女性必見!疲れないウォーキング【美と健康】―1

        f:id:akicyan6041:20211119164507j:plain

     女性必見!

   疲れないウォーキングシューズの選び方

ウォーキングシューズとスニーカー・ランニングシューズの違いを

ご存じですか?選び方や、初心者でも疲れないサイズの測り方をはじめ、

ナイキ・ニューバランス・アシックスからおすすめのレディース向け

ウォーキングシューズをご紹介します。

   まずは基本! ウォーキングシューズとは?

   f:id:akicyan6041:20211119164518j:plain

“歩く”という日常動作の延長でもあり、歩き方によってはスポーツにもなる

ウォーキング。気軽に誰でも少ない費用で簡単に始められる運動です。

成人病予防やダイエット、健康維持、リラックスなど、さまざまな効果が

期待できます。 ウォーキングをより効果的に、より安全に続ける上では

ウォーキングシューズを使用されることをおすすめします。

ウォーキングシューズとは、その名の通り「歩くための靴」のことです。

ウォーキングシューズを履くことで、安定感のある歩行ができるように

なります。日頃歩いている距離よりも長距離を歩きたいという方や、

足にトラブルのある方、ひざ痛・腰痛といった体にトラブルがある方は、

ウォーキングシューズを履くことで体への負担を減らすこともできます。

また、長距離を歩かなくても日頃から歩くことに違和感がある方は、

ウォーキングシューズを日常使いするのも一つの手です。

歩く上での違和感が解消されるかもしれません。

では、ウォーキングシューズはどのような特徴があるのでしょうか。

選び方、おすすめの商品などをご紹介します。

    ウォーキングシューズの特徴

   f:id:akicyan6041:20211119164528j:plain

ウォーキングをするときに、ただ”歩くだけ”と思って靴底が薄いフラットな

シューズを選んでいませんか? 底の薄い靴で長距離を歩くと、足裏の筋肉や、

ひざ、骨盤、腰に対する衝撃が大きくなり、ひざ痛や腰痛につながることも

あります。ウォーキングシューズなら、靴底がしっかりしていてサポート

機能もついている上に、正しい姿勢で歩行を行うことができるように

設計されています。

特徴1:安定した靴底

ウォーキングシューズは、ウォーキングをしたときに体への負担が少なく

なるように作られています。効果的なウォーキングの方法は、

かかとが地面に着地してから、足裏全体を使って前に進み、つま先で

蹴り出すという

動作を繰り返すように歩くこと。そのため、ウォーキングシューズには

足裏全体をサポートできるものが多いです。

特徴2:耐久性のある素材

本体は、天候に左右されることなく、どこでもしっかりと歩けるように

耐久性のある素材で作られています。また、ウォーキングはかかとから

着地することが多いので、かかとが減りにくいようにラバーソールを

採用しているものが多いでしょう。

特徴3:少し重い

ウォーキングシューズはランニングシューズよりも重さがあります。

その理由は、足の振り子の原理を利用して、足が疲れたときでも

前に一歩進みやすくするためです。 また、厚底にすることにより、

安定した歩行を可能にしています。

   スニーカーとウォーキングシューズの違い

   f:id:akicyan6041:20211119164539j:plain

違い1:ファッションアイテム

ウォーキングシューズは、ウォーキング専用だったり、歩くことに

特化しています。一方、スニーカーはファッションアイテムとしての

側面が強く、ウォーキングシューズと比べて、フィット感や靴底の

クッション性などはあまり重視されていないともいえるでしょう。

違い2:素材や見た目

ファッションアイテムとしてのスニーカーは、使用される素材もさまざまです。

レザーやスエード、ニットなどが季節や用途に応じて使用されています。

また、ハイカット、ローカット、ハイテク、ローテクなどスタイルも

多種多様であり、歩きやすさよりも見た目のオシャレさが評価される

