プロに聞く!花を最後まで楽しむテクニック・・・

       

   ヒヤシンスを花瓶で!新春らしい華やかな芳香を堪能

香り高くみずみずしい花「ヒヤシンス」で春を先取りしませんか?

「花を知り、楽しむ」がコンセプトの第一園芸のWEBサイト・花毎(はなごと)の

連載で、「花あしらい」の先生に、ヒヤシンスの飾り方・楽しみ方を伺います。

芳香が魅力「ヒヤシンス」

ヒヤシンスと聞いてまず思い浮かぶのは香りです。

花の甘い香りと新緑のようなみずみずしいヒヤシンスの香りは、冷たい

空気と温かい陽射しが合わさった、よく晴れた冬の朝のようなイメージが

浮かびます。この香りは古代ギリシャの頃からリラックス効果があると

されてきましたが、非常に強い香りなので、食卓に置く場合や体調が

すぐれないとき、妊婦の方などは少し強すぎると感じる場合があるかもしれません。

場所やシーンを考えて楽しんでみましょう。

私は玄関に置いていますが、自宅に帰ってきたときに漂う芳香の多幸感が

たまりません!

🌸 ヒヤシンスの飾り方1

器の高さを生かして新春らしくヒヤシンスだけで

   

ヒヤシンスには紫やピンクなどもありますが、新春にふさわしい凛とした

雰囲気を表現すべく、今回は白いヒヤシンスを選んでみました。

花や茎の向きを揃えて、ちょっぴり緊張感のあるイメージで生けています。

生ける際にはちょっとしたコツがあります。ヒヤシンスは日々茎が伸びて、

花もだんだんと咲いていくうちに重くなります。茎が花の重さに

耐えられなくなると折れてしまうこともありますので、生ける器の高さが

(深さ)に注意しましょう。

この花器のように、ある程度高さがある方が花の重さもサポートして

くれるので安心です。水の量は少なめで大丈夫ですが、吸い上げが早いので

少なくなってきたら足してあげてくださいね。

🌸 ヒヤシンスの飾り方2

白い花とグリーンをプラス

   

シンプルに凛としたヒヤシンスの姿を楽しんだ後は、みずみずしい緑を

プラスして寒い冬に芽吹く七草のような生命力を表現してみました。

白いヒヤシンスならではの清潔感のある組み合わせです。

今回、白いヒヤシンスに合わせたのは、以下の4種類。

🔸 光や気温に反応して花を咲かせたり閉じたりする春の花の

         人気者「アネモネ

🔸 ピンクッションのような形がかわいらしい「スカビオサ

🔸 キュートな緑のベルのような「シレネ・グリーンベル」

🔸 マメ科のグリーン「コロニラ」

一見、複雑に見えますが、花の特徴を掴めば簡単に生けることができます。

   

生ける順番をご紹介します。

🔸 01)ヒヤシンスを一番先に生けて全体を支えるベースに

🔸 02)(1)の反対側の下の方にアネモネを生ける

🔸 03)コロニラで横幅を決める

🔸 04)(1)~(3)の間にスカビオサをバランスよく配置

🔸 05) 一番軽やかな花材、シレネ・グリーンベルをふんわりと生ける

(1)~(5)の順番で生けると形が作りやすく、美しく

仕上げることができます。

今回は白いヒヤシンスを使用しましたが、他の色の場合も同系色で揃えて

グリーン類をプラスすると、簡単に全体の雰囲気がまとまりやすくなりますよ。

🌸 ヒヤシンスの飾り方3

 空き瓶を使った1輪挿し

   

ジュースやお酒の瓶など、捨てるには惜しい、かわいい瓶に

出合うことがあります。そうした空き瓶は一輪挿しにもぴったり。

ヒヤシンスは一輪で生けても素敵な花なので、

お気に入りの空き瓶にシンプルに生けてみるのもおすすめです。

細口の瓶の場合は、葉が何枚も付いたヒヤシンスですと

入らないことがありますので、何枚か葉を取り除くと生けやすくなります。

ヒヤシンスのお手入れのポイント

   

ヒヤシンスは他の花と少しお手入れ方法が異なります。

ほとんどの花は花屋さんから購入したらすぐに茎を切って、

水に生けるのが正解なのですが、球根の一部が付いた状態で販売さている

ヒヤシンスは茎をカットしないで生けます。少し膨らんだ

黄色っぽい場所が球根部分です。球根には栄養分がまだ残っているので、

そのまま生けた方が蕾(つぼみ)をしっかり咲かせることができます。

ただし産地によっては球根が付いていない場合もあります。

その場合はいつも通り茎を少しカットして生けましょう。

   

また球根の少し上にある葉と茎が薄皮でまとまっているところ

(花の専門用語で「袴」と呼ばれる部分)を切ってしまうと、

写真のように葉と茎がバラバラになってしまい、扱いにくくなりますので、

残しておきましょう。球根部分は土が付いていることがありますので、

よく洗って土やぬめりを取り除くことが大切。こうすることで

花の日持ちが良くなります。花は下から上へと咲いていくので、

下の花から枯れてしぼんだり、変色していきます。花が小さいので

少し面倒なのですが、一輪ずつハサミでカットしてきれいな花だけを

残すようにすると、最後まで美しく楽しむことができます。

蕾が咲ききったら栄養はそれほど必要がないので、今度は茎を短くカットして

花の重さを支えていた茎の負担を少なくしてあげましょう。

ちょっとしたコツでとても長く楽しむことができるヒヤシンス。

素晴らしい香りを楽しみながら、新春にふさわしい、

みずみずしい美しさを楽しみましょう!

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【ピンポーンに やっと出たのに 不在票(シルバー川柳)】