わがまちの活動ウオッチングー1・・・

       

      🌸 花が出迎えてくれる公民館入口

      一輪の花を

お花、お好きですか? と問えば、よほどのへそ曲がりでない限り

「Yes」の答えが返ってきます。「好きでもないし、嫌いでもない」と

返ってくることもたまにあるかも。そう、好き嫌い以前に私たちは花のある

生活に慣れているのです。

花一輪の会

わがまちには、20数年前から小学校・中学校、そして公民館・駐在所に

花を届ける活動をしているグループ「花一輪の会」があります。

先日、小学校での活動に同行させてもらいました。

手作りの一輪挿し(ジュースの缶に和紙や布を貼ったもの)を32個、

それに季節の花を挿して小学校に持参します。この日は、

ボランティア会員数名が小学校に参集し、正面玄関で受付用紙に

来校理由などを記入したのち、用意されている身分カードを首にかけて

作業開始です。

   

     🌸 32か所のトイレに、一輪挿し缶を一つずつ配置していきます。

正面玄関の花器や事務室の窓口の花瓶にも花を生けます。

そして一週間前の花や空き缶花器を撤収して作業終了、といった具合です。

   

     🌸 中学校でも、別のボランティア数名が同様のことを行います。

トイレの数は16か所。コロナ前は、中学校の文化祭でヤクルトの

空ボトルなどを利用して一輪挿しを作り、フラワーアレンジメントの

デモストレーションも披露していました。

   

      🌸 広告チラシを細く丸めて組み立てた花器と、空き缶花器

人はなぜ花を愛でるのでしょうか

広島に原爆が投下され、今後75年間、草木も生えないだろうと

言われていたのですが、その翌年、戦禍の焼け跡に深紅の花が咲き、

「原爆の花」(夾竹桃)と呼ばれ、戦禍に疲れた人びとを勇気づけたと

言い伝えられています。路傍の一輪の草花にも癒やされたのです。

「花より団子」の終戦直後の食糧難時代にも、人びとは

花に慰められたといいます。人は花を愛でて、生きる力を得たのでしょう。 

   

      🌸 焦土にいち早く咲いた花、

夾竹桃は「原爆の花」と呼ばれ、人々を勇気づけたそうです

球根で増える花もあれば、鳥や虫が運んで花が広がっていく場合もあります。

時には人の手で改良が加えられて、新しい品種が生まれる場合もあります。

花の気持ちはわからないけど、人は花を見て「美しい」「癒やされる」

「落ちつく」……とさまざまな感情を抱きます。

うれしいとき、悲しいとき、記念日に、勇気づけたいときなど

人は花を贈りますが、人はなぜ花を愛でるのでしょうか。

「美しいから」「癒やされるから」「落ちつくから」と答えると、

NHKの「チコちゃん」に叱られてしまうかもしれませんが、私も、

そうやっていつも花に癒やされている一人です。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

度忘れも 老いの一策 日脚のぶ(シルバー川柳)】