誰もが、こういうふうに動かなくなる・・・

  

  雑草のように強く……は困る

うっとうしい梅雨のようなジメジメした湿気で、心も沈みがちです。

こんな時は自分の気持ちが大事、持ち上げよう。ドーンと上がる

花火のように。人生の問題は山積みだけれども、楽しい事も

取り入れていきましょう。花はいつも優しい気持ちにさせてくれます。

疲れ気味の時も、穏やかな時間が流れます

亡き父との想い出

今年(2022年)の冬のこと。夫は朝起きたら、真っ先にこたつに入ります。

「あんたのとっつあんみたいになってきた」って言うんです。

   

    🔹 花を咲かせるには雑草取りは欠かせません

父は、毛糸の帽子をある時は3つ重ねてかぶっていました。私はふっと

おかしくなり「着すぎてるよ」って言ったけれど、髪の毛が少なくなり

寒かったんですねー。可哀想に私は何も気づかずに不思議に思っていました。

    

    🔹 コントラバスをひく[油絵]、スケッチ

その意味がやっとわかるようになりました。

本当に1つの帽子の温かさじゃ足りなかったんですね。

寒さが厳しくこたえていたんですね。年というものは、

その年になってみないと分からない。動かなくなるし、動かないと熱が低い

(私の場合、平熱36度以下の時もあります)。

もっと高齢なら、なおのこと平熱も低かったでしょう。寒いはずです。

グラウンド・ゴルフをしている時には、まだまだ元気で日に焼けて友人たちと

楽しそうにしてましたが。一人一人病気になったり、亡くなったりして。

一緒にプレイする事もなく、車にも乗らなくなり、寂しそうに家の中で

暮らしてた。どう接したらいいのかわからないまま月日が経ってしまいました。

今なら少しくらい、わかるのに……。

今にしてその気持ちがわかるなんて「ごめんね。父さん」。生きている時に 

もう少しわかっていたら良かったのに……。

雑草のように強く……は困る

野菜作りができる畑の作り方、いろいろ教えてもらったのに……。

できるのは里芋とニラだけ。後は草の始末に追われています。今年こそは

何か作ろうと。雑草のように強くとはよく言ったものである。

取っても取っても生えてきて。野菜よりも偉そうに場所取りしている。

結局のところ、雨あがりを待って土が柔らかくなってから、草を根こそぎ

抜くしかないのかな。除草剤を使えば一時期は安心だけれど、野菜には

良くないし。雑草よ、弱くなってと願うばかりです。

   

  🔹 バスの中から外を見ると、季節の移り変わりを感じ心穏やかに

グッと我慢の夏が来た

ダイエットとは真逆のおいしいビールをいかに我慢するか。ビールの

コマーシャルでは実においしそう……。危ない、危ない。月一回の

ご褒美にしよう。我慢してばかりだと、ストレス太りにつながるかもしれないし。

飲みたかったビールを飲んだ満足感で熟睡して、夜に一回もトイレに

行かなかった。良いこともありますもの。商品開発おそるべし、

はまるかもしれない。しかし体に良いものはおいしくない。

野菜不足を感じたら飲もうと買った青汁、賞味期限切れになりそうです。

一向に飲む気がせずに、棚の上に乗ったまま。どうしたらいいものか。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【人生も 野球も最後は ホームです(シルバー川柳)】