四国の島々でアートを満喫しましたー2・・・

       

               🚠 直島では水玉模様があちこちで見られました

  アートの島へひとり旅 その2

ひとり旅をしようと思いつき、前から行きたかった四国の島々で、

いろいろなアートを鑑賞してきました。一日目、無事にホテルに着き、

今回は二日目からの様子をお伝えします。

旅行二日目

この日は、1日かけて直島を見て回る予定です。

朝から循環バスに乗り「地中美術館」へ行きました。

ここは、建物の大半が地下に埋設された美術館です。

   

      🚠 地中美術館の入り口

いろいろなアートの中で、私は何といっても、モネの『睡蓮の池』が

印象的でした。薄暗い通路を通り抜けて白い部屋に入った途端、6m×2mの

巨大な絵が目に入ります。それは、うっすらと差し込む柔らかい光に包まれて

輝いていました。声も出ないほどの感動でした。

その後、古い家屋や神社を改修し、建物や空間そのものを作品にしている

「家プロジェクト」を見て回りました。

      

     🚠 「家プロジェクト」 民家が改修されてアートの空間になっています

夕方になり「ベネッセハウスミュージアム」に行きました。ここでは、

海を臨む屋外のコンクリートの壁に、世界の水平線の写真が展示されて

いました。まさに自然と一体となったアートです。

   

      🚠 海に面した屋外での展示

旅行三日目

旅行も三日目となりました。この日は、直島からフェリーで20分ほどの

豊島(てしま)へ行きました。

まず「豊島美術館」へ。バスから降りると、そこにはゆるやかな斜面に広がる

段々畑がありました。その中に、まるで宇宙船のような白い円形の建物が

ありました。この建物自体がアートです。

   

      🚠 段々畑と豊島美術館

柱はなく、天井に開いた穴から光が差し込んできます。床の小さな穴から

少しずつ水が湧き出し、それが次第に形を変え、流れていきます。

まるで時の流れが止まったような空間でした。

ランチは、港のガイドさんに教えてもらった「海のレストラン」で食べました。

すぐ目の前には、静かな瀬戸内海が広がっていました。

     

       🚠 「海のレストラン」でおいしいピザを食べました

その後は、帰りのフェリーの時間まで、豊島横尾館や針工場(はりこうば)

などをゆっくり見て回りました。

旅行最終日

いよいよ最終日です。私は顔なじみになったホテルの人たちにお礼を言って、

ホテルをチェックアウトしました。もう帰るのかと思うと、名残惜しい

気持ちになりました。港の『赤かぼちゃ』にも別れを告げ、フェリーに乗り、

直島に別れを告げました。フェリーの到着地の宇野にもアートがあったので、

いくつかを見ることができました。

   

      🚠 JR宇野みなと線アートプロジェクト

   

      🚠 「宇野のコチヌ」作家/淀川テクニック

(カサやいろいろなおもちゃなどでつくられています)​​​​​

こうして私のひとり旅は終わりました。帰ったあとも写真や

パンフレットなどを見て、旅行の余韻に浸っているうちに、すぐにでも

また行きたい気持ちになりました。

今回の旅行は、行く前の準備から「ひとり」なので、ずっと気が張っていました。

でも、実際行ってみると、親切な人たちにも巡り合えました。

素敵なアートもたくさん鑑賞できて、私にとっては

忘れられない旅になりました。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【孫と来て 赤信号は 渡れない(シルバー川柳)】