近江日野商人「ふるさと館」旧山中正吉邸

 江戸時代、全国各地で活躍した日野商人たち。山中正吉家は、天保初年から今の静岡県富士宮市で酒造業を営んだ日野商人です。  西大路に今も残る旧山中正吉邸は、日野商人の代表的な本宅建築「旧山中正吉家住宅」として、平成27年3月31日に町の有形文化財に指定されました。

 町では、日野商人の文化が息づくこの貴重な文化財を、適切な保存と修復を行いながら後世へと継承していくとともに、日野の歴史や文化に関する史資料の保存及び活用、また、それらを生かした体験や交流、情報発信の場となるよう、近江日野商人ふるさと館「旧山中正吉邸」と名称を新たにし、平成27年4月1日に開館いたしました。

 旧山中正吉邸の敷地面積は約にまるまる2,000㎡に及び、うち、馬見岡綿向神社の参道に面する約1,300㎡には多くの建物が立ち並んでいます。旧山中正吉邸の歴史は、初代正吉が幕末期の万延元(1860)年に仁正寺藩から土地を拝領したことから始まりました。幾度かの増築・改築を経て、現在のかたちになったのは、昭和13(1938)年頃といわれており、住居部であった主屋は、この地方の農家住宅に典型的な四間取り型を踏襲し、台所土間には黒タイル貼りの大釜付の五口くど(カマド)が残されています。  また、接客の場として使用された数寄屋風書院造りの新座敷、洋間、さらには、シャワー完備の浴室など、商家の暮らしぶりを随所に感じることができます。

 

     f:id:akicyan6041:20170817164117j:plain

 

                                   f:id:akicyan6041:20170817164359j:plain

 

★フト何気なくパソコンで開いたHPに『旧山中正吉邸』が眼に止まり半世紀の変わりように驚き『和子の日記』に記載を思い付きました。

 

今からさかのぼる事50数年昔、和子は20代に差し掛かった頃、5人兄姉の

末っ子に生まれ、行儀見習いもさせて無いし・・・「暫く行儀見習いに行きなさい」と両親に言われ、この静岡で酒屋さんを営む本宅に一年お手伝いさんに

行きました。此処は母の姪っ子と、この山中様の親奥様と女学校時代のお友達でした。昔はオバサンと姪っ子と言っても歳の差は2歳しか違わず、和子とは

従姉妹に成りますが、オバサンの様で、此処の山中様の親奥様は母と同じ歳で65歳でした。

聞く所に依ると42歳でご主人を亡くされ未亡人で男の子3人、女の子3人の6人の子供を大きくして静岡のお店を(酒屋)を守って来た方だから其れはそれは気位の高い

親奥様で天皇陛下皇后陛下かと同等気分の立派な方でした。

和子がこのお宅にお世話に成った当時は、6人の子供さんは其々に所帯を持ち、長男の旦那様「5代目・山中正吉」と奥様・子供さんが小学4年生を頭に、女の子が3人・一番下に2歳の男の子さんと7人家族で、その他にお手伝いさんが和子を入れて3人と畑専門のオジサンで(和子と一寸精白児っぽいオジサンは住み込みで2人のオバサンは通勤で家の中と畑専門分野でした。和子がお住まいとして借りた部屋は

土間の上の屋根裏部屋で6畳3部屋有って一番奥の部屋は段ボールのお部屋・真ん中を

挟んで玄関側の和子の部屋には裸電球が1個点き・夜中にはネズミの運動会が始まる夜も・・・此処で1年行儀見習いと称しお世話に成りましたが、学校を卒業して羽を広げて楽しい青春時代を過ごした和子には過酷な地獄の様な1年でした。

 

【誕生日 ローソク吹いて 立ちくらみ(シルバー川柳)】 

 

山口さん・・・

彼女は和子より13歳年上で昼間は会社でパタンナーの(型紙作成)をし

夜は週に何日か洋裁学校を営み、数名の生徒さんが居ると聞いて居ました。

元々洋裁学校を営み、誰かさんの紹介で会社に入社したとか?

