2022年 春のローズガーデン・・・

       

2016年、練馬・光が丘の街中に開園した「四季の香ローズガーデン」と

2021年に新たに加わった「色彩のローズガーデン」「香りのハーブガーデン」。

個性の違う3つのガーデンは季節によって表情が折々に変化します。今回は2022年

5月7日、待ちに待った春バラシーズンが訪れた、ガーデンの様子をお伝えします。

   

    🌸 エントランスに絡めたつるバラの見ごろはこれからです。

香りのローズガーデン

今年の春は気温が低い日が続き、バラの開花もゆっくりなようです。まずは

「香りのローズガーデン」から見ていきましょう。こちらはダマスク、

スパイシー、ミルラ、フルーティー、ブルー、ティー

6種類の香りごとに分けて配置した、珍しいローズガーデンです。

   

    🌸 この時、7分咲きを迎えていたのが「ダマスクの香り」のバラたち。

   

    🌸 オールドローズの仲間も見ごろ。

オールドローズの殆どは一季咲き(春のみに開花)なので、春にぜひ

ご覧いただきたいバラです。

   

  🌸 「フルーティーの香り」のバラは5分咲きといったところでしょうか。

      次々と花芽が上がってきています。

   

    🌸 ダマスクとフルーツの強香「パウル・クレー」は次々と開花。

       満開になると見事なロゼット咲きに。

   

    🌸 「ブルー香」のバラは5分咲き。

ブルーや紫などの花にこの香りが多いことからブルー香と呼ばれます。

香りの感じ方には個人差がありますが、最もバラらしいとされる甘い

ダマスク・モダン香と上品で爽やかな紅茶の香りとされるティー香が混ざった、

ブルー系のバラ特有の香りともいわれています。ぜひ顔を近づけて、

この香りを楽しんでみてください。

   

    🌸 「ティー香」のバラたちの様子です。

ツボミがたくさん上がってきています。これらのバラはその名の通り、

開けたての紅茶の茶葉の香りに近いといわれています。花の色も紅茶を

思わせる色合いが多いのがユニークですね。

 色彩のローズガーデン

   

   

    🌸 リニューアルから1年目の「色彩のローズガーデン」は

メタセコイアの並木に囲まれているため日差しが穏やかで、バラの成長が

ゆっくりです。そのため、香りのローズガーデンに比べるとツボミは固め。

時間をかけて咲くバラを楽しめる場所です。

   

    🌸 ガーデンの中心にはこのローズガーデンのために作出された

シンボルローズ「四季の香」がたくさん植えられています。

黄色とピンクの絞り模様はひとつとして同じ花がなく、とても表情豊か。

メタセコイヤの木漏れ日と、光が丘の「光」をイメージしています。

 香りのハーブガーデン

   

   

メタセコイアの並木と並行するように作られているのが

「香りのハーブガーデン」です。キッチン、ティー、ポプリと、

ハーブの使い方ごとに分けて植栽されていて、それぞれ写真のように

ハーブの使い方のヒントが紹介されています。

   

    🌸 葉を楽しむものが多いハーブガーデンですが、

時折こんなに美しい花を付けるハーブを見つけることができます。

産毛に覆われた葉や茎と青い花が印象的な「ボリジ」はエディブルフラワーとして

使われることが多いハーブ。キュウリのような香りがします。

   

    🌸 雨に濡れた「ラムズイヤー」

撮影した5月7日は時折小雨が降る、曇り空の一日でした。

それでも四季の香ローズガーデンでは、ヨガのイベントに参加される方や、

バラの香りを楽しまれる方、写真を撮られる方など、多くの方々が

それぞれの楽しみ方をされているのが印象的でした。晴天、満開の日はもちろん

素敵ですが、雨や曇り、花が少ない時にも、それぞれのよさがあります。

雨であれば水滴が付いた花や葉、曇りなら本来の花の色がよくわかります。

花が少なければ、見つけた一輪をじっくり観察する楽しみが。

そんなご自分なりの楽しみを見つけに、ローズガーデンを訪れてみませんか?

きっと一期一会の花たちとの出会いが待っています。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【夫より 三歩前行く 老後かな(シルバー川柳)】