近江は古くからの要衝です・・・

       

    地元の歴史を学び、知る楽しみ

なんて大仰な題目ですが、私の住んでいる滋賀県は、古くから発展していた

地域であり、歴史の表舞台にも「紫香楽宮」や「壬申の乱」が登場し、

都への交通・物流の要衝として栄えた地域です。東京・京都・奈良に次ぐ

重要文化財の多い所でもあります。近江は古くからの要衝です・・・

この秋の楽しみ  

「広報おおつ」で見ただけでも、「「鎌倉殿の13人」

三井寺との縁を探る」や、「近江を制する者は天下を制する」、講演会

「大津城の戦いについて」、そして日が合えばいつも参加している

「坂本ふるさとサンポ(今回は第7回)」があります

うれしいことに今回は全部、日曜日の開催です! すべて申し込みました。

「鎌倉殿の13人」三井寺との縁を探る

以前に、大津まちあるき『「フェノロサ」、「ビゲロー」とは? 三井寺

法明院でその足跡をたどる』で訪れた「新羅善神堂」と三井寺の関係に疑問を

持ち、文章にしています。

今回は、三井寺の長吏さんの講話付きで約5時間たっぷりとお話が聞けます!

これは参加せずにはいれらません!

   

    🧿 広報おおつに載っており、すぐに参加のお電話を入れました

近江を制するものは天下を制する

いや、説明の余地がない程です。

織田信長は京への玄関口である近江を重要視し、尾張から安土へ本拠地を

移していますし、江戸時代には中山道と北陸街道を抑える要衝に佐和山城

廃棄し、彦根城が築城されています。大津は米の一大集積所でした。

どれぐらいの時間かはわかりませんが、1講義90分ぐらいでしょうか?

楽しみにしています。

   

      🧿 広報おおつに載っており、こちらもすぐに電話を入れました

大津城の戦いについて

天下分け目の関ヶ原の戦いの前哨戦! 歴史博物館で1時間の講義です!

   

10月23日の方を申し込み済です。現在はキャンセル待ちの状態です

第7回 坂本ふるさとサンポ

異なる名称も含めて4回以上は参加している

ガイドさんつきの坂本のまちあるき。

「坂本ふるさとサンポ」今回は第7回、直木賞を受賞した今村翔吾さんの

『塞王の楯』にちなんだまちあるきとなっています。

     

    🧿 直木賞を受賞した今村翔吾さんの『塞王の楯』集英社

幾度も訪れていますが、ボランティアガイドさんつきなのでもしかしたら

普段は見られない所が見られるかも? という淡い期待を持って参加決定です。

ダブルブッキングが発生!

ここまで読んで頂いた方で、気が付いた方もいらっしゃるでしょう。

「坂本ふるさとサンポ」と「大津城の戦い」が同日だったなんて!

「坂本ふるさとサンポ」を申し込んでから気が付きました。( ;∀;)

京阪石坂線を使えば、坂本から歴史博物館の最寄りの駅、

大津市役所前」まで約12分、お昼を芙蓉園で食べてから少しして

京阪に飛び乗り、14時に間に合うように行こうと目論んでいます。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【お迎えは どこから来るのと 孫が聞く(シルバー川柳)】