お月見うさぎの由来って???

         

       餅つきしているのはなぜ?

十五夜が近くなると月を眺める機会も増えますが、月のうさぎがはっきり

見えるとなんだかうれしくなりますね!

 ところで、月でうさぎが餅つきをしていると言われているのは

なぜなのでしょう……?

子どもたちに聞かれる前に知っておきたいと思い、調べてみました!

 月うさぎの由来

   

月うさぎは、インドの説教仏話である「ジャータカ神話」の物語で、

日本には「今昔物語集」として伝わっています。その中にある

「三獣行菩薩道兎焼身語」が月うさぎの元となる物語です。

 

昔あるところにいた、サル、キツネ、ウサギが疲れ果てて食べ物を乞う

老人に出会いました。3匹は老人のために食べ物を集めに行きますが、

ウサギだけは一生懸命がんばっても食べ物を持ってくることができず、

悩んだウサギは「私を食べてください」と火の中に飛び込んだのです。

ところが実は、老人は3匹を試そうとした帝釈天(たいしゃくてん)という

神様で、帝釈天がウサギを哀れみ、月の中によみがえらせて、みんなの手本に

したという物語です。

 今昔物語ではうさぎは死んでしまうのですが、各地に伝わっている

物語の中には「火は帝釈天が神通力でおこしたもので熱くなかったため、

うさぎは死ななかった」「帝釈天が一度死んだうさぎを生き返らせた」などと

伝えられているものもあります。

 月うさぎが餅つきしているのはなぜ?

   

月うさぎが餅つきをしている理由にはさまざまな説があり、

「古代中国で月のうさぎは杵と臼で不老不死の薬を作っている」と

いわれていたことが元となって、「うさぎが帝釈天のために餅つきをしている」

「うさぎが食べ物に困らないように餅をついている」などと言われています。

 

月を見上げると、確かにうさぎが餅つきをしているような模様が見えますが、

この黒い模様は月の「海」と呼ばれる部分で、火山が噴火して噴出した

マグマが冷えて固まったもの。

 それに対して、月の明るい部分は「陸」と呼ばれていて、この海と陸の

模様が月でうさぎが餅つきをしているように見えると言われているのです。

 海外での月の模様の捉え方

   

月は地球に対して同じ面を見せて回っているので、世界中どこで見ても

多少の違いはあれど、月の模様は同じです。しかし、月の模様の捉え方は

各国で違い、うさぎと捉えているのは日本や韓国だけなのです。

 

海外では、同じアジア圏の中国でも、ウサギがついているのは餅ではなく

薬草であると見立てられていることや、ジャータカの仏教説話がある

インドですら模様をワニと見立てています。

動物だけではなく、編み物をする女性としているインドネシアや、

本を読むおばあさんと見ている北ヨーロッパなど、世界各地では月に

見える模様をさまざまな動物や人の形に見立てて月を楽しんでいます。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【これも大事 あれも大事と ゴミの部屋(シルバー川柳)】