アスパラガスの保存、野菜室はダメって本当?

         

  春が旬のアスパラは、シャキシャキ食感がおいしい!

炒めものにサラダ、ソテー、グラタン、グリル、ベーコン巻きと、

どんな料理にしてもおいしいアスパラガス。緑色がきれいなアスパラガスは、

春野菜の中でも大好きな野菜です。

 うちの近くのスーパーでは、アスパラガスはちょっと高め。なので、

お買い得なタイミングでついついたくさん買ってしまうのですが、

この前つい使い忘れて、アスパラガスがシワシワになってしまいました。

 アスパラガスは、鮮度が落ちるのが早い野菜。どうすれば

おいしく保存できるんでしょう? 気になったので調べてみました!

 野菜室はNG!アスパラガスの保存方法

         

調べてみると驚いたことに、アスパラガスは野菜室での保存はNGなんだそう!

 なぜかというと、野菜室の温度は3~8℃と、冷蔵庫よりも少し高めに

設定されているため。冷蔵庫の温度は一般的に2℃~6℃ほどで、

アスパラガスの保存に最適な温度は2.5℃。低い温度の方が保存に

適しているので、野菜室には入れずに、冷蔵保存しましょう!

アスパラガスは冷蔵保存・冷凍保存の使い分けがおすすめ

   

アスパラガスは、冷蔵保存も冷凍保存も可能な野菜です。保存方法によって

保存期間や食感が変わるので、用途に合わせて冷蔵保存と冷凍保存を

使い分けましょう。

 冷蔵保存方法

冷蔵保存では、保存期間は5日間ほどが目安。生のまま冷蔵保存をすれば、

シャキシャキしたアスパラガス特有の食感も残り、味も落ちにくいです。

 炒めものやボイル、サラダなどに使う場合は冷蔵保存がおすすめ。

以下で、アスパラガスの冷蔵保存方法をご紹介します。

🥕 01)アスパラガスの根本を、軽く濡らしたキッチンペーパーや

               新聞紙で包む

🥕 02)アスパラガス全体を、乾いたキッチンペーパーで包む

🥕 03)ポリ袋に入れる

🥕 04)穂先を上にして、立てて冷蔵庫で保存する

 冷凍保存方法

一方、冷凍保存の場合は、1か月ほど保存できます。日持ちするものの、

冷凍するとシャキシャキ感はなくなり、ふにゃっとした食感になることが

デメリット。それが気にならない調理法に適しています。

 生のまま冷凍保存したアスパラガスは、肉巻きや炒めもの、

汁物の具として凍ったまま使えます。ポタージュスープにするのも

いいかもしれません。

 以下で、冷凍保存方法をご紹介します。

🥕 01)ピーラーで下部のはかまを取る

🥕 02)水気を拭き取り、使いやすい長さに切る

🥕 03)生のまま冷凍用の保存袋に平らに並べて入れ、

         空気を抜いてから冷凍する

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【次の世も 一緒と言えば 妻はNO(シルバー川柳)】