最新肺トレ「超肺活」【美と健康】―2

         f:id:akicyan6041:20220103163734j:plain

 新型コロナウイルスの重症化を防ぐために今できること

自律神経研究の第一人者・順天堂大学医学部教授の著書『最高の体調を

引き出す超肺活』(アスコム刊)から、新型コロナウイルスの重症化を

防ぐために知っておきたい情報をまとめて紹介します。コロナ禍の今、

体を守るためにできることとは?医師が教える!最新肺トレ「超肺活」3

 風邪、インフルエンザ、新型コロナウイルスの違いは?

   f:id:akicyan6041:20220103163743j:plain

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行し始めたころ、

「コロナは風邪と同じ」「コロナはインフルエンザと同じ」というような

主張をする人が一定数いました。ウイルス感染症という意味では、「同じ」と

言えなくもありません。ワクチンが開発されたとはいえ、変異株の増加など、

新型コロナウイルスはまだまだ未知の部分がたくさんあります。

感染症や肺炎についての正しい知識を得て、正しい対策をとることが、

健康を守るためには何より重要です。

新型コロナは風邪なの?

「風邪」とは、上気道(鼻や喉)に、ウイルスや細菌が感染して

引き起こされる感染症です。風邪ウイルスの数は200種類以上あると

いわれており、どのウイルスが原因で起こったのか特定するのは困難です。

また、同じウイルスでも年々変異していくため、抗体ができても、

免疫が弱い人は繰り返し風邪をひいてしまいます。風邪を引き起こす

ウイルスのひとつに「コロナウイルス」があるため、「新型コロナは風邪」と

発言する人がいるのだと思います。しかし「新型コロナウイルス」と、

風邪を引き起こす「コロナウイルス」はまったくの別物と考えるべきです。

インフルエンザウイルスと新型コロナウイルスの違い

また、「新型コロナウイルス」と「インフルエンザウイルス」も違います。

インフルエンザは、風邪と同じく上気道に、インフルエンザウイルスが

感染して発症する感染症です。風邪は、鼻水やのどの痛みといった

上気道症状が中心なのに対して、インフルエンザは倦怠感(けんたいかん)や

筋肉痛などの全身症状が現れてきます。大多数の人は免疫力によって

自然治癒しますが、インフルエンザの怖いところは、治癒したと

思えるときに発症する二次感染の肺炎です。この肺炎は

インフルエンザウイルス自身が引き起こすものは多くありません。

インフルエンザによって気道にある線毛や粘膜層などが炎症を起こし、

防御システムが弱くなったことで、もともと上気道に存在している

肺炎球菌などが肺に感染して発症します。

インフルエンザウイルスは上気道周辺にとどまることが多いのに対して、

新型コロナウイルス」の特徴は、肺胞にまで侵入してくる点です。

そして、肺胞のまわりの壁に炎症を起こす「間質性(かんしつせい)肺炎」を

発症させます。 新型コロナウイルス自体の毒性は強くありませんが、

免疫力が弱っているとサイトカインストーム(免疫システムの暴走)を

引き起こす場合が多く、重症化してしまう人がいるのが恐ろしいところです。

「死に至る怖い病気」肺炎について知っておきたいこと

現在、日本では年間およそ9万5000人もの人が肺炎で亡くなっています

厚生労働省「2019年人口動態統計」)。コロナ禍によって、肺炎が

「死に至る怖い病気」であることを、自覚した人も多いでしょう。

肺炎とは、気管支や肺に炎症を起こし、肺の病態が著しく低下した状態を

指します。肺炎には、ウイルスや細菌が原因のもの、肺胞を包んでいる

間質という組織が炎症を起こして発症するものなど、

分類によってさまざまな種類があります。

   f:id:akicyan6041:20220103163754j:plain

肺炎の種類

肺炎と聞くと、ウイルスが肺に侵入して病態が急激に悪化するイメージが

あるかもしれませんが、現実には、慢性的な肺の衰えから「間質性肺炎」と

なって、命を落とすケースが増えています。

1年以上かけて進行する「間質性肺炎

間質性肺炎はウイルス感染などの急性の場合をのぞき、1年以上の時間を

かけてゆっくりと進行していきます。肺胞を包んでいる間質が繊維化する

(硬くなって動きが悪くなる)ことで、酸素と二酸化炭素のガス交換が

できなくなり、呼吸機能に不具合が生じてきます。

初めは階段や坂道を上るときに息切れする程度ですが、病気が進行すると、

