:akicyan6041:20190625223024j:plain

 

「お母ちゃん・お母ちゃん・・・」と呼んでも返事はなく・・・

足の先から手の指の先は段々と冷たくなって・・・聞く所に依ると

「心臓から遠い位置から段々と冷たくなる」のだそうです。

 

子供の頃は「お母ちゃん、お母ちゃん・・・」と母の後を追い掛けて母の

姿が見え無いと、大きな声を張り上げて泣き叫び、小学校の1~2年の先生から

「今日は和子さんは14回泣きました」と言われたとか?(笑)そんな和子も

兄嫁と同居して、幼い和子を顧みず、「老後はOO雄に世話に成るから・・」と

兄嫁を大事にした母、そのお陰で泣き虫だった和子も立派に大人にして貰って

遠い横浜で人並みの生活が出来る様に成りました。

         f:id:akicyan6041:20200329170212j:plain       f:id:akicyan6041:20190807161625j:plain        

                                                      f:id:akicyan6041:20200329170323j:plain

 

君ちゃんの家の棟上げを終わった夜の10.30分ごろに大勢の身内の皆さんに

見守られて母は天国へと旅立たれましたが、最後の頃は一寸オーバーかも

知れませんが、1分間に数回しか息をせず、実家の宗教は浄土真宗で息が切れると

同時に仏壇からリンを持って来てリンを叩くのですが、兄貴が「もう叩こうか?

もう叩こうか?」「ううん、もう一回息をするかも???」と言いながら

待ち続け・・・最後にはコックンと・・・和子は思わず・・・

「お母ちゃん、やっと楽に成ったね?」って???


でも~あの荒っぽい息の根を思うと・・・棺に納められても

「未だ、あの荒い息をして居るのか?」と気に成り・・・何度も覗きに行き・・・

お通夜・告別式を終えて・・・荼毘に伏し、お骨に成ってやっと諦めが

着きました。 87年の人生、8人の子供をこの世に生み落とし3人は母より

先に逝かれましたが、5人の子供を立派に育てて呉れて有難う~

   【残るのも 先に逝くのも いやと言う(シルバー川柳)】

 

思い出ばなし・和子のおかあさん-5・・・

 

        f:id:akicyan6041:20200328170148j:plain

 

母は80歳の時にお医者さんに誤診されて「胃に癌が出来てるし腹膜を

併発して居るから80歳の高齢では手術に耐えられるか、医者の判断では

決められないから兄妹で良く相談して下さい」と言われ・・・兄妹5人で

夜中まで悩み、「手術すれば3ヶ月長生きするかも知れない?手術しなかったら

このままで3ヶ月持つかも知れない?手術をしたお陰で寿命を縮めるかも知れない?手術をしなくって亡くなったら~若しかしたら手術したらもう少し長生きするかも知れない・又手術までしても、やっぱりダメだったと諦められるか?

散々悩んだ挙句、先生の誤診でお通じ(ウンチ)が出たら元気に成って・・・

無事に退院して7年・・・

 

夏で会社の納涼祭で宴会が有って帰りに上大岡でボーリングをして楽しみ

夜の11.00時前に家に帰って来ると夫から「お母さんが危篤状態だから

帰ったら電話をする様に・・・」と言われ、田舎の実家に電話をすると

「今度は、もう駄目の様だから帰って来るように・・・」と言われ翌朝夫に

子供をお願いして一足先に翌日の一番の新幹線で帰りました。


        f:id:akicyan6041:20170302000000j:plain

       

実家に着いたのは11.00時頃でお姉さんから「夕べは従兄妹のOOさんが来て

話して居たから「かーこちゃんもお婆ちゃんに声掛けて上げて・・・」

と言われ、隠居で寝ている母に「お母ちゃん、かーこが帰ったよ~分かる?」

って声を掛けても縦に首を振るだけで返事はない?「お医者さんは?」って

聞くと・・・「もう老衰だからお口にお水を飲ませて遣って飲み込めば

大丈夫だけど水を含ませても飲み込まなく成ったら終わりだって?」と・・・

 

                                      f:id:akicyan6041:20200328170356j:plain

今まで元気だった母はかなり腰が曲がって居たのに~真っ直ぐに、

向けに寝てる?手を見ると物凄くむくんで大きな手に・・・「おかあちゃん

かあちゃん・・・」と呼んでも返事は返って来ない?ちょうどその時、

君ちゃんの長男が結婚する前で君ちゃんのお宅では増築するのに明日は棟上げ

と言う日でした。おめでたとご不幸が重なって・・・君ちゃんは「お母ちゃん

せめて棟上げが終わるまで死なないで・・・」って・・・

 

和子が実家に帰った翌日、君ちゃんのお宅では棟上げで、「母のお守は姉さんが

して呉れるので和子は君ちゃんのお宅の棟上げのお手伝いさん・皆さんに

お昼を食べて貰う食事の支度に・・・

昼食のお手伝いで皆さんにご馳走を並べて食べて頂き、お給仕して居ると

何時の間にか兄貴(長男)は実家に帰って居ない?

