一人の女性の波乱万丈の人生・・・2

         

        死別のしかたで遺された者の気持ちが違う

50代で遭遇した6人との死別。大切な人を交通事故や、乳がんや胆管がんと

いった病で亡くし、大きな悲しみから立ち直っていく経験談。死別のあと、

自身の身に起きる体調不良や、毎日繰り返される後悔の気持ちを綴ります。

加害者に対しての恨みと自分の弱さ

今日生きていることが普通のことだと日々生活しています。

でもそれは本当に幸せなことなのですね。

いつもと変わりのない生活をしていた妹が、事故によって突然その命を

奪われました。日に日に加害者に対して許せない気持ちが

膨らんでいきました。人をあれほど憎んだことはありません。

そして私は妹の最後の姿に動転し、怖くて彼女に触れてあげることが

できませんでした。身体のどこかを撫でてあげればよかったのに

できなかったのです。

「ちゃんとお別れできなくてごめんね」といつまでも思っていました。

私はどうなっているのだろう?

幼稚園時代からの友人 Y子さんの葬儀後、間もなく妹が亡くなり、

その直後から、私は激しい頭痛と下痢が続きました。体重はどんどん落ちて

いきました。何を食べても味が分かりません。じっとしていることができず

1日中動いていました。死別後何をする気も起きなくなることがあると

聞くけれど、私はじっとしていることができませんでした。疲れも感じませんでした。

悲しいとか寂しいとか、嬉しい楽しい。そういう感情もなくなった感じです。

ただこんな時、人は泣くのだろうと思っていました。自分がどこかに

行ってしまったようでした。

“病人”にはならない人たちから力をもらう

まだ妹のことが頭から離れない時期に、犬を通じて仲良くなったF子さんや

父の病気がわかりました。

F子さんは人工肛門と腎瘻をつけていましたが、調子のいい時はよく

お喋りをしました。大切にしていた観葉植物を養子にと私が譲り受けました。

あの明るさはどこから湧いてきたのでしょう。

緊急入院した時から父はとても落ち着いて見えました。身体の不調が

ありながら、たぶん後どのくらいと感じながらも、まわりへの気遣いは

変わりません。父が笑うとみんなが楽しくなる。ユーモアのある会話で家族は

もちろん、訪問医や看護師さんたちを笑わせていました。

私はF子さんと父のためにできる限りのことをしたいと思ったけれど、

逆に私が力づけられていました。笑顔って本当に人をあたたかくするのですね。

私がそばにいたら助かったかもしれない

これから夫婦生活を楽しみたいと思っていた夫との突然の死別は、

私の人生を大きく変えました。夫は自宅で私が外出中に亡くなったので、

その日夫のそばにいなかったことを後悔しました。もし一緒にいれば

異変に気づき助かったかもしれない。

その思いが毎日毎日繰り返し起こります。

こんなに早く喪主にはなりたくなかった。これから1人で

生活できるのだろうか。今まで夫に頼っていたことを感じました。

   

楽観はしない 悲観もしない ただ受け入れるだけ

配偶者亡き後の手続きは突然だったので、とても忙しかったです。

落ち着きかけた頃、闘病中のT子さん(PTA以来の友人)から

尾瀬旅行に誘われました。すでに抗がん剤治療のため髪の毛は

ほとんどなかったけれど、自然の中をたくさん歩きました。

霧の中で彼女は「私はすべて受け入れる」「あなたも受け入れなさいね」と

言いました。握った手はとても細く骨ばっていました。

でも力が込められていました。

この頃楽しいことも嬉しいことも感じ始めていましたし、

したいことも出てきました。

     

T子さんがお気に入りだったティーカップで、

今日も美味しい紅茶をいただきました。

 私自身の足跡を残していきたいと思うようになるまで
💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【人恋し 恋とは違う 人恋し(シルバー川柳)】