義実家へのストレスが限界【生きるヒント】―1

        f:id:akicyan6041:20220317165416j:plain

      義実家へのストレスが限界で体調不良に…

75歳の義両親との関係がうまくいかず、20年近く悩んでいます。

主人(45歳)はリップサービスが旺盛で、実家に戻ると私のことを

必要以上に悪く言ったり、事実と異なることを伝えたりしていて、

その都度、義両親から電話やメールで悪く言われます。

「誤解ですよ、事実と異なりますよ」と、なるべく冷静に伝えますが、

まったく聞き入れてもらえず、こちらが嘘つき扱いされてしまいます。

こういう類の話は重過ぎるだろうと思い、家族や友人にも話せず、

一人で抱え込んでいましたが、10年ほど前からストレスがたまり過ぎて

不眠になってしまいました。

   f:id:akicyan6041:20220317165427j:plain

不眠に関しても、義両親からは「仕事もしないでヒマ過ぎて眠れないのだろう」と

勝手なことを言われています。 体調を崩してからは、いくら努力しても

変わらない現状に疲弊し、少しずつ距離を取るようにしています。

できればうまく関係を築きたいと思い続けてきましたが、もう諦めても

いいでしょうか。ここまでされていても、疎遠にするのは

薄情なのではないかと、また悩んでしまいます。と祥子さん

このあたりで義両親との関係を転換した方がいい

   f:id:akicyan6041:20220317165437j:plain

義理の両親との人間関係のストレスを10年も抱え、ついに心身に不調を

きたすようになったのですから、このあたりで義両親との関係を

転換した方がいいと思います。今のまま、事あるごとに不満やいらだちを

募らせる時間の使い方は、とても、もったいないと思います。

祥子さんの抱えている問題は

(1)義両親(2)ご主人(3)祥子さん自身に関しての3つです。

義両親の事情をわかろうとすると心がスッキリするかも

   f:id:akicyan6041:20220317165446j:plain

まずは(1)義両親について。

かわいい我が子(祥子さんのご主人)の

言うことをうのみにしている義両親は、祥子さんに息子を取られたと、

今でも思っているかもしれません。息子をバトンのように祥子さんに渡して、

親としてお役御免になったと割り切れず、上手に子離れができていないのです。

また、75歳は終戦直後に生まれた昭和世代で、“出る杭は打たれる

“他人と違ったことをしない”が世渡り術として通用していた時代です。

今流に言えば「同調圧力」ともいえます。

異なった意見に耳を傾けたり、疑問を持つ心の扉が開いたりすることが

なかなかありません。結果として、(親族を含めた)仲間の言ったことを

そのまま信じる傾向があります

(特殊詐欺の犯人はこれを逆手に取っているのでしょう)。

しかし、昭和に流行した講談にも「片言極め難し」(へんげんきわめがたし)と

いうせりふがたびたび登場します。一方の話だけを聞いて判断するのは

とても難しいという意味です。私が30代の頃、檀家のおばあちゃんが

「うちの嫁は仏様(ご先祖のこと)はホットケ(放っておけ)様で、

何もしてくれないんです」と愚痴をこぼしました。それをうのみにした私は

「そうですか。お嫁さんも関心を持ってくれるといいのにね」と答えたことが

あります。数週間後、お寺に来たおばあちゃんは得意そうに「嫁に

『住職さんも、あなたはもっとご先祖のことに関わりを持った方が

いいって言っていたわよ』って言ってやりました」と私に報告しました。

以後、お嫁さんの私に対する態度がしばらくよそよそしくなったのは

言うまでもありません。おかげで「片言極め難し」を痛感し、

片方だけの言葉で物事を判断しないよう努めるようになりました

(今回のご相談も祥子さんからの片言ですが、それを承知で

回答させていただいています)。

義両親も75歳になれば、息子からの片言を承知の上で、

「親も含めて、他人の前で女房の悪口など言うものじゃない」

「嫁の悪口を言えば、私たちが喜ぶとでも思っているの?情けない男だね」と

諭してほしいですね。しかし、義両親にそのような対応を望むのは

難しそうそうです。ご両親が育った時代、背景や高齢であることを考えると、

これまでの自分の生き方や考え方を軌道修正する勇気や気力はあまり

ないかもしれません。 そうした事情をわかろうとしてあげるだけで、

義両親へのいらだちは心の整理箱にしまわれ、心がいくらか

スッキリするでしょう。

ご主人には釘を刺し、自分の現状や希望を伝えてみること

   f:id:akicyan6041:20220317165458j:plain

次に(2)ご主人についてです。

私が祥子さんの立場なら、

ご主人に穏やかな口調で、次のように抜けない釘を刺すでしょう。

「実家へ帰って私のことを冗談にでも悪く言えば、あなたの親は自分の

子どもを守ろうと、あなたの言葉を信じて私を悪者にしたくなるでしょ。

そして、あなたは、自分が悪者に仕立てた私を、かばおうとも、

弁護しようともしない……」

「このままだと、私とあなたの両親がどんな関係になるか、私とあなたが

どうなるか、予想するのは難しくないと思うんだけど。

そして、あなたがそうなるのを望んでいるとは思いたくないんだけど……」

――こんなことを言われたら、私ならビビって、以後二度と実家で女房の

悪口は言わないでしょう。それを伝えた上で、事態の緊急性を認識していない

ご主人に、ご主人の軽いノリが原因で祥子さんの心身が不調になって

しまった現状から義両親と距離を置きたい旨を、お伝えになられた方が

いいでしょう。

スルースキルを身に付ける&会話を掘り下げないことも大切

   f:id:akicyan6041:20220317165509j:plain

最後に(3)祥子さんについてです。

私も時々、思いもしない自分の悪いうわさを聞いてショックを受けることが

あります(ご主人の話をうのみにした義両親が祥子さんに放った言葉も

それです)。

人は、他人の一面だけを見たり聞いたりして、判断を下しがちです。

自分はそうしないように努めても、他人がそうするのをやめさせることは

できません。そこで、ショックを受けないために、私は、私の一面から

どんな悪い評価がされるか3つくらい考えています。そうすれば、

悪いうわさを聞いても「そう思っている人はいるだろうと思っていました」と

軽くスルーできるようになります。

私に関してなら「本の印税をたくさんもらっているらしい」

「いつも上から目線なんだ」「偉そうなことを書いているけど、夫婦仲は

悪いらしい」と思っている人は少なくないでしょう。そのくらいの予想は

できています。

祥子さんも、そんな準備をしながら、義両親とは挨拶程度の関係で、

こちらからの一方通行の関心くらいを持っていればいいかもしれません。

一方通行の関心とは、相手にそつなく返答し、それ以上は突っ込まないと

いう意味です。 例えば、「先日は主人がごちそうさまでした」(祥子さん)、

「お袋の味はおいしいって、たくさん食べてたわよ」(義両親)、

「私も頑張ってレパートリーを増やしますね」(祥子さん)で、それ以上

掘り下げた会話はしません。「この間は旅行のお土産をありがとうございました」

「おいしかった?」「とてもおいしかったです」

レベルの言葉のキャッチボールです。「旅行はどうでした?」なんて

聞かなくてもいいのです。

「疎遠になるのは薄情かも……」なんて、心配しなくていいですよ。

心身が不調になるほどの祥子さんが、義両親と距離を取るのは

“薄情”ではなく、“大人の智恵”だと思います。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【元酒豪 今はシラフで 千鳥足(シルバー川柳)】