姉ちゃんの旦那さん(義理兄)が送って呉れて和子も実家に・・・

     【すらすらと 嘘が言えます ボケてない(シルバー川柳)】

 

思い出ばなし・和子のおかあさん-4・・・

 

      f:id:akicyan6041:20200327173753j:plain

 

母は和子の長男が生まれる時に「和子の初めてのお産だからどうしても

行きたい」と父におねだりをしたそうですが、父は「腹痛の持病を持ってるから

行くな」と猛反対をしたそうです。それでもどうしても一度は世話をして

上げたいと言う一念で、和子の所に手紙で「お父ちゃんが『どうしても行くな?』

って言うけど、お母ちゃんは行きたいからかーこの方から『お母ちゃんにお産の

世話に来て欲しい』と頼んで欲しい」と言う手紙を貰い、母がそれ程までに・・・と

思い手紙を書いて送り、結局はアルミの缶に一杯薬を持って、和子が退院する日に

夫に新横浜迄向かいに行って貰ってお手伝いに来て呉れました。

        f:id:akicyan6041:20200327173940p:plain  f:id:akicyan6041:20200327173837p:plain

 

所が、和子が眠ってる間に玄関を開けっ放してお買い物に行き、眼が覚めたら

居ない?暫くして帰って来るから「横浜は田舎と違うから玄関開けっ放しで

出掛けない様に注意をしても・・・「開いてれば『人が居る』と思って

泥棒なんか来ないよ~」と平気なm(_ _)m(笑)

そうこうして、20日ほどお世話をして呉れましたが、その20日の間にも腹痛が?

狭い6畳一間の部屋で「痛い・痛い」と、のたうち廻され東京のお姑さんに

来て貰って近くのお医者さんに・・・

 

結局保険証を持って来ないから・・・田舎に電話をして兄ちゃんに

事情を話して保険証を送って貰い、一件落着だけどお医者さんに痛み止めを

貰い、収まったけど~帰り際に生まれたばかりの長男にマリーゴーランドの

天井にぶら下がる玩具を買って上げたいから夫に頼んで、買いに渋谷の

東急デパートに・・・

 

f:id:akicyan6041:20200327174040j:plain

 

20日ほど横浜に居てお産のお世話をして呉れて、新幹線で帰って貰いましたが

母が田舎に帰ると、父は姉ちゃんのお宅に・・・

父に「今帰りました」とご挨拶に行くと、父は「散々行くな」と言ったのに~

横浜に行って激痛を起こし、父は、かなりのご立腹で大喧嘩をしたとか?

其れもやっぱり夫婦の愛情かな?(笑)

【口づけも 入歯ガクガク 老いの恋(シルバー川柳)】

 

思い出ばなし・和子のおかあさん-3・・・

 

       f:id:akicyan6041:20200326200118j:plain

 

恐らく今、思うと母は若い時から良く腹痛を起こして、激痛の時には

「痛い・痛い・・・」とのたうち廻り苦しみましたし、和子も有る夜中に突然に

肋骨の裏の方が砂袋をぶら下げた様な鈍痛が起こり、横に成ってうつ伏せに

成っても掛け布団を4つに畳んで寄り掛かっても鈍痛は収まらない。結構長い時間

苦しんで、夫を起こしては不味いと思って水でも飲んで来ようと台所に

出て来て、水だけより正露丸を飲んでみようと思って飲んで収まったのが

2日目の夜、最初の夜は一人で苦しみ、布団の上でのたうち廻り3時間位

朝起きて「夕べは何だったろう?」だけで次の日はお仕事に行き、2日目も???

 

             f:id:akicyan6041:20200326200202p:plain

 

                                           f:id:akicyan6041:20081201193140j:plain

 

でも~2日目の夜に正露丸を飲んで寝たら3日目は何事なく、しっかり寝て

夫に「あの痛みは何だっただろう?」と言うと・・・

「毎晩、のたうち廻られると俺も寝られないからお医者さんに行って呉れば~」

って言われたけど、昼間は何でもない?「お医者さんに何て言うの?『夕べ

此処痛かった』って言うの?」と言いながらも嘘じゃ無いからお医者さんが

空いてたら会社の帰りに行こうと思い、お医者さんに行ってバリュームを

飲んで検査したら・・・腎臓に大きな結石(腎臓の2/3程の大きさ)が有って

先生がびっくりして、「即、赤十字病院を紹介して上げるから行きなさい」と

言われ、赤十字病院に入院して結石を切除しましたが、肋骨の裏の方が

砂袋をぶら下げた様な鈍痛は収まらず、時々夜中に苦しみました。

この痛みは胆嚢に結石が有って、其れが胆嚢の中で動くと痛い、

 

結局、腎臓結石は腎臓の壁にくっ付いて動かず成長し2/3の大きさに・・・

あの胆石の苦しみは、和子も(幸せな家族の魅力も無く死んで楽に成りたい)

と思ったから。母が姉に「毒薬を貰って来て欲しい」と言った気持ちは

冗談ではなく本心だと思うし・・・・何度かトイレに腰ひもを持って行って

自ら命を絶とうとしたらしいけど、姉さん(兄嫁)に見つかって成仏できず

姉さんが「かーこちゃん、お婆さんはトイレに腰ひもを持って行かったのよ」って・・・昔のお医者さんは胆石見つけられなかったのかな?(笑)

     【あなたには 言えない遊び 軽い嘘(シルバー川柳)】

 

思い出ばなし・和子のおかあさん-2・・・

 

       f:id:akicyan6041:20200325171155j:plain

 

和子の母は、和子が生まれる前から腹痛持ちで、年に何回か「お腹が痛い・お腹が

痛い・・・」と部屋中のたうち廻る事が有りました。余り頻繁に痛がるので

「又腹痛か?」と家族も余り同情心が薄れ、お医者さんから痛み止めを貰っては

其れを飲むと嘘のように元気に・・・


和子も結婚して30代の頃に胆石を患い、其れはそれは・・・痛くって世の

未練もなく死にたいと思った事も・・・その事を思うと母の腹痛はたぶん

胆石だったと思います。

 

  f:id:akicyan6041:20200325171402p:plain   f:id:akicyan6041:20200325171114j:plain 

 

姉ちゃん(長女)の旦那さんの従兄妹が女医さんを開業して居られて・・・

母が苦しみの余り・・・「女医さんの所に行って毒薬を貰って来て欲しい」と

姉も何時もの腹痛で、何度か実家に呼び出され、背中を指すって

上げたりするんだけど姉さん(兄嫁)の手前、頻繁に母に呼び出されて

来るのも気が引けるから・・・姉さんに遠慮しながらお見舞いに来て居るのに~

「毒薬を貰って来て欲しい」と言われ・・・姉ちゃんは「近くの仏ケ後橋まで

送って遣るからあの橋の上から落ちなよ~今は雨上がりで泥水が一杯流れて

居るから簡単と死ねるから・・・」って言ったとか?((^▽^笑) )

               

     f:id:akicyan6041:20200325172121j:plain  f:id:akicyan6041:20200325172102p:plain

 

この様な事を姉さんが言ったら嫁・姑の間柄、世間中に「酷い事を言う

嫁だ」と噂されて大変な事に成るけど・・・実の娘だから・・・

笑い話で終わったけど・・・

【「お若いわ」 その一言で お得意さん(シルバー川柳)】

思い出ばなし・和子のおかあさん-1・・・

 

        f:id:akicyan6041:20140913102652j:plain

   昨日、夫のお兄さんのお見舞いに行き、昏睡状態のお兄さんを見て母も

  87歳の時に老衰で亡くなり、母を思い出しました。

  この写真は、「知る人ぞ知る」愛知県の100歳婆ちゃん

  きんさん・ぎんさんですね?一時期は大人気の双子のオバアチャン(笑)

                f:id:akicyan6041:20200324171223j:plain

 

和子の母は87歳で、この世を去りましたが、このギンさんと良く似てました。

又、父の兄嫁・おつる婆さんはきんさんと良く似て居て、この写真は

母とおつる婆さんそっくりです。この母と、おつる婆さんは義理の姉妹(双方の

夫が兄弟)ですが、取っても仲良しでした。又母は他人様の悪口は絶対に

言わないし~ご近所の皆さんからは「おきのさん(母)は仏様みたいに

優しいおばあちゃん」と良く言われて居ました。和子も母が大好きで小さい頃は

母の姿が見え無いと「おかあちゃん・おかあちゃん・・・」と泣きながら良く

追っ掛けて居ました。でも~其れは小学2年生の秋まで・・・

小学2年生の時に、兄貴(長男)が結婚してからは優しいおかあちゃん

和子に取っては薄情な母に・・・

 

  f:id:akicyan6041:20200324170923p:plain f:id:akicyan6041:20200324171327j:plain 

 

と言うのは、兄貴と和子は20歳年が離れ兄貴が結婚した時は母は

55~6歳だったと思いますが、昭和27年頃の55~6歳の母は今と違い、かなりの

お婆さんだったと思う。和子も2人の息子を持つ母と成った今、と言うか

和子が子育てをして居る頃から・・・

 

老後は兄貴夫婦に世話に成るのだから・・・と兄嫁を大事にする気持ちは

良く分かりますが、未だ10歳に満たない幼い和子が居るのに・・・我が身

可愛さに和子を犠牲にして兄嫁を大事にする。和子が成人する迄とは

言わないけど、「せめて義務教育を卒業する迄は末っ子の和子を大事にして

上げろよ~」と言いたい(涙・・・)

     f:id:akicyan6041:20200324171122j:plain


忘れもしない「学校の上履きに藁ぞうりを買うのに10円欲しい」と言っても

10円のお金も満足に貰えない。   世間様が聞いたら「和ちゃんには両親が

居るでしょう?立派なお兄ちゃんが2人も居るでしょう?」って言われる。

そんなに幼い和子が居るのに~其れでも母は兄嫁が大事ですか?

何処が「おきのさん(母)は仏様みたい・・・」なのよ

   【物忘れ 忘れたことに 気が付かず(シルバー川柳)】