4年ごしの豪華客船の旅がかなう!

     

日本から乗れる憧れのクイーン・エリザベス号クルーズ

客船で「クイーン・エリザベス」と言えば、世界中の代表格。

コロナ禍で縁遠くなってしまったクルーズ旅ですが、実は2023年からの

予約が始まっています。「いつかは豪華客船の旅をしたい」という夢が

ある方は、4年越しの夢をかなえるチャンスです。

2019年からクイーン・エリザベスに乗りやすくなった!

「知っている外国客船の名前は?」と聞かれたら、何と答えますか。

「クイーン・エリザベス」の名前はいかがでしょう。現在の

「クイーン・エリザベス」(9万900トン/乗客定員2081人)は2010年に

就航した3代目。命名者(ゴッド・マザー)はもちろんエリザベス女王です。

同船を擁する「キュナード・ライン」は2020年に創業180年を迎えた

歴史ある船会社。創業当時から、英国式の丁寧で細やかなサービスを誇りに、

3隻の“女王”の名を冠した客船が世界の海を巡っています。

   

    🚤 濃紺の船体に赤い煙突がシンボルの「クイーン・エリザベス」​​​​​
今までも「クイーン・エリザベス」は世界一周クルーズの途上で、日本に

寄港することもありました。2017年と2018年には世界一周クルーズの

途中に日本発着クルーズを組み込み、日本発着で「クイーン・エリザベス」に

乗るコースを設けました。予約が殺到しましたが、世界一周中で

客室に限りがあったため、実際に乗船がかなった人は多くはありませんでした。

その人気を受け、2019年から本格的に横浜発着で日本人に

「クイーン・エリザベス」のクルーズを体験してもらう試みが始まったのです。

2019年はゴールデンウィーク前後に8日間と10日間の2本の日本周遊を

行っています。横浜港をはじめ、「クイーン・エリザベス」が寄港する港の

近くにお住まいの方は来航のニュースなどを目にされていたかもしれません。

   

🚤 船内の中央にある「グランド・ロビー」は3層吹き抜け

2020年からはさらに日本発着のコースが増え、さらなる盛り上がりを

見せると思われていた矢先、新型コロナウイルスの感染拡大によって

クルーズ旅は手が届かないものになってしまいました。

しかし、世界的にコロナ禍が終息を迎えつつある今。クイーン・エリザベスを

運航するキュナードは、2023年の日本発着のクルーズを発表しました。

発表されたのは、「クイーン・メリー2」と「クイーン・ヴィクトリア」の

「100周年記念ワールドクルーズ」2本と、「クイーン・エリザベス」の

日本周遊クルーズ4本、ショートクルーズ2本。憧れの豪華客船に乗れる

チャンスが、ついに到来しました。

魅力は、日本を巡りながら英国も満喫できること!

中でも注目したいのが、9~10日間をかけて日本を周遊する

「クイーン・エリザベス」の日本発着クルーズの4本。発着地はすべて横浜で、

北海道・東北・四国・九州など、新緑の美しい4~5月の時期に日本各地を

巡ります。 各寄港地では観光を満喫し、船に戻ると“英国”が堪能できるのが

魅力です。 華やかながらも木を多用し、品のある船内にはさまざまな施設が。

天井の高いボール・ルーム「クイーンズ・ルーム」では、午後は焼き立ての

スコーンや紅茶が提供されるアフタヌーンティー、夜は生演奏で

社交ダンスが優雅に楽しめます。

   

    🚤 天井の高いボール・ルーム「クイーンズ・ルーム」は

             キュナード・ラインの船ならでは

夜は格調高い3層吹き抜けの劇場「ロイヤル・コート・シアター」でショーを。

プロダクションショーと呼ばれるダンスと歌の華やかなショーがある日は

有料でボックス席を予約することもできます(シャンパンとチョコレート付き)。

ボックス席の中には、命名式後にエリザベス女王が座られたボックス席もあります。

   

    🚤 エリザベス女王が座ったのは「ロイヤル・コート・シアター」の

               15番のボックス席。船内で予約可能

 いくつかのショップが並び、買い物が楽しめる「ロイヤル・アーケード」には、

ロンドンのビックベンと同じメーカーが作った時計が曲線を描く美しい階段の中央に。

   

