50代から起こす奇跡…人生を楽しむー2

         

     推し活を始める方法(2)

台湾に行くたびにリサーチをしていたことで、【推し活】はいつの間にか

始まっていました。コロナ禍で台湾に行けなくなって3年近く経ち

家族や友人たちは私の台湾熱が冷めるかも……と

思っていたようです。

台湾の推し活って何⁈

しかし、私の台湾熱は高まるばかり。常に頭の中は台湾、台湾(笑)。

なぜならば、【推し活】が順調だからです。

国内にある台湾関連のお店などで、枯渇した心を潤わせたことが始まり。

その後も、都内の台湾ご飯屋さんを見つけては一人で行ったりしていました。

そのうちSNSで知り合った大阪在住の台湾仲間とも東京や大阪のお店を

回り出し、同じくSNSで台湾に駐在して帰国したマダム方とも

知り合うことができ、楽しいお付き合いが続いています。

   

1番の推し活の転期は台湾茶セミナー

コレド室町テラスに2019年にオープンした「誠品生活日本橋」は、

台湾好きなら誰しもが知る聖地と言っても過言ではないお店。

その中にある店舗【

ハッピーレモン】で行われている、台湾のおいしいお茶を飲みながら

知識を学ぶという会に参加しました。

   

   

堅苦しいことは一切なく、主催する会社【美麗!(メイリー)台湾】の

社員さんとハッピーレモンのお茶の知識が豊富な台湾人、林さんのお人柄も

あってか、毎回参加する皆さんがとても朗らかで気持ちの良い会に

なっています。料理上手な林さんが毎回作ってくださる台湾のコンビニで

おなじみのお惣菜、茶葉蛋(チャーイエダン)も楽しみの一つ。

   

昔から、コーヒーやお茶が大好きで、中国茶の勉強もしたいとずっと

思っていました。台湾産のお茶を台湾茶と言いますが、台湾の茶藝館で

いただけることを知り、毎回違う茶藝館に通うように。自分や友人への

お土産に、たくさんの台湾茶を買って帰るようになりました。

身近になった台湾茶がコロナ禍でまた遠くなってしまった時に出会った

この会に、どれだけ心が救われたことか……。

ほぼ月に1回開催される会に参加するにつれ、常連さん方とも知り合いに

なれ、中国語の先生(台湾人女性)とも、たまたま会に参加していた彼女を

ナンパしたのが始まり(笑)。先生とそのお友達の台湾人と3人で

鎌倉に行ったり、私の台湾仲間の集まりにも参加してくださったり。

気後れすることなくたくさん会話をしてくれる彼女とは、

一生付き合っていきたいと思うほど。

推し活の輪が広がりそう

その流れで最近何人かの台湾人と知り合うことができて、その中のお一人、

ルハンという日本で中国茶の勉強をされている方とも知り合いました。

毎週火曜日、高円寺のカフェ「アンリ・ファーブル」で中国茶

レクチャーをしてくださるので、また気楽に台湾茶に接することが

できるようになり、ここから新たな推し活が始まりそうな予感も

しています(笑)。

   

   

   

たかがお茶、されどお茶。

お茶で一人の人生がこんなにも明るく楽しくなる、このうれしさを

わかってもらいたいと思う日々。ほんの少しの興味から、ほんの少しの

好奇心と勇気で自分なりの推し活を邁進することができますよ。

日々ちょっと自分には何かが足りない……と思った時、私なりの推し活を

思い出してくださるとうれしいです。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【「いらっしゃい」孫を迎えて 去る論吉(シルバー川柳)】