無症状でも放置は厳禁!血管&血流の最新ケアー1

         

血管をしなやかに強くする!7つの生活習慣とは?

60代から硬く、詰まりやすくなる血管。血管が硬くなると血流が悪くなり、

生活習慣病脳梗塞などを引き起こす要因に。そこで医師に

血流を強くするための最新のケア方法を全3回で教えてもらいます。

第1回目は、7つの生活習慣についてです。

60代から急速に進行する血管の硬化

   

「一般的に健康な人であっても、加齢とともに血管は硬くなり、血圧は

上昇していきます。血管の硬さの指標を見ると、特に60代以降は急激に

右肩上がりに硬化します」こう解説するのは、循環器内科部長で

血管の専門医の先生です。

2017年に発表された論文によると、血管の硬さが20代と同レベルの人は、

50代では30.3%でしたが、60代では7.4%に急減し、70代ではわずか

1%でした。60代、70代以降、しなやかな血管を保つことがいかに

難しいかがわかります。

      

「血管が硬くなると、血液の流れも低下してしまい、脳卒中心筋梗塞など

命に関わる病気のリスクが高まる恐れがあります」さらに血管や血液の

トラブルは、認知症骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とも深く

関わっていることがわかっています。

「身近な生活習慣病はもちろん、突然死や寝たきりを防ぐためにも、

血管と血液を健康な状態に保つ“血流力”を高めることが重要です」と訴えます。

血流力が低下すると引き起こる深刻な病気

  血流力の低下は、心臓の血管が詰まる「心筋梗塞」、心臓の血管が狭くなる

狭心症」の引き金になります。

  脳の血管が切れて出血する「脳出血」、血栓によって脳の血管が詰まる

脳梗塞」のリスクが高まります。

 足の血流が悪くなることで、歩くときにしびれや痛みを感じる病気。

 進行すると、歩くとき以外でも症状が出ます。

 血流の悪化は、骨の形成にも悪影響を及ぼします。骨の量が減って、

 骨折しやすくなります。

 認知症では、血管の機能の低下が認められています。特に脳血管性認知症は、

 脳の血流に問題が生じることで起こります。

血管と血液を健やかに保つカギは血管内皮細胞

   

血液の流れを左右するものとして近年注目を集めているのが、血管の一番

内側にある「血管内皮細胞」です。

血管の一番内側にある「血管内皮細胞」は、血管を縮めたり広げたりする

働きをしています。血管内皮細胞の機能が低下すると、血管壁が硬くなり、

コブ(プラーク)ができて動脈硬化が進む一方、血液もドロドロな状態に

なり、血流が悪化します。

   

「血管内皮細胞は血管を縮めたり、広げたりする働きをしている他、

プラーク(血管壁の中にコレステロールなどがたまった状態)の形成や、

血液が固まる作用にも大きく関わっています」

血管内皮細胞を適切に機能させることが、血管をしなやかに、血液を

固まりにくいサラサラな状態に保つためのカギだといいます。

「最初に解説したように、年齢とともに血管は硬くなりますが、

血管内皮細胞の機能をよくしていけば、血流の悪化を防ぐことが可能なのです」

血管を強くするための 7つの生活習慣

   

指針となるのが、アメリカ心臓協会が提唱した7つの生活習慣です。

「特に血液の流れをスムーズにするカギとなるのは運動と食事です」

7つの生活習慣

   

出典:アメリカ心臓協会

  1. 体によい食事
  2. 運動をして活動的になる
  3. 体重を減らす
  4. 適正血圧に保つ
  5. コレステロールをコントロールする
  6. 血糖値を減らす
  7. 禁煙する

血流力の低下で生じる「ゴースト血管」

ごく細い毛細血管は、血管内皮細胞と基底膜のみでできています。

近年話題となっている「ゴースト血管」は、血流の悪化により毛細血管が

消えてしまうというもの。毛細血管をいきいきと保ち、ゴースト血管を

防ぐためにも、血管内皮細胞の機能を良好にすることが大切です。

   

健康的な血管と血液を保つための7つの生活習慣の中で、

特に重要な運動と食事です。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【つきっきり 孫に教わり メール打つ(シルバー川柳)】