ちょっと仕事辞めてみました……

       

    60代からの人間関係は、程よい距離感が重要です

これからの生活で、楽しさと煩わしさを二分することになるのが

「人間関係」ではないでしょうか。程よい関係性と距離感で

心地よく過ごしたいものです。

「友人」と「知り合い」

誰とでも一般的な会話を楽しそうにできる、でも基本は人見知り……

という私の性分。長年仕事をしていたこともあり「知り合い」は多いですが

「友人」と私が思っている人は、地元の仲良しグループと元職場の方々

それぞれ数人。この「友人」たちは、そんなに頻回に会ったり連絡を

取り合ったりしているわけではないのですが、信頼できる人柄と安心して

愚痴が吐ける安心感に満ち溢れています。世代も近いので、物事に対する

価値観のズレが少なく、会うと元気になれます。これが心地よさ

なのかもしれません。「友人」と「知り合い」の違いは、なんだろう……。

でも「友人」と呼べる存在がいてくれて感謝です。

   

     🧿 友人? それとも、ただの知り合い?

「夫婦」には、絶対必要な距離感

私たちはお互いフルタイムで仕事をしていた時は、まさにすれ違い夫婦でした。

夫も私も夜勤のある変則勤務で、子どものことはできる方がする、

家事は7:3で私が少し多いぐらい。もちろん自分のことは自分でするのが

当たり前でした。現在は退職してはいますが、家庭内の仕事が増えたり、

楽しむことも忘れたくなかったりと、まぁまぁ忙しい毎日ですし、

それなりにストレスも生まれます。

現在、私たちは毎食一緒に食べるわけではなく、朝昼はそれぞれ食べたい時に

食べたいメニュー食べます。夕食は基本私が作り、できるだけ一緒に食べます。

お互い過度な干渉をせず、基本は自分のペースを大事にします。でも必要な

コミュニケーションは取り、最低限相手を傷つけないことと、タイミングを

逃さず「ありがとう」を伝えることを忘れないように気をつけています。

   

義理関係、実家との距離感は、やり過ぎず期待しない

ある新聞の相談コーナーで「一人暮らしの義母が高齢で介護が必要に

なっているのに、義母と夫が不仲でどうしよう」というお悩み相談がありました。

それに対し「夫は他人、その母親はもっと他人。夫や他の実子に委ねて、

よいこさんにならないように。今から同居などしたら今以上の悩みが生まれる」と

ビシッとバシッと回答されていた~すっきりしたぁ~。

私も義母と同居していていろいろあります。義母の事は、ほぼ私が

担っていますが決してやり過ぎていません。

義母が生活する上での必要な支援、それ以外は手出しも口出しも

しないようにしています。お互い精神衛生上、楽に暮らせるための距離感が

一番大事です。義理の姉妹や実家のことも同様です。自分の今の生活が

基本なので、それを犠牲にしてまで力を入れることではないと私は思います。

   

      🧿 見て見ぬふり……も時には正解

人との関りは、煩わしいけど必要なこと

60代からの人間関係は、自分が自然に楽に心地よく過ごしていくために、

その時々で必要な距離感を大切にしていきたいと思います。

そして人間以外……の友人、いや友犬(?)がいてくれることも、

空気を穏やかにしてくれます。

   

      🧿 我が心の友、華

 💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【叱った子に 今は優しく 手をひかれ(シルバー川柳)