   🚤 「ロイヤル・アーケード」に上がる階段の中央には英国メーカーの

              時計がどこにも寄らない航海日に行きたいのは、2階建てのライブラリー。

      日本語の本もあるのでゆったりと読書もおすすめです。

   

    🚤 読書好きな英国人もお気に入りのライブラリー

 制服を着こなしたクルーの対応も折り目正しい「クイーン・エリザベス」の

よさですが、カジュアルな時間を過ごすなら、英国風パブ

「ゴールデン・ライオン」でギネスビールやパブランチを味わうという、

もう一つの英国的な楽しみ方もあります。

   

    🚤 英国風パブではギネスビールを飲みながらパブランチやディナーを。

昼はダーツ大会、夜はカラオケ大会が行われることも

格式高いキュナード・ラインの船には、英国をはじめ、各国の王室や首相、

往年の映画スターなどが多数乗船しています。同社の歴史をたどることが

できる写真や記録が展示されているので、くまなく船内を

散策してみましょう。  

この船に乗るならドレスアップを!

多くの客船が夕方以降の服装もカジュアル化していく流れの中、

キュナード・ラインの船は、「ガラ・イブニング」という正装の日を

設けています(回数はクルーズの長さによる)。

エレガントな船内で、男性はタキシード、女性はフルレングスのドレスを

着ている夜は雰囲気も格別。思い切っておしゃれをして、ディナーや

ショー、ダンスに繰り出しましょう。いろんな場所で記念撮影すれば、

まるで「英国旅行」をしたような貴重なアルバムができそうです。

   

    ​​🚤 「ガラ・イブニング」(フォーマル)の日は船内が華やぐ

客室カテゴリーは4つ。思い切って上級客室を選んでも!

キュナード・ラインの客船はすべて、利用するレストランによって

客室カテゴリーが4つに分かれています。上2つのカテゴリーは

「プリンセス・グリル」、「クイーンズ・グリル」(バトラー付き)と呼ばれ、

専用のラウンジやテラスがあります。レストラン(プリンセス・グリル、

クイーンズ・グリル)も営業時間なら好きな時間に利用でき、

極上のサービスで、食事が提供されます。もちろん、クルーズ代金も

それなりになりますが、思い切って、洋上最高のおもてなしを受けてみるのも

一生の思い出になるかもしれません。

   

    🚤 上級客室(グリルクラス)専用のラウンジ

   

    🚤 「クイーンズ・グリル」ではアラカルトも多く、

               最上級のサービスを受けられる

もちろん、乗客の約8割が利用する通常カテゴリーの「ブリタニア・クラス」も

「クイーン・エリザベス」を体験するにはまったく問題ありません。

内側客室からバルコニー付き客室まであり、利用する

ブリタニア・レストラン」は2層吹き抜けでとても華やか。

パブリックな施設はどこでも使うことができるので、窮屈さや肩身の狭い

思いをすることはまったくないので、ご安心を。

   

    🚤 開放感があり華やかな「ブリタニア・レストラン」

    日本発着クルーズならでは。

       早めの予約で、夢へ手が届きやすく!

既に、2023年の予約は始まっています。「1年後のことなんて」と言わず、

早めに旅行会社に問い合わせをしてみましょう。

もともと「クイーン・エリザベス」には日本語が話せるスタッフが常駐し、

日本語の船内新聞やメニューを用意してくれます。日本発着クルーズでは、

日本人乗客が快適に過ごせる工夫もさらにたくさん。また豪華なゲストや

特別な企画なども予定されています。最後になりましたが、気になるのが

クルーズ代金です。2023年4月19日発の「新緑の日本周遊と韓国10日間」であれば、

なんと内側客室で22万5000円~(2名1室1名分の代金、

租税、手数料および港湾費用別途)。おすすめの海側バルコニー付き客室なら

32万5000円~です。

   

   

    🚤 バルコニー付き客室なら天気のよい日はバルコニーで朝食を

洗練された英国式のサービスを受けながら、10日間のクルーズをこの代金で

巡ることができるのは、海外まで行く飛行機代がかからない日本発着

クルーズならでは。お手頃な客室から埋まっていくのでクルーズ代金的にも

早めの予約が必須なのです。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【孫来りゃ 爺婆喧嘩 どこえやら(シルバー川柳)】