卵が冷凍できるって本当?・・・

   

  冷凍卵の作り方と食べ方

友人が「最近、よく卵を冷凍しているのよ」とメールをくれました。

「え! 卵って冷凍できるの?」。なんでも、卵を冷凍することで、

黄身がもちもちでクリーミーな風味の卵料理が楽しめるとか。

 卵が冷凍できるなんて、知らなかったワタシ。冷凍卵について・・・

 冷凍卵の作り方

🥚 01)冷凍すると卵が膨張してヒビが入ることがあるため、

    生卵を殻ごとラップでふんわりと包みます。

🥚 02)ラップで包んだ生卵を、プラスチック製保存袋に入れます。

🥚 03)冷凍庫に入れ、一晩または一日以上時間を置けば完成です。

注意点

卵に付いた汚れは、キッチンペーパーなどで拭き取るようにします。

水で洗うと雑菌が入り込む場合があるので、衛生面に注意しましょう。

 冷凍卵を解凍する方法

   

  • 流水で解凍する場合
    殻を剥いてプラスチック製保存袋に入れ、流水で解凍する。
  • 自然解凍をする場合 
    冷凍庫から出し、室温に1時間ほど置いて自然解凍する。

 🔹 電子レンジでの解凍は、沸騰して高圧となった黄身が爆発を

   起こすことがあるので、やめましょう。

 🔹 調理法(ハンバーグの中に入れるときなど)によっては、

   凍ったのままの卵(殻をむいて)を使用することもできます。

 冷凍卵の食べ方

   

🔘 卵かけごはん

解凍した卵で卵かけごはんにすると、もちもちでクリーミー

黄身の風味が楽しめます。卵かけごはんのアレンジとして、焼いた

ベーコンをのせ、粉チーズと黒こしょうをかけるとカルボナーラ風に、

炒りゴマや焼きのりをトッピングしてラー油をかけると中華風になります。 

🔘 卵入りハンバーグ

冷凍卵の殻をむき、凍ったままハンバーグの具材の中に入れて焼きます。

ゆで卵を作る手間が省けます。ハンバーグを切ると中から卵がとろりと溶け出します。

🔘 ミニ目玉焼き 

冷凍のまま殻をむいて半分に切ってフライパンで焼くと、ミニサイズの目玉焼きが

2個作れます。

冷凍卵の賞味期限

卵かけごはんなど生の状態で食べるときは、生卵と同じ賞味期限(2週間程度)に

なります。加熱して食べる場合でも、1か月以内に食べ切るようにしてください。

ゆで卵、炒り卵、卵焼きの冷凍保存

   

生の卵が冷凍できることはわかりましたが、ゆで卵やいり卵、卵焼きは

冷凍保存に向いているのでしょうか? 調べてみました!

🔘 ゆで卵は冷凍保存すると、白身がパサパサになり風味が落ちるため、

   冷凍にはあまり向いていません。

🔘 いり卵(錦糸卵も)は、1回に使用する分をラップで包み

   プラスチック製保存袋に入れて冷凍します。冷凍庫で2週間ほど

   保存が可能。冷蔵庫または常温で自然解凍し、早めに使い切ります。

🔘 卵焼きは、通常の大きさで冷凍保存すると水分が抜けて風味が

   落ちやすくなるので、小さめサイズで焼きましょう。卵1個に対して

   砂糖小さじ2と塩少しを加えて、3cm程度の厚み(長径)に

   なるように焼き、一つずつラップで包みプラスチック製保存袋に入れて

   冷凍すれば風味が保てます。こちらも冷凍庫で2週間ほど保存が可能。

   冷蔵庫または常温で自然解凍し、早めに食べるようにします。

   卵を冷凍させることで、料理のレパートリーも広がりそう! ワタシは、

   卵かけごはんを試してみたいと思っています。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【主治医には 内緒鍼灸 まむし酒(シルバー川柳)】