女性におすすめの絶景温泉・「大観の湯」

       

       横山大観が愛した絶景を眺める

太平洋を見下ろす断崖絶壁。、日本画家・横山大観の別荘地跡に建つ

「五浦(いつうら)観光ホテル 」大観の湯は、雄大な景色と加水加温なしの

源泉かけ流し温泉です。海の幸を存分に堪能できる温泉宿は、

手軽に日帰り利用もできるのでおすすめです。

近代日本美術発祥の地・五浦(いづら)へ

   

     🚠 五浦六角堂と岡倉天心旧宅

茨城県北茨城市五浦(いづら)は、近代日本美術発祥の地と言われています。

それは、東京美術学校(現東京芸藝術大学)の初代校長を務め、日本美術の

発展に大きな功績を残した岡倉天心と、その教え子たちである横山大観はじめ

日本を代表する画家たちが、多くの作品を生み出した歴史ある場所だからです。

   

      🚠 東日本大震災津波で消失後、再建された五浦六角堂・観瀾亭

岡倉天心は、1903(明治36)年に飛田周山の案内で五浦を訪れ、この地を

とても気に入ったそうで、2年後には六角堂をかまえ、冬はボストン美術館

勤務し、夏は五浦で過ごして、国際的な活躍の拠点としました。

1906(明治39)年、日本美術院を五浦に移し、岡倉天心菱田春草

下村観山、木村武山、そして横山大観が移り住んで制作に励みました。

   

     🚠  岡倉天心旧宅

「五浦観光ホテル」は、その日本美術発祥の地、それも横山大観の別荘地跡に

建つ絶景温泉ホテルです。周辺には、高さ50mの断崖絶壁が続く五浦海岸、

天心記念五浦美術館、天心邸、天心ゆかりの六角堂など、名所旧跡には

こと欠きません。入浴は景色が楽しめる日中がおすすめなので、その前後での

寄り道がベストです。わずかな時間でも、十分に旅行気分が味わえます。

豪快な絶景と71度の源泉かけ流しが自慢の湯宿

       

     🚠 長いトンネルの先に太平洋が目に飛び込んでくる

茨城県は高温泉が少ないと言われていますが、71度の源泉を誇る

「五浦観光ホテル 大観の湯」は、温泉通の間では県内では外せない温泉の

一つと好評価で、しかも雄大な絶景が自慢の露天風呂とあれば、ぜひ足を

運んでいただきたい温泉宿です。「大観の湯」の入り口は、

「五浦観光ホテル」のロビーにあります。風情のある長~い廊下と

トンネルを抜けた先に温泉があり、男湯女湯は日替わりです。脱衣場から

お風呂への扉を開けると、ガラス張りの内湯の向こうに圧巻の景観が

広がっていることを確認できます。

   

     🚠 海との一体感が楽しめる「大観の湯」の露天風呂

訪れた日は晴天で、内湯にもたっぷり日が差し込んでいたので、

「気持ちいい~!」と思わず叫んでしまいました。入り江の絶壁の上に

設えられた露天風呂からの景色は、海だけではなく、断崖絶壁の岩肌や

松などの樹々も目に飛び込んできます。横山大観が愛した荒々しい

自然美溢れる景観を眺められるなんて、なんとも贅沢な気分でした。

内湯も外湯もすべての浴槽が源泉かけ流しという贅沢さ

   

     🚠 本館の数奇屋風露天風呂(写真は男性用)

泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉で、しかも塩分濃度が高く、

温泉成分を吸収しやすいので、汗が出やすく老廃物も排出されて、

高いデトックス効果が期待できます。また、温泉の成分をしっかり吸収するため、

塩化物泉の高い保温効果も最大限に感じられ、湯冷めしにくく

芯から温まります。しかも、加温加水なしの源泉かけ流しとあれば確実に

美肌へ導きます。

   

     🚠 落ち着いた雰囲気の本館の内風呂

多くの温泉施設では、源泉かけ流しといっても、浴槽の1つ2つといった

ところが多いのですが、「大観の湯」は、すべての浴槽が源泉かけ流しです。

私は全部の浴槽を制覇して、とても得した気分になりました!

   

     🚠 立派な門構えの本館

「五浦観光ホテル」には立派な門構えの純和風の本館もあり、こちらには

開放感あふれる庭園露天風呂も。昼食と入浴がセットになった

日帰りプランも豊富です。趣の異なる2つの温泉を行き来できる、

温泉好きにはたまらない旅館です。もちろん、宿泊プランも豊富で、

新鮮な海の幸が楽しめます。10月から3月は、茨城名物のあんこう

いただけるプランがおすすめ。タイミングが合えば、あんこうの吊るし切りを

見学できるかもしれません。

   

     🚠 10月から3月は「あんこうグルメプラン」がイチオシ

   

     🚠 本館の露天風呂。夜の露天風呂は22時まで入浴できる

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【絵手紙で いい味出してる 震えの字(シルバー川柳)】