服を脱いだり入浴したりといった日常動作で、痛みを伴う咳が出るように

なります。以前紹介したCOPD慢性閉塞性肺疾患)の人は、

間質性肺炎を発症しやすく、命を落とすケースが非常に多いです。

若いうちから肺を鍛えることで肺炎を予防する

   f:id:akicyan6041:20220103163804j:plain

肺炎は重症化すると、ガス交換を行う肺胞が次々と破壊されます。すると

脳は、不足した血中の酸素濃度を上げようと、心臓に心拍数を上げるように

命令します。若い人はそれで助かりますが、心肺機能が衰えている高齢者は、

呼吸不全や循環不全になり、亡くなってしまうのです。

肺炎で亡くなる人のほとんどは65歳以上の高齢者です。

肺炎の典型的な症状は、激しい咳や息切れ、高熱などが挙げられますが、

高齢になるほどこのようなわかりやすい症状が出にくくなります。

微熱やだるさがある程度なのに、実は肺炎が隠れていた、という人が

高齢になるほど多くなります。そのため、気付いたときには取り返しの

つかない病態になっている人も少なくありません。

肺炎にならないためには、ウイルスや細菌に負けない免疫力を高めること、

そして、呼吸力を維持して肺胞の劣化を防ぐことに尽きます。呼吸筋の

柔軟性を高め、ゆっくりと深く呼吸し、若いうちから肺の健康を維持する

よう心がけましょう。

 新型コロナの新たな脅威「ハッピー・ハイポキシア」

   f:id:akicyan6041:20220103163814j:plain

新型コロナウイルス感染症の脅威のひとつに、「ハッピー・ハイポキシア」が

あります。ハッピー・ハイポキシアは「幸せな低酸素症」と訳せます。

何が幸せかというと、新型コロナウイルス感染症の患者の中には、血中の

酸素濃度が人工呼吸器を使わなければならないほど低かったにもかかわらず、

呼吸困難などの自覚症状が見られない人がいる、という事例が

報告されているからです。

息切れなどの苦しい自覚症状がないため、「ハッピー」というわけで、

この言葉はアメリカの「ウォールストリートジャーナル紙」が命名しました。

しかし、自覚症状がなくても、血中の酸素は不足しているため、

肺炎の病態は進行し、突然、心臓発作や脳卒中などで亡くなることがあります。

つまり、実際はハッピーでもなんでもなく、医師や患者にとっては

「サイレント・ハイポキシア(静かな低酸素症)」が重症化リスクを見逃す

一因となっているのです。

低酸素なのに症状が出ないコロナ患者がいる不思議

メディアでも、新型コロナウイルス感染症の軽症者が突然重症化したり、

亡くなったりしたという報道が頻繁にされています。その一因は

「ハッピー・ハイポキシア」にあるのではないかと推測する人もいますが、

真相はまだわかりません。「ハッピー・ハイポキシア」は、

アメリカの著名な呼吸生理学の研究者であるマーチン・トビン氏らの

研究チームが、米国胸部学会の学会誌に論文を発表し、その後、次々と

臨床研究の論文が出ています。

通常、人間の血中酸素濃度は90%台後半で、80%台に低下すると生命の

危機にさらされます。しかし、今回の新型コロナウイルスでは、

60%台という医学的には絶対に生きられない数字でありながら、

息切れを起こさず生存している患者も報告されているのです。

血中酸素濃度が60%台で生存していたという報告は誤りだとも考えられますが、

「低酸素なのに症状が出ず、その後、重症化する」事例があるのは事実です。

 そもそも低酸素症にならない体づくりを

   f:id:akicyan6041:20220103163824j:plain

ここで私が言いたいのは、仮に新型コロナウイルス感染症が、

「ハッピー・ハイポキシア」のような未知の症状が現れるとしても、

恐れるに足らない、過剰な心配をする必要はない、ということです。

なぜなら、免疫力が高く、呼吸力が強く、しっかりと肺胞がガス交換をして

いれば、「そもそも低酸素症にはならない」からです。体が健康ならば、

関係のない話なのです。コロナ禍においては、これからも真偽の定かでない

さまざまな情報が飛び交うでしょう。しかし、体を守るためにできることは

「肺を鍛える」、これに尽きます。

必要以上にコロナにおびえて不安になることは、自律神経のバランスを

崩すことにつながります。やるべきことをやって、

不安になりすぎないようにしましょう。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【早送り したい女房の 愚痴小言(シルバー川柳)】