スクワットで痩せる???

         

   正しいスクワットダイエット法

ああ、痩せたいわ~!と常日頃思いながらテレビを見ていたら、

「痩せるならスクワットがいい」と知りました。

スクワットは体力の維持にもいいみたいだし、いつかやってみたいなと

思っていたのです! この機会に始められるように、・・・

 

スクワットで痩せるといわれる理由

スクワットは1回ごとの消費カロリーが高く、続けることで体全体の

代謝が上がることから、ダイエットにいいといわれています。以前は

「スクワットは足を太くする」といったイメージもあったようですが、

最近では女性のモデルさんもトレーニングに取り入れている人が多いそうです。

 

スクワットのメリットって、具体的にはどんなものがあるのでしょうか?

 スクワットで得られるメリット

🔹  01)運動強度が高く、効率的にエネルギー消費ができる

国立健康・栄養研究所」が発表しているMETs(メッツ)を

使用したエネルギー消費量の指標によると、自重で行う

スクワットは5.0METsの運動量で、かなりの速歩き、野球、

ソフトボール、サーフィン、バレエなどと同等の運動量と

されています。ストレッチが2.3METs、

歩行(平地をほどほどの速さで)は3.5METs、ラジオ体操が

4.0METsであることと比較すると、スクワットの運動強度は高めで、

効率よくエネルギーを消費できることがわかります。
 

🔹 02基礎代謝が上がる

特に運動などをせずに、日常生活を送るだけでカロリーを消費する

ことを「基礎代謝」といいます。基礎代謝は筋肉量を増やすことで

上げることができます。下半身は全身の約70%の筋肉量を占めており、

お尻や太ももなどの大きな筋肉を鍛えることで、全身の筋肉量を

上げることにつながります。つまり、スクワットを継続して行うことで

筋肉量が増し、基礎代謝も上がり自然に痩せやすい体になることができます。

🔹 03)脚痩せ効果が得られる

スクワットは筋肉が付きすぎて足が太くなるというイメージを持つ人も

いますが、それはボディビルダーのように鍛えた場合のこと。

通常のスクワットであれば、そのような心配はなく、むしろ脚痩せが

期待できます。
 

🔹 04)ヒップアップ

スクワットには、大臀筋(だいでんきん)や中殿筋(ちゅうでんきん)などの

お尻の筋肉を引き締める効果があります。継続して行うことで、

ヒップアップ効果も期待できるとのこと。
 

🔹 05)全身が鍛えられる

下半身の筋力強化ができる運動ですが、同時に背筋や腹筋なども鍛える

ことができる全身トレーニング。ダイエットだけではなく、バランスの

取れた体づくりにもおすすめです。

 

痩せる!スクワットのやり方

🔹 01)胸の前で腕を軽く組み、肩幅の倍くらいに足を広げて、

               踵(かかと)に重心を置いて立つ。

🔹 02)足のつま先を少し外側に向け、背筋はピンと伸ばす。

🔹 03)息を吐きながらお尻を突き出すようにして、ももの裏と床が平行に

              なるまでひざを曲げながら、ゆっくり腰を落とす。このとき、

             膝がつま先より前に出ないように注意する。上半身は肩甲骨を

            寄せることを意識して。
🔹 04)床と太ももが平行になるくらいまで腰を下げたら、その姿勢を

           キープする。
🔹 05)息を吸いながら、ゆっくりと1のポジションに戻る。

 🔹   06)1~5の動作を30回行う。
 

スクワット運動で効果を上げるためには、フォームが大切です。

鏡でフォームを確認しながら行うとよいでしょう。前傾姿勢になって

しまうと、お尻や太ももに正しく負荷がかかりません。腰を下すときは、

胸を張り太ももと床は平行になるように。また、猫背になっていると、

体幹への効果が得られないので、腰を下すときは肩甲骨を寄せることを

常に意識しましょう。
 

スクワットなら道具も要らないし、自宅で隙間時間にできていいわね!

 今日から早速始めようと思います! お腹の辺りがスッキリすると

いいなあ。途中でやめないようにがんばろうっと!

 💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【人生に 迷いはないが 道迷う(シルバー川柳)】