50代からの蓄積疲労にご用心!・・・

       

50代からの蓄積疲労にご用心!効果的な解消法とは?

 朝からだるい、疲れた、と感じたり、日中エネルギーが切れて

ぐったりしたりしていませんか? 毎日のようにそんな症状があるとしたら

あなたは相当疲れています。蓄積された疲労の効果的な解消方法について、

疲労専門医にお聞きしました。

疲労」は体からの3大アラートの一つ!

   

家事も仕事も若い頃のようになかなかテキパキと片付けられない、

寝たけれど、ちっともスッキリしない、という50代の声をよく聞きます。

「あ〜疲れたぁ」「面倒臭いな〜」「だるいなぁ」などとしょっちゅう

口をついて出るのは年を取った証拠なのでしょうか……?

「いや、単に年のせいだけではありません。疲れたと感じるのは、

体からの警告(アラート)で、何かの病気が隠れている可能性もあります」と

話すのは、慢性的な疲れや睡眠障害を訴える患者さんを診る

「疲れ」の専門医の院長さん。

   

「疲れた、と感じることは、“痛み”や“発熱”と同様に、体の異常事態を

知らせる警告の一つです。どこかが痛かったり、熱が出たりしたら、

あれ?おかしい、普段と違うと感じますが、疲れというのは、日常的に

感じることもあるので、そのままにしがちです」

「疲れ」は病気との境目を判断するのが非常に難しく、放置すると

さまざまな疲労関連の疾患につながる可能性もある、と専門医は言います。

あなたの疲労度をチェック!

まずは、あなたの疲労度をチェックしてみましょう。当てはまる項目の

点数を合計してください。 

□朝の目覚めが悪い(1点)

□物忘れ、うっかりミスをしやすくなった(1点)

□友人と会うのが億劫になった(1点)

□休みの日は1日寝て過ごしている(2点)

□立ち続けるのが困難になった(2点)

□ため息が多くなった(2点)

□本を読んでも頭に入ってこなくなった、計算が遅くなった(3点)

□階段を上ると息切れがするようになった(3点)

□夜中に何度も目が覚めるようになった(3点)

診断結果はこちらです。

1~5点の人   : 注意

6~10点の人  : 要注意。早めの対処、専門医に相談をおすすめします

11点以上の人 :危険。続く場合にはすぐに専門医に相談をしましょう

疲労の蓄積は、日常生活の質を低下させる

   

疲労が溜まってしまうと、さまざまな症状が現れます。「家事や仕事で

ミスしたり、物忘れが増えたり、一日中眠気が取れないなどの症状に

つながります」

■疲れが蓄積することで現れやすい主な症状

🧿 01)●物忘れが多くなる

🧿 02)●家事や仕事でミスが増える

🧿 03)●文章が頭に入らない

🧿 04)●つまずきやすくなる

🧿 05)●物を落としやすくなる

🧿 06)●肩こり、腰痛がひどくなる

🧿 07)●日中に眠気が出やすい

🧿 08)●目が疲れやすい

🧿 09)●寝ても症状が回復しない

「ここで注意したいのは、“疲労”と“疲労感”は違うということです。

疲労感というのは、脳で疲労を感じている“感覚”です。疲れたと感じたとき、

コーヒーやエナジードリンク、栄養剤などのカフェインが含まれている

ものを取りたくなりますよね? それはカフェインが一時的に疲労感を

麻痺させるから。疲れを根本的に取り除いているわけではないのです」

疲労感を感じていても、がんばって乗り切ることもできますが、

それはいわば体力を前借りしている状態です。十分な休息や睡眠などを

取らずに体にムチを打ち続けていると、生活習慣病を悪化させてしまったり、

感染症にかかりやすくなったり、メンタルダウンしやすくなります」

   

活性酸素が発生して細胞や組織を傷つける

だから疲労感を感じたら、無理をしないで休むに限ります。

「人は、慢性的な睡眠不足や過労、ストレス過多の状態におかれると、

神経や筋肉、細胞がより活発に活動することで、細胞のエネルギーが

たくさん必要になります。そのためミトコンドリアという細胞の工場から、

エネルギーが次々と生み出されますが、同時に活性酸素も出てきて、

これが細胞や組織を傷つけてしまいます」

細胞や組織が傷つけられると、精神的疲労、運動性疲労、感染性疲労

起こるそう。これらが慢性的な疲労につながる原因です。

   

💥 参考:渡辺恭良 日本生物学的精神医学会誌、図

美肌効果だけじゃない!  コエンザイムQ10に注目

では、疲労を蓄積させないために、いったいどうすれば良いのでしょうか。

疲労を感じたら、睡眠を取るなど、まずは「休む」ことが第一ですが、

専門医いわく、食事で「疲労回復に役立つ成分」を摂取するのも

おすすめとのこと。

   

コエンザイムQ10という物質の名前を聞いたことがある人も多いと思いますが、

近年、このコエンザイムQ10(以下CoQ10)が疲労回復において

注目されています」 CoQ10といえば、お肌を美しくする成分として

有名ですが、疲労回復にもよいということがわかってきたそう。

もともとCoQ10は細胞内にある物質で「還元型」と「酸化型」があり、

私たちの体内にあるのは、ほとんどが還元型のCoQ10です。

還元型のCoQ10は、強力な抗酸化物質として疲労回復を助けてくれますが、

残念なことに、年齢を重ねるごとに減少してしまうそう。

でも、CoQ10を毎日の食生活で補おうとするととっても大変!

 例えばCoQ10の1日に必要な摂取量100mgを取るためには、

ブロッコリーならなんと12kgも食べる必要があるんだとか。

「加齢による体力の低下で、疲労を感じやすい50代以降は、

不足しがちなCoQ10サプリメントなどで積極的に摂取するのが

効果的です」

新型コロナ感染後のケアにも、コエンザイムQ10に高まる期待

このように疲労回復に役立つCoQ10ですが、

実は新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ感染症)の後遺症に

関しても、気になる研究データが報告されています。

「新型コロナ感染症の後遺症を含む慢性疲労症候群などの疲労関連疾患を

訴える患者さんで、CoQ10サプリメントを摂取していない

157名の血液データを比較検討したところ、血中のCoQ10の濃度が低く、

酸化ストレスが高いことがわかりました」

   

「大切なのは、自分が疲労を感じていることを認識して、対処することです。

加齢とともに減少していくCoQ10をうまく補って、元気に過ごしましょう」

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【遺影用 笑い過ぎだと 却下され(シルバー川柳)】