金木犀を庭に植えてはいけないって?

       

 金木犀を庭に植えてはいけないといわれる理由って?

お隣の庭に金木犀が植えられていて、秋になるといい香りが漂ってきます。

お隣さんは「金木犀はお手入れが大変なのよ……」と嘆いていたけれど。

しかも別の人から「金木犀は庭に植えてはいけないらしい」なんて話も

耳にしました。なぜでしょうね?(笑)

 木犀(キンモクセイ)ってどんな木?

   

金木犀は中国原産の常緑小高木に分類され、花を咲かせる時期は

9~10月頃です。三大香木と呼ばれる「沈丁花(じんちょうげ)」

「梔子(くちなし)」と並ぶ樹木の一つで、甘い香りとともに秋を感じる方も

多いですよね。

 花言葉は「謙虚」「気高い人」「真実」などの他にも、強い香りが誰かを

誘惑しているかのように感じることから、「真実」「誘惑」「陶酔」という

花言葉も存在し、「金木犀花言葉は怖い」と感じている人もいるようです。

 

花が咲き終わった後の11~3月頃に剪定をする必要がありますが、

自分で剪定するのが難しいと感じる方は、金木犀の剪定だけを業者に

頼むこともできます。

 金木犀を庭に植えてはいけない」と言われるのはなぜ?

   

金木犀を庭に植えてはいけないと言われる理由はあるものの、

結論から言うと植えても問題はありません!

 それではなぜ植えてはいけないと言われてしまうのでしょうか?

一つには、金木犀は生育旺盛な樹木であるため、想定した以上に

成長してしまうことがあります。

 毎年花が咲き終わった後に剪定しないで放置していると、7~8mの

大木になってしまうことも! 金木犀が大きく成長してしまうと剪定が

大変なので、庭に植えたいと考えている方は毎年のお手入れを欠かさず

行うようにしましょう。

 

また、金木犀は鉢植えでも育てることができます。庭が狭くて

木を植えられないという方は、ホームセンターや園芸店、インターネットでも

苗木を買うことができるため、鉢植えでコンパクトに育てるのもおすすめです。

 

植えてはいけないと言われるもう一つの理由に「風水的に凶になる」という

噂があります。でも逆に、金木犀は「北東、東、東南、南西」に植えると

邪気が払われ金運が上がるとも言われているそうな……。

たくさんの家で育てられていることを考えると、決して悪いとは思えませんね。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【若作り 席をゆずられ ムダを知り(シルバー川柳)】