ちょっと仕事辞めてみました……ー1

     

         🚑 動く人々、でも医療機関対応は…

 コロナ禍での現在地、異様にも見える温度差と違和感

コロナ禍もかれこれ3年、もうすぐ4年目に突入しようとしていますが、

終息は見通せない状況です。良くも悪くも、気持ちも行動も慣れてくるのが人間です。

「旅行支援」「クーポン」コロナ前を彷彿させる賑わい

2022年の冬到来前の秋の行楽シーズン、TV等でも観光やグルメにと

かなり多くの人でごった返している状況が映し出されていました。

また、コンサートやライブ、スポーツ観戦等も規制が緩和され、

コロナ前の盛り上がりを彷彿とさせる賑わいとなっていました。

それそれが感染対策を実施して楽しむというのが、

もう当たり前のこととなっています。

   

医療機関は慎重で、対応にも時間を要することは変わりない

11月中旬、風邪の症状があり、なかなか良くならないので、

かかりつけの医院を受診しました。

まず、風邪症状があるときは電話です。事前に何点かメモしていく項目と

来院時間を指示されました。来院しても車待機で、車から再度電話をします。

以前と同じでした。そして大混雑!

「抗原検査は希望されますか?」と聞かれたので、「発熱してないし

人込みには出かけてないし、周りでもコロナ陽性者はいないので、希望しません」

と答えたのですが……。再度「医師が念のため検査すると言っています。

また流行ってきていて、学級閉鎖しているところもあるようですから」

って、検査されました。それでも白黒つけておく方が、よいということなんですね。

     

       🚑 まだ、そんな防護服を? 何も変わってない……

世間は解放的となっていますが…

一般的に世間は、解放ムード。TVのインタビューでは「8波がピークに

なる前にお出かけしよう」「クーポンを使えるときに」などと言われていました。

学校で「学級閉鎖」となるのは、家族で出かけて人込みで感染して、

それを学校に持ち込んだらそうなりますね。当たり前の流れです。

また、義母の通っているデイサービスでも対応は以前となんら

変わらずですし、孫が通っている保育園でも熱を出して休むと、

必ずコロナの検査をしてくるように指示があります。

これは、管理側の責任として、コロナの持ち込みを懸念されているからですよね。

現場は本当に大変だと思います。解放された人々と、現場の対応に困惑する方々……。

なんだか、冬がやってくるのに地に足がつかないという感覚です。

     

       🚑 高齢者や子どもたちをどう守るか

この冬をどう過ごそう…は個人の問題?

12月に入りましたが、ます気温が下がり、肌身に感じる寒さも

厳しくなってきました。人の動きも多くなる今後ですが、

今のコロナの時期をどう過ごすかは個人レベルの問題でしょうか……。

指針がひとつ出されても、それに対する考え方は人それぞれで微妙に

ズレていくから、難しいですね。とりあえず私は、楽しみを見つけながら、

それなりの環境の中で賑やかな冬を過ごすと思います。

みなさんご自愛くださいませ。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【長生きを ほめる世間に 子は疲れ(シルバー川柳)】