秋が旬の食べ物といえば?10選・・・

       

      秋が旬の食べ物10選は?

食欲の秋、おいしい食べ物がたくさんあって、ついつい食べ過ぎて

しまいますよね。せっかくなら代表的な秋の味覚は制覇しておきたい!

 10種類選んで名産地やおいしい食べ方を調べてみました。

 

食欲の秋に食べたい! 秋の味覚10選&名産地

1:さんま

太平洋沿岸の宮城県福島県岩手県で漁獲量が多い「さんま」は、

オーソドックスな塩焼きに大根おろしとお醤油をチョロっとかけて

いただきたい、秋を代表する食材です。

 

2:松茸

秋の味覚の王様といえば「松茸」です。

 石川県や長野県、岐阜県京都府岡山県広島県などが有名。

シンプルに焼き松茸にしたり、新米と一緒に炊いて松茸ご飯にしたり

するのがおすすめです。

 

3:栗

モンブランや栗ようかんなど、洋菓子にも和菓子にも欠かせない

食材である「栗」。

 主な産地は茨城県熊本県愛媛県岐阜県、埼玉県です。旬の秋には

茹でたり焼いたりして、栗そのものの味を楽しむのもいいですね。

 

4:さつまいも

今では一年中手に入りやすい「さつまいも」ですが、本来の旬は9月から

11月にかけて。食物繊維やビタミンなど、女性にうれしい栄養が豊富です。

代表的な産地は鹿児島県で、品種も豊富です。

 

5:りんご

一年中出回っているイメージのある「りんご」も、実は秋が旬のフルーツ。

青森県や長野県が名産地です。旬のりんごは、きれいに洗って皮付きのまま

食べるのがおすすめ!

 

6:新米

炊きたての「新米」をそのままひと口いただくと「日本人に生まれてよかった」と

心から思いますよね! そんなお米の名産地は、新潟県や北海道、秋田県などです。

 

7:銀杏

秋になると、公園の銀杏並木の下にたくさん落ちている「銀杏」は、

スーパーなどでも秋口から出回りはじめます。

 主な産地は愛知県や大分県、福岡県などです。

 

8:そば

秋は昼夜の寒暖差があり、そばの栽培に適した環境です。

 7〜8月に種をまけば、10〜12月においしいそばが収穫できます。

名産地は北海道や長野県、栃木県、茨城県山形県などです。

 

9:柿

和歌山県奈良県が名産の「柿」は、夏の日焼け肌にもうれしい秋のフルーツ。

 

そのまま食べてもおいしいですが、サラダや白和えなど、

副菜にも利用してもおいしくいただけます。

 

10:鮭

秋になるとスーパーでも見かけることが多い「鮭」は北海道が主な産地。

 あっさりした秋鮭には、ホイル焼きやムニエルなどバターを使って

コクと深みをプラスするのがおすすめです。

 秋が旬の食べ物は、そのおいしさもさることながら、ビタミンやミネラル、

食物繊維などの栄養も豊富です!

 

夏の暑さで食欲がなかった方も、新米やさんま、栗、柿など、旬の食べ物を

積極的に取ることで、たまった疲れをリフレッシュしましょう。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【つまずいて 足元見れば 何もなし(シルバー川柳)】