花のプロ・オープンガーデン・・・

         

   北海道・恵庭市にある池田さんの美しいバラの庭

英国から始まったオープンガーデンの文化が日本でも広がりを見せています。

さまざまな場所で行われているオープンガーデンの中でも、老舗花屋が

おすすめするのが「花のまち」恵庭市です。バラの庭を作り上げている

池田さんの庭をご紹介します。

「花のまち」恵庭市のオープンガーデン

   

北海道・新千歳空港からJR恵庭駅までは電車で約13分。札幌まで

24分の位置にあります。ガーデンシティと呼ばれるほど、庭づくりが

盛んな街です。 毎年6月中旬から8月上旬にかけて、町をあげての

オープンガーデンが実施されています。

   

オープンガーデンとは、個人やお店などが自分で手入れしているお庭を

一定の期間、一般の人に公開することです。季節の花を楽しみながら、

時には庭主との交流を深めることもできる、特別な体験が味わえます。

恵庭市では、約50軒もの庭を見られます。そのうち、お庭の中に入ることが

できる完全なオープンガーデンは14軒。残りの庭は家の外から見ることが

できます。「花のまち」として全国的に知られている恵庭市の中でも、

バラの庭として有名なのが、池田政勝さんがつくる庭です。

   

恵庭市でバラの庭を代表する、池田さんのお庭

   

池田さんが庭づくりを始めたのは2011年。きっかけは母の日に贈られた、

ひと鉢のミニバラをもったいないからと、庭に植えたことが始まりだったとか。

   

以前は仕事一筋で植物に触れる機会もなかった池田さんですが、

家の前を通学する小学生に「いつになったらまたバラが咲くの?」と

尋ねられ、そこから本格的なバラの庭づくりがスタート。

専門書を何冊も読んで研究し、徐々に花を増やして、たった7年間の間に

83種115本のバラが咲き誇る、すばらしい庭へと育てたのです。

   

   🔹   今までに植えたバラはすべてファイリングして記録に。

     ビジネスマンの経験を生かして庭の維持管理をしています

   

    🔹  毎年、壁に這わせた見事なツルバラの前で記念写真を撮るのを

      楽しみにしている子どもたち

   

  🔹  池田さんの庭はバラだけでなく、芝も立派。芝の専門書を調べて、

    何年もかけて厚みを出した力作です

 オープンガーデンは、マナーを守って楽しみましょう

   

 バラの開花期間は、庭の見学と写真撮影が可能です。ただし、

掲示されている札が「CLOSE」となっている場合は外からの見学のみと

なります。じっくり養生されている芝への立ち入りや、バラを摘むといった

ことはご遠慮ください。また「この株(花)を分けてください」は、厳禁です。

あくまでも個人がご厚意で開放している大切な庭ですので、

常識の範囲内で訪ねるようにしましょう。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【いつもビリ 天国行きも ビリで良し(シルバー川柳)】