彼女は以外と気位の高い方の様でした。

有る時、2階の物置部屋でボロ布に包まれてお昼寝をしながら・・・

「家の長男に誰か良い人居ないかしらね?」って持ち掛けられて・・・和子は

縁談の橋掛けをした経験は有りませんが、フト夫の姪っ子が年恰好も手ごろだし・・・縁は何処に有るか分からない???と思い一言「家のパパの姪っ子の

年頃の娘さんが居るわ~(笑)」と言うと・・・

「ね~そのお嬢さん大学出てる?」って言われ「高卒で銀行に勤めて居るよ~」

と言うと、「やっぱり家の息子は大学出だし・・・大学出た方じゃ無いと~」って??

  

 f:id:akicyan6041:20170816163800j:plain

                  f:id:akicyan6041:20170816163727j:plain

 

和子は学問も無いし・・・男性は大学を出てエリート社員は好ましいけど

女性は高卒位で夫の支えに成る様な女性の方が理想だと思うけど・・・

最も姪っ子の縁談を頼まれた訳でも無いし・・・「高卒の女性はダメだ」と言うのなら其れはそれで良いのでは???と言う事で・・・結局彼女は四国の

女医さんの娘さんと目出度く結婚をされました。

若奥さんのお母様も未亡人でお医者さんをされて居るだけにきつく・・・

嫁・姑の仲もギクシャクして居る様でした。今頃はどうして居るかな?(笑)

 

【湯加減を しょっちゅう聞くな わしゃ無事だ(シルバー川柳)】

お昼休みには・・・

お昼休みにはご近所の方は自宅に食べに帰る方も居るし~

調理師さんが居る訳でも無いけど~食堂専門の賄のオバチャンも居て、

極、普通の家庭料理を作って食べさせてくれます。時々オバチャンが

お休みをすると和子にお声が掛かり・・・食堂のお手伝いに行く事も・・・

すっかり賄のオバチャンとも仲良しに成って、お料理を教えて貰った事も

     f:id:akicyan6041:20170815165556j:plain     

                                                                f:id:akicyan6041:20170815165640j:plain

 

食堂では其々に自分のお席が決まって居て和子の前には繁ちゃん・右隣には

慶ちゃん・慶ちゃんの隣りには山口さん・・・と言った顔ぶれでした。

和子は編み機の工場部門・繁ちゃんと慶ちゃんはガウンの縫製工場・山口さんは

洋服のパタンナー(型紙作成)と言った様に其々部署が違い・8人掛けの

テーブルが3脚有って男性は男性ばかりのテーブルに・・・

8人掛けのテーブルだから気に入ったメンバーばかりじゃ無いです。他人をチクリ

嫌がらせをするオバサンも居れば、煩わしい人間関係からはみ出し

単続行動をする方も・・・

お昼の食事を済ませると和子は2階の物置部屋でボロの布を敷いて良く

山口さんとお話しをしたり・・・お昼寝をした楽しい休憩時間でした。

ちなみに彼女は和子より13歳ほど年上の未亡人のオバチャンでした。(笑)

    【遺影用 笑い過ぎだと 却下され(シルバー川柳)】

年に一度のバーゲンセール

和子の勤めるこの会社はニットを編んで、高島屋の通販のガウンや

トップその他の紳士服のお店に卸す洋服を縫製工場で縫い,卸しを

して居ます。勿論半端の生地や残った糸等、又通販の返品など、

不用品も多いです。その様な不用品を糸は編み直し・新しいセーターに

仕上げて格安で売ったり数枚のシャツを福袋にして売ったり・・・

年の暮れにバーゲンセールを遣ります。

f:id:akicyan6041:20170814162810j:plain            

                                                                  f:id:akicyan6041:20090922173659j:plain

                        

この時は大勢のお客様が見えて端切れも「くつ下カバーに縫う」と言って

買って行くお客様も・・・

和子の義母も東京から遊びに来た序にバーゲンに行って沢山シャツを

買って帰り、義父も夫の兄や弟も・・・喜んで着て呉れました。

有る時、東北出身で・・・「田舎に帰ったら田んぼの中の案山子が福袋の中身の

シャツを着て居たとか?((^▽^笑) )

 

【忘れ物 口で唱えて 取りに行き(シルバー川柳)】 

エピソード

電車通勤も人身事故やポイント故障などが時々有って遅刻をしたりで

大変でしたが、雨さえ降らなければ、朝の通勤は殆ど下り坂で楽ですが

その分、帰りは坂を自転車を引いて上がるのは大変でした。でも~~~

交通渋滞でバスも遅れてイライラするよりも・・・自転車はマイペースで

通勤できる。帰りに駅前のスーパーに寄って夕飯の材料を買って帰る

此れが和子の日常のパターンでした。

 

所が冬に成って朝は、気持ち良く自転車で通勤したのですが、ある日

仕事をして居る昼間に雪が降って・・・退社時間には結構雪が積もって居て・・・

自転車では帰れない?当然バスもスムーズには乗れない?結局自転車を会社に置いて

バスで???  そんな時、同じ会社の仕上げ部署に知的障害者の若い女性が勤務し、バス停に行くと彼女も同じバスに乗る所でした。和子は何時来るとも分からない

バスを待つ時間が勿体なくって・・・知的障碍者の彼女にバス停の前有る

小さなスーパーで「買い物をして来るからバスが来たら教えてね?」とお願いをして

お刺身など簡単な食材を買って出て来てもバスは来ない?

結局、家に着いたのは午後の8.00を過ぎ、子供も夫も先に帰宅して居た。

 

【指一本と スマホとオレを つかう妻(シルバー川柳)】

 

今度は正社員に合格・・・

月一でハローワークに通い、又、週一程度にハローワークへ足を運び就職活動

中々通勤に便利であまり遠く無く、手頃な職は中々見つかりません。

スーパーや食堂等は日曜日出勤が有るし・・・会社と言えば電気関係?

そんな時、眼に付いたニットの会社・此処はニットの生地を編み

高島デパートの通販のガウンを縫製して居る会社が有った。

従業員は50人程でニットの編み工場・廊下を隔ててガウンの縫製

2階はニットの洋服の縫製工場・ホールの隣りに裁断室・食堂・・・と

 

この会社の生地の編み工場に社員として採用されて通勤を・・・

所が此処は横浜の刑務所の官舎の近くで最寄りの駅は無くバス通勤?

暫くはバスで通勤しましたが、自転車で通勤すれば20分で行ける所を

バスだと30分以上掛かる・・・

和子は雨の日以外は自転車で通勤する事に・・・

f:id:akicyan6041:20170811171852j:plain

 

【年金の 扶養に入れたい 犬と猫(シルバー川柳)】

 

 

ニットの会社へ面接に・・・

和子は独身時代は関西で800人からの従業員の居る織物工場に

勤めて居ましたが、横浜に来て織物工場は無く、唯一見つけたニットの会社

其れは横須賀線逗子駅から5~6分の場所に有りました。

家庭の事情から、夫と子供を仕事・学校へと送り出し、身支度をして

勤務時間に間に合うようにしっかり計算をして先ずは先方に電話をしました。

すると先方から「00日の何時に面接の来てください」と言う返事を頂き

早速その日に履歴書を書いて持って逗子へ・・・

 

f:id:akicyan6041:20170811115238j:plain

 

其れほど大きな会社ではなくこじんまりとした会社でコンピューター搭載の

横の編み機が見えた記憶が?

社長の質問にはテキパキと答えて・・・社長から一枚のハガキを見せられました。

採用に当たって・・・社長言わく・・・

「今晩、良くご主人や子供さんと相談をして家族で納得・了解を頂いたら

このはがきの「採用」と言う文字に丸を付けて投函して下さい。

其れが届いたら、貴女の履歴書など社員とよく相談をして検討して

「仮採用」として3ヶ月採用します。この3ヶ月の間で、貴女が続くと思えば良し

又こちらも貴女の仕事ぶりを見て良しと思えば本採用に成ります。」

と言われ、ハガキを貰って帰り、夫と子供に許可を貰ってハガキの「採用」に

丸を付けて投函しましたが、残念ながら不採用らしく。返事は無かったです。

此処まで慎重にする会社は珍しく・・・不採用の理由を聞かせて貰え無かった事が

悔しかったです。もう一度逗子まで不採用の理由を伺いに行きたかったです。

 

【おじいちゃん 冥土の土産は どこで買う?(シルバー川柳)】