季節の移り変わりを楽しむ・・・

       

     😊 読書の傍ら、孫娘にマシュマロを焼いて

     庭でくつろぎの時間!!

                     待ちに待った焚き火の季節の到来!

とうとう寒い冬がやって来ましたね〜。でも、わが家には、寒くても

家族みんながニコニコになる、庭の楽しみがあります。

夫の好きな時間

夫も私も、休日は家で過ごすことが好きです。家にいながらいかに

楽しむかを、長い間あれこれと考えてきました。

その中でも、心地よい庭作りは重要課題でした。子どもたちが小さい頃は、

芝生をしいて遊ぶスペースを広くしたり、大型犬を飼っていた頃は、

犬のフリースペースを増やしたり。

そして、子どもたちが成人した頃からは、徐々に夫婦ふたりの心地よい庭を

目指すようになりました。私は、ハーブ中心のガーデニングを楽しめる

庭にしたいと思いました。また、夫は、焚き火スペースがある庭に憧れが

ありました。若い頃は、よく友人たちと河原で焚き火をして楽しんでいたそうです。

   

     😊 夫は、焚き火の火が消えないように・・・

薪に手を加えながら、ゆらめく炎を眺めながら、一日中焚き火スペースの前で

読書をして過ごす、そんな休日が最高だと考えていました。

焚き火スペース作り

はじめの頃は、四駆の車で河原から拾ってきた石を丸く並べただけの、

焚き火スペースでした。そこからだんだんと改良を重ね、鋼板で風よけを

設けました。自分の理想の焚き火スペースに近づくにつれて、

庭でのんびり焚き火と過ごす時間が増えてきました。

   

     😊 夫は張り切って、レンガを積んでピザ窯を

孫が生まれてから、夫は張り切って、レンガを積んでピザ窯を併設しました。

なかなか内部の温度を上げるのが難しく、まだ課題点の多いピザ窯ですが、

おしゃれな感じになりました。

   

賑やかな焚き火とおとなの焚き火

さて、わが家では、季節感を大事にしようということで、毎年11月の

新酒ワイン解禁の頃に合わせて、「焚き火はじめ」をしています。

   

     😊 娘家族も集まって賑やかなものになりました。

今年(2022年)の焚き火はじめは、娘家族も集まって賑やかでした

スキレットでじゃがいもやベーコンを焼いて新酒ワインで乾杯したり、

孫娘にマシュマロを焼いたり、穏やかな晩秋の時間でした。

   

     😊 私の住む自治体では、決められた範囲で許可されています。

ちなみに、この焚き火は、私の住む自治体では、決められた範囲で

許可されています。また、燃料となる薪は、購入したり桃農家の知人から

間伐材を頂いたりしていましたが、今年はわが家の庭にある

オリーブの木の枝も使いました。

   

     😊 そして、先週は、夫とふたりでおとなの焚き火を。

夫の用意したローストアーモンドをつまみに、ウィスキーを

ちびちびと、ゆらめく炎をいつまでも眺めていました。

🔷🔸🔷🔸🔷🔸🔷🔸🔷🔸🔷🔸🔷🔸🔷🔸🔷🔸🔷🔸🔷🔸

   

チト、羨ましい光景ですね?都会では、お庭で古い伝票を燃しても

パトカーが飛んで来るのに・・・(笑)和子が子供の頃は食糧難で

ニワトリを折衝して自宅の裏の河に行って兄ちゃんが木の枝に

ニワトリを吊るして羽を焼くのを目的にニワトリの丸焼き?

今じゃ考えられませんね?(笑)

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【この歳で 止めてどうする 酒たばこ(シルバー川柳)】