脳を元気に!もの忘れ&認知症を予防~

       

  少し意識するだけでOK!脳が若返る10の生活習慣

人と話す、食べる、眠る……。そんな、普段の生活も・・・

「少しだけ意識を変える」ことで、脳が若返り、もの忘れや認知症の予防に!

「できること」からでOK!「3日坊主」でもOK!

まずは始めてみることが大切だとか???

脳を若々しく保つには生活習慣がカギ!

   

「脳を若々しく保つには、脳によいことを日々続けるのが大事。

その意味で、日常の生活習慣にこそ鍵があります」と話すのは、

脳の発達や加齢について研究する医師

一番取り組みやすい一つの習慣からでも構いません。

まず始めてみることが脳活性の第一歩。三日坊主になっても、

新しいことに取り組んだこと自体が脳にいい刺激を与えます。

『する』と『しない』の差は無限大です。ただストレスは脳の神経細胞

成長を妨げるので、嫌々するのは逆効果。“楽しい”と思えることだけを続けましょう

🔷  生活習慣1

歩くルートに極力「坂道」と〇〇を入れる

   

少し心拍数が上がり、呼吸が早くなる程度の有酸素運動は、神経細胞

育てる物質の分泌を促し、脳が若返ります。歩くときは極力坂道や階段を

選んで。特に階段はももの筋肉が鍛えられ、寝たきり予防にも。

「駅のエスカレーターの1つを階段に」から始めましょう。

🔷 生活習慣2

週に1度は挑戦するといい料理とは? 

   

料理は、火加減を見ながらレシピを意識しつつ食材を切るなど、

多くの作業を同時並行で行う“究極の脳トレ”。

和食ばかり作る人はエスニックに挑戦してみるなど、週に1度は

「あまり作らないジャンルの料理」に取り組むと、脳に新しい回路が

生まれ記憶力も向上します。

🔷 生活習慣3

普段行かない道を歩き、意識したほうがいいことは?

   

いつもの駅へ向かう道でも、ときどきは普段は通らない道を選び、

周囲に「何があるか」に意識を向けましょう。

新しいカフェを見つけたり、近道に気付いたりと、新たな気付きの

ワクワク感はドーパミンの分泌を促し、特に思考や記憶を司る前頭前野

海馬が活性化します。

🔷 生活習慣4

集中して行う作業の前に作るこんな時間

   

集中力が続かないのは、気力・体力の低下のせいではなく、脳の疲れが原因。

疲れを取るには、「ぼんやりすること」が一番です。

「ぼんやり時間」は前頭前野の働きを再生させます。「無」の境地を

目指さなくてもいいですから、5分程度ボーッとしてみてください。

🔷 生活習慣5

趣味の時間があるといい理由

   

「楽しい」という感情は、脳の扁桃体や海馬を活性化させ、記憶力を

向上させることがわかっています。そのため、純粋に楽しめる趣味に

没頭するのは非常にいいこと。

趣味がある方はそれを続けて、ない方は昔していた趣味を再開させると、

始めやすく続けやすいです。

🔷 生活習慣6

1日に、誰と話すかが肝心

   

会話は、言語機能を司る前頭葉の働きを活発にします。家族との

「いつもの会話」だけでなく、家族以外の人との「想定外な会話」が

できれば、脳への刺激もさらにアップ。

一日に、家族以外の3人と話してみましょう。スーパーのレジで

「いいお天気ですね!」などと言葉を交わすだけでもOKです。

🔷 生活習慣7

相手の顔を見ながら〇〇話で盛り上がる

   

「年を取ると昔話が増える」と悪く言われますが、実は正反対!

昔の記憶を呼び起こし、相手に伝えることで、前頭葉などの血流が普段の

何十倍にも増え、脳の働きが活発化したという研究結果も。

同年代相手なら会話にさらに花が咲き、お互いの脳トレにもなります。

🔷 生活習慣8

昼寝は、2つの条件を守ることが鉄則

     

睡眠は脳を休め記憶を定着させる他、不安を鎮める役割もあります。

夜の睡眠の質を上げるには、昼寝は「30分まで」に。

また、「明るい場所」で、ソファや机に寄りかかって寝ると熟睡を防げます。

短時間の昼寝は、集中力や作業効率をアップさせる意味でもおすすめです。

🔷 生活習慣9

1日の終わりに、たった数行でいい〇〇

   

「たった数行の日記を書くだけ」で、脳は大いに働きます。

その日に起きたことを思い出すには海馬が、書くことをまとめるには

前頭葉が、書き出すには運動野が、それぞれ活発になります。

また、自分と向き合うことで心が落ち着き、自律神経のバランスも整います。

🔷 生活習慣10

甘いものは〇〇の時間にとる

   

血糖値の急激な上昇は、肥満や糖尿病に結び付き、認知症のリスクを高めます。

なるべく甘いものは控え、特に空腹時に食べるのは避けましょう。

どうしても甘いものを食べたいなら、おやつよりも、すでに胃に食べ物が

入っている「デザートの時間」にとる方がよいでしょう。

できそうなことから少しずつでいいので、ぜひ生活習慣に

取り入れてみてください。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【あなたには 言えない遊び 軽い嘘(シルバー川柳)】