傾向にあるようです。

  ランニングシューズとウォーキングシューズの違い

   f:id:akicyan6041:20211119164554j:plain

違い1:軟らかい靴底

ランニングの場合ははねる動作が続くため、軟らかい靴底で衝撃を

吸収するように作られているものが多いです。

一方ウォーキングシューズは地面に着地してからつま先で蹴り出すまで

足裏全体を使います。そのため、足裏全体をサポートできるものが

多いのが特徴です。

違い2:メッシュ素材

ランニングをすると足にも汗をかくため、ランニングシューズは

蒸れにくいメッシュ素材を使用しています。伸縮性があるメッシュ素材は

足にフィットする効果もあり、靴ずれ予防の役割も果たしてくれます。

違い3:非常に軽い

ランニングをしたときに足にかかる負担は、ウォーキングよりも大きいため、

足に負担がなるべくかからないように、ランニングシューズはとても

軽く作られています。

   ウォーキングシューズの選び方と重要なポイント5点

   f:id:akicyan6041:20211119164605j:plain

安全に楽しくウォーキングをするためには、ウォーキングシューズを

正しく選ぶ必要があります。ウォーキング初心者の方は正しい姿勢と

歩き方を身に着けることが大切です。そのためには、サポート力が高い

ウォーキングシューズを購入しましょう。

ゆくゆくは、サポート力がない靴でも正しい着地と足裏の動きが

できるようになり、自分の足でしっかり歩けるようになることを

目指していきましょう。

選び方とポイント1:足の長さ

普段靴を選ぶ際に、その靴が何センチかを確認しますよね。

これが足長(そくちょう)サイズです。 かかとの一番出っ張っている

ところから、つま先のもっとも長い指の先までの長さを測ります。

 左右で大きさが違う方は、大きい方に合わせて選びましょう。

選び方とポイント2:足の幅

自分の足長サイズは知っているけれど、足の幅「足囲(そくい)」を

知らないという方は多くいます。 足囲とは、足の幅の中でもっとも広い部分

(親指の付け根から小指の付け根までの幅)の周囲の長さを指します。

ウォーキングシューズの心地よいフィット感には、足の長さだけではなく、

足囲の計測も重要になります。

選び方とポイント3:求める機能

ウォーキングシューズは、シーンによって機能が変わってきます。

シンプルにウォーキングをしたい方は、必要な機能をしっかり備えたもの。

普段遣いもしたいという方は、脱いだり履いたりがしやすく、

デザインがシンプルなもの。ビジネスで履きたい方は、スーツに合うような

デザインで通気性がよいのものを選ぶなど、自分が使いたい用途に合った

ウォーキングシューズを探してください。

選び方とポイント4:つま先にゆとりがあるか

歩くためにつま先を蹴り出すときに、5本の指は靴の中で大きく広がります。

足指を使って歩くためには、足指の広がりを妨げないような、つま先部分の

ゆとり(1㎝程度)が必要です。蹴り出したときに、指先のどこかが

圧迫されるような感じがあれば、もう少し大きめのサイズを選びましょう。

選び方とポイント5:かかとのフィット感

つま先部分にはゆとりが必要ですが、かかと部分は隙間があるとしっかりと

した蹴り出しができません。そのため、かかと部分がしっかりとフィットした

ものを選んでください。

選び方とポイント6:お気に入りのデザインとカラーを

2~3年前から厚生労働省主導で健康増進のために、日常生活の中でも

歩くことが推奨されるようになりました。ウォーキングシューズを

普段使いをする方も多く、フォーマルでもカジュアルでも合わせやすい

落ち着いた色みのでデザインがそろっています。ビジネス向けの

ウォーキングシューズもあるため、外回りの多い営業職の方などに

選ばれているようです。10年ほど前までは、ウォーキングシューズは

高齢者のための靴という印象が強かったかもしれませんが、最近の

ウォーキングシューズはカラフルな色みのものが増えており、

ファッション性も高くなっています。楽しく歩くためにも、ぜひ

お気に入りの一足を見つけましょう。夜に公道を歩くことが多いのