寒暖差で疲れた体に効率よく栄養補給・・・

       

       手軽に疲労回復!

   おすすめ「はちみつドリンク」レシピ

1日の寒暖差が大きい時期は、体温を調整するために自律神経が過剰に働き、

疲労がたまりやすくなります。そんなときに取り入れたいのが、

疲労回復パワーのある果物とはちみつ。今回は、栄養補給におすすめの

はちみつ×果物ドリンクレシピを紹介します。

疲れやすい秋の栄養補給に「はちみつ×クエン酸

   

気温の変化が大きい季節の変わり目。1日の最高気温と最低気温に

7℃以上の差があると、寒暖差疲労が起こりやすいといわれます。

寒暖差疲労とは、気温差が原因で起こる疲れのこと。私たちの体は、

暑いときは体温を下げようと、寒いときは体温を上げようと自律神経が

働くことで、一定の体温を保っています。ですから、1日の中での寒暖差が

大きいと、体温調整のために自律神経が過剰に働くことになり、

疲れがたまりやすくなるのです。そんな、疲れやだるさの改善に

つながるのが、脳のエネルギー源となるブドウ糖の摂取。はちみつは

約8割が糖分で構成されていて、その主成分はブドウ糖と果糖です。

これらの糖類は体内でエネルギーとして吸収されるスピードが速いので、

即効性のある疲労回復効果が期待できます。

また、はちみつには、ビタミンやミネラル、アミノ酸など、体が喜ぶ成分が

バランスよく含まれているため、昔からスポーツ後の疲労回復にも

愛用されてきました。そんなはちみつの疲労回復パワーをさらに高めるのが、

乳酸などの疲労物質を分解する働きがあるクエン酸。レモンやゆずなどの

柑橘類の他、キウイなどのフルーツにも多く含まれています。

そこで「はちみつドリンクレシピ」を3つご紹介します。

疲労回復ドリンクレシピ1:はちみつレモンジュー

     

果物の中でもトップクラスのクエン酸含有量を誇るレモン。

クエン酸の酸味には食欲を増進させる働きもあるので、

疲れて食欲がないといった日にもおすすめです。

<材料(2人分)>
アカシアはちみつ……大さじ2

レモン……2個

水……400mL

パプリカパウダー(チリパウダー)……少々

<作り方・レシピ>

🍅 01)レモンはカットして果汁を絞る

🍅 02(レモン果汁とはちみつ、水、パプリカパウダー

              (チリパウダー)を混ぜ合わせる

疲労回復ドリンクレシピ2:ホットゆずはちみつドリンク

   

ゆずは、果汁にカリウム、皮にビタミンCやコラーゲンが多く含まれ、

「捨てるところがない柑橘類」とも呼ばれます。ゆず特有の爽やかな香りを

楽しむためにも、皮は捨てずに丸ごと取るのがおすすめ! 甘酸っぱい

味わいが、疲れた体をほっと癒してくれます。

<材料(2人分)>
アカシアはちみつ……大さじ1

ゆず……1個

湯……400mL

<作り方・レシピ>

🍅 01)ゆずはよく洗い、半分に切って種を取り除く

🍅 02)ゆず1/4個分は皮ごと、残りは果汁だけを絞ってミキサーに入れる

🍅 03)はちみつと湯もミキサーに加え、混ぜ合わせる。なめらかに

                 仕上げたいときは、さらに網でこす

疲労回復ドリンクレシピ3:小松菜とフルーツのジュース

     

疲労回復効果を高めるβカロテンやビタミンCを豊富に含む小松菜と、

実はクエン酸が豊富なキウイの組み合わせ。はちみつとバナナの甘味、

ヨーグルトの程よい酸味で、おいしくしっかり栄養補給できるレシピです。

<材料(2人分)>

アカシアはちみつ……大さじ2

グリーンキウイ……1個

バナナ……2本

小松菜……100g

プレーンヨーグルト……300g

<作り方・レシピ>

🍅 01)グリーンキウイは皮をむいてすりおろす

🍅 02)バナナは皮をむいて適当な大きさに切る。小松菜はよく洗って

                適当な大きさにカットする

🍅 03)バナナと小松菜、プレーンヨーグルト、はちみつをミキサーに

               入れて混ぜ合わせる
🍅 04)最後にすりおろしたキウイを混ぜる

今回は、疲れた体の栄養補給にぴったりのはちみつドリンクレシピを

ご紹介しました。ちなみにクエン酸は、一度に大量に取っても吸収しきれず、

余った分は体外に排出されてしまいます。1日何回かに分けて摂取した方が

効率的に吸収されるので、こまめに取るのがおすすめです。

季節の変わり目を元気に乗り切るために、ぜひ、はちみつを使った

ドリンクを取り入れてみてくださいね。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【お互いに ボケかトボケか 気が付かず(シルバー川柳)】