一人の女性の波乱万丈の人生・・・1

         

      私を変えた6人との死別

50代で遭遇した6人との死別。大切な人を交通事故や、がんといった病で

亡くし、それからの生活や死別の悲しみから立ち直った体験を綴ります。

闘病中も一緒に過ごした友人、事故で失った妹、突然の病で死別した夫。

大切な人との別れの様子について触れます。

悲しみの中から気づいたこと

年齢とともに大切な人を失う経験が増えてくるのではないでしょうか。
私も多くの人達との別れがありました。とっても悲しい時って

泣くことさえもできなくなる。自分の抜け殻だけが動いていると

いう感じでしょうか。

でもそこから少しずつ閉じてしまった蓋を開けていきました。

「笑顔が好き」と言ってくれた亡き人たちに応えるため、若い人

幼い子どもたちに私自身の足跡を残していきたいと思うようになりました。

50代は喪服の時。大切な6人との別れ

   

私が50代初めの頃でした。Y子さんは長女が幼稚園時代からの友人でした。

乳がんになってからも絵が大好きで、時々個展を開いていました。

ウィッグもよく似合っていました。再発後はご家族とも連絡を

取り合っていましたが、ホスピスの順番を待っている間に

亡くなりました。54歳。

Y子さんが旅立って1カ月後私の妹が交通事故で亡くなりました。

小学生の息子たちがいました。私の娘たちも小さい頃から姉のように

慕っていました。当日電話で話したばかりでした。突然のことでしたし、

その遺体は無残で修復ができかねました。38歳。

F子さんは犬友達でした。同じシェルティを飼っており、いつも一緒に

散歩をしていました。身体の不調をよく聞くようになってから

いくつもの科を受診しました。救急車で運ばれた時は子宮がんが腹膜まで

転移していました。数回の手術や治験治療後、

訪問医療を受けました。65歳。

父は胆管がんでした。ある日病院から電話があり緊急入院でした。

11時間の手術を終え、翌日歩行した時は医療者たちがみな驚きました。

退院後半年ほど外出を楽しんだ時期もあります。最後は家族全員と会い

自宅で看取りました。私が幼い頃から目標にしていた父は、人生を

生き抜いたと思っています。85歳。

元気に優しく見送ってくれた夫だったのに

     

それまで常に私のそばにいてくれた夫が亡くなったのは、

父の葬儀から2カ月後でした。私が外出から戻ると部屋は真っ暗、

自宅ベッドで冷たくなっていました。春には2人目の孫が産まれると

楽しみにしていたのに。人間ドックでは異常なしだと誇らしげだったのに。

急性心不全でした。59歳。

T子さんはPTA以来のお付き合いで、彼女のバイタリティーをいつも

尊敬していました。胃がおかしいと半年検査を続け、スキルス胃がん

わかりました。彼女は私の父とも数回会ったことがあり闘病が

重なっていたので、お互いを「がん友」と言い合いながら

メール交換をしていました。訪問医やホスピスを決める時も一緒でした。65歳。
それぞれの別れ方で受け止め方は違います。病気がわかってからも

一緒に過ごせた人には残念で悔しいけれど「ありがとう」と言いたいです。

でも妹や夫のように予期せぬ別れは、寂しさとともに

他の気持ちが強くなりました。

 私自身の足跡を残していきたいと思うようになるまで

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【残るのも 先の逝くのも いやと言う(シルバー川柳)】