広島雑遊―1・・・

       

                   🚠 ようこそ!金持神に会える街

  コイン通りでご利益を!金持ちになれるかも?

金持ちになれる通り(!?)、その名も「コイン通り」。広島市の西部、

国道2号線バイパスと2号線宮島街道を結ぶ南北約1.5kmの道路です。

車で通ったことは何度もありましたが、これまで歩いたことは

ありませんでした。

まずは歩いてみよう

交通量の多い車道の両サイドには、あんずとハナミズキの街路樹の歩道があり、

さまざまな商店や企業が軒を並べています。その歩道を、友人と歩いてみました。

この通りのまちづくり活動は、広島市の「ひろしま街づくりデザイン賞」

(平成11年/1999年)を受賞し、国土交通大臣からも表彰され

(平成15年/2003年)、ユニークな「モニュメント」が車道に面した

歩道のところどころに鎮座しているのです。

「なでたり写真に撮ってご利益をもらおう!」と謳われています。

「コイン通り」の名前の由来は

通りの北端に、コイン通りの御神木になっている「クロガネモチ」という

木があります。ちょうど造幣局広島支局の前です。この造幣局の存在が

「コイン通り」の名前の由来で、まちづくり活動の起点になったのです。

     

        🚠 この通りの御神木「クロガネモチ」

もともとは農道でしたが、太平洋戦争中、政府の造幣局新工場誘致運動に

ともない、道幅が2mから約16mに拡げられて現在に至っているそうです。

昭和20年(1945年)に造幣局が開設された際、製造されたお金を

輸送するので「産業道路」と呼ばれていたとか。

昭和40年(1965年)頃から、この地区は広島市ベッドタウン化が進み、

昭和60年(1985年)、広島市編入されました。造幣局にちなんだ

「コイン通り」とハイカラな名前で「まちづくり」のモデルに

なっているようです。

ご利益をゲットしたい

  • 金持十二支

   

   

干支の動物たちが皆、コインを持っています。「自分の生まれた年の干支や

今年の干支をなでたら、きっといいことあるよ」とのこと。 

そのほか、鯉・鯛・豚・ふくろう・かえる・猫などもいて、皆、

コインを手にしています。いずれも「金持」という言葉を頭につけて

呼ばれていて、たとえば、鯉は「金持昇鯉」。

案内マップには、「昔々、一匹の鯉が激流の滝を登り切り、龍となって天高く

昇って行ったという中国の伝説があります。そこで鯉は成功・昇進の象徴と

されてきました。金持昇鯉さんもあなたの努力を後押しし、

成功するよう守ってくれますよ! カープも勝て勝て」と書かれています。

  • 金持稲荷神社

   

酒屋さんの店舗ビルの屋上に神社があります。京都伏見稲荷

御霊(みたま)をいただいた神社で、五穀豊穣、商売繁盛、芸能上達、

福徳円満を御神徳にしているようで、私たちは福徳円満を祈願しました。

  • 金持タクシー

金色のタクシー。偶然見かけたらラッキー、乗車できたら

超ラッキーらしいのです。私は児童の登校を見守るボランティアを

していますが、その折よく金色の自家用車が走っているのを見かけます。

これも、ラッキーなのかもしれませんね。

いろんなことをポジティブにとらえて、死ぬまでにさまざまなことに

挑戦したいという思いを、今後も少しずつ実践していきたいと願っています。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【その昔 惚れた顔かと? 目をこすり(シルバー川柳)】