「いただきます」の意味は?海外では言わない?

       

     「いただきます」の意味

 コロナ禍のため、外で食事する際はひたすら黙って食べるようになったと

いう話を友人から聞きました。 ところで子どもの頃から教えられてきた、

食前の「いただきます!」という言葉は、日本独自のもの? 

そもそも海外では「いただきます」は言うのかしら……。

   

何気なく言っている「いただきます」という言葉には、

主に2つの意味があります。

 

🍙 01)食事に携わってくれた人への感謝の意味

料理を作ってくれた人や、配膳してくれた人、食材を作ってくれた人など、

食事に携わったすべての人への感謝が込められています。
 

🍙 02)食材への感謝

肉や魚、野菜、果物などの食材には、命があるという考えから

「命を私の命にさせていただきます」という感謝を表しています。

これが一般的な意味だとされています。

 

ちなみに、「ごちそうさま(御馳走さま)」の「馳走」には、

食事を出してもてなすために奔走する様子という意味があります。

そして「御」をつけることで、贅沢な料理を意味するようになったのだそうです。

 

ちなみに、「いただきます」の語源は、神様が宿ると信じられていた山の

てっぺんを「いただき」と呼んでいたことに由来します。そこから、

「いただく」は頭上に捧げ持つ言葉として浸透しました。

 

さらに、目上の人から物をもらったときや、お供え物を食べるときに、

捧げ持っていたため、「食べる」「もらう」の謙譲語として「いただく」が

使われるようになりました。その後、食事前に「いただきます」と言うのが

習慣化しました。

 「いただきます」の文化は海外にはない?

   

ところで、食事の前に「いただきます」と言う文化は日本だけの

ものなのでしょうか? 実は、食前の「いただきます」と同じニュアンスの

言葉は海外にはありません。日本独自の文化だったんですね。

 

とはいえ、海外では、意味は異なりますが、食事の前に声をかけることが

あります。一部を紹介します。

 

フランス:ボナペティ(召し上がれ)

 

韓国:チャルモクケッスムニダ(よく食べます)

 

英語圏:レッツイート(食べましょう)

 

イタリア:ブォンアッペティート(よいお食事を)

 

つまり、日本の「いただきます」のように、命や食材、作ってくれる人などに

感謝していただくという意味の言葉は使われていないのですね。

 

当たり前のように食事のたびに使っている言葉が、実は深い意味があり、

他国にはない日本ならではの美しい文化の一つだったなんて、

ちょっと誇らしいですね。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【チンをして 出すのを忘れて 冷蔵庫(シルバー川柳)】