こんなに早く1人になるなんて?【恋愛と性】ー1

         f:id:akicyan6041:20220314171153j:plain

      【夫と死別】初めての一人暮らし体験

夫との死別の体験記である。子どもたちも大人になり、これから夫婦で

楽しく暮らしたいと思っていた矢先、夫に先立たれた女性がいる。

独りになって彼女は何を考えたのか、そしてどうやって立ち直って

いったのだろうか?

 夫は帰宅しなかった。死別に絶望した日々

   f:id:akicyan6041:20220314171203j:plain

3年前、夫に突然、先立たれたのはユミさん(58歳)だ。28歳で同い年の

男性と結婚した。夫が亡くなった当時、長男は独立しており、

長女は大学4年生だった。「いつものように朝、夫を見送ったのに

夫は帰ってこなかった。夜、病院から電話があって駆けつけたときは

意識不明でした」帰宅時、駅のホームで突然倒れたという。脳溢血だった。

5日間、生死の境をさまよった夫は、意識が戻ることなく旅立っていった。

「何が起こったのかよくわかりませんでした。夫が倒れる前日の夜、一緒に

夕食をとりながら『近いうち、旅行でもしよう』と話したばかり。

私はパートで仕事をしていますが、その仕事が15年という節目にあたり、

会社から金一封をもらったんですよ。少しですけどすごくうれしかった。

夫はそのことも褒めてくれて、『お疲れさま』ということで、旅行の話に

なったんです」友達感覚の強い夫婦だった。若い頃は派手な喧嘩もしたが、

子どもが成長するにつれ、お互いに喧嘩を避けて話し合えるように

なっていった。「30代は私もほぼ専業主婦で、家事と子育てで手いっぱい。

ストレスがたまって夫に愚痴ばかり言っていた時期もあります。

夫の浮気を疑ったこともある。だけど決定的に嫌いになるようなことは

ありませんでした。50代になってからは、二人でときどき近所の居酒屋に

行ったりして、近所では仲のいい夫婦とみられていたと思います」

これから二人だけの生活を楽しもう、もう一段、関係を深めていこうと

思っていたからこそ、ユミさんは夫がいなくなったことに耐えられなかった。

  娘が就職で家を離れ、一人暮らしになった

   f:id:akicyan6041:20220314171215j:plain

「夫が亡くなって3か月後には、娘が就職で遠方へ行くことになりました。

もう決まっていたことだから仕方がないけど、私はいきなり生まれて

初めて一人暮らしを余儀なくされた。最初は、独りでいることがつらくて

寂しくてたまりませんでした」 パートは続けていたものの、朝起きても

おはようという相手がいない。夕飯を作っても誰も食べてくれない。

それまでも独りで夕飯をとったことは多々ある。だが、その後、

娘か夫が帰宅するのが常だった。夫は遅く帰宅しても、軽く何か食べたいと

いうことがあったので、「こんな夜中に」と文句を言いつつお茶漬けなどを

用意したものだった。「そういうささいな日常が懐かしくて。

仕事の帰りなどにスーパーに寄ると、あ、これ夫が好きだったなと思い出して

つい買いそうになったり。その都度、もういないんだと思い知らされる。

それがつらかったですね」

何度、独りで泣きながら寝たことかわからない。それでもユミさんは

踏ん張って仕事だけは続けていた。仕事をなくしたら、家にこもって自分が

ダメになっていくとわかっていたからだ。

  ある日、はたと目が醒めて

   f:id:akicyan6041:20220314171226j:plain

1年ほどたったころだろうか、ある日、学生時代の友人たちと食事をした。

久しぶりに時間を忘れて楽しみ、ふと時計を見て、

「帰りの時間を気にしなくていい」ことに気付いたという。

「夫がいるときは夜遅くまで、友達と外にいるなんて考えられなかった。

うちの夫は、自分が帰宅したときに私がいないと嫌がるんです。だから休日に

出掛けることもできなかった。そのとき初めて、

あ、私はこれから自由なんだと心から思いました」

娘にそういうことをメッセージすると、これからはもっとどんどん

遊べばいいよと返信がきた。親元からそのまま結婚したユミさんにとって、

寂しかった一人暮らしが、自由そのものへと変化した瞬間だった。

「それから何をしようか、何がしたいかと考えるようになって。

やってみたかったヨガ、水泳、陶芸、手芸、楽器など、いろいろなものを

体験してみました。結局、昔やっていたピアノを再開、友人たちとバンドを

組もうと話しています。週末はスポーツジムに行ったり、独身の友人と

食事をしたり。一気に世界が広がって、新しい友だちもたくさんできました」

  時間がたつと我慢していた記憶も思い出した

   f:id:akicyan6041:20220314173236j:plain

それと同時に、結婚しているときに感じた不自由な記憶もよみがえってきた。

夫が亡くなった当初は、自分たちは仲がいいと思い込んでいたし、

夫のいいところばかりよみがってきて苦しかった。だが時間がたってみると、

少し違う感想が湧き起こってきている。

「夫は私が華やかな色の洋服を着るのを嫌っていました。だからいつも

黒とかグレーとか暗い色ばかり着ていたんです。でも最近、久しぶりに

洋服を買いに行ったら、華やかな色が着たくてたまらなかった。

思い切ってオレンジのサマーニットを買ったら、みんな褒めてくれる。

自分でも明るい気分になれる。気付かないところで、自分の気持ちを

押し込めていたんだなと改めて感じました」

だからといって、27年にわたる結婚生活を悔いてはいない。夫に恨みが

あるわけでもない。ただ、この先、独りで楽しんで生きていくことができると

自信がついたという。「独りになったらなったで、人間は楽しみを見つける

ものなんだと思います。妻に先立たれた夫は長生きしないけど、夫に

先立たれた妻は長生きするっていいますよね。たぶん、気付かないところで

夫がストレス源になっているんじゃないでしょうか。夫と老後を

楽しむことはできなくなったけど、夫の分まで長生きしてやろうと

思っています(笑)」ユミさんの明るい笑顔が印象的だった。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【いびるなら 遺言書きかえ 倍返し(シルバー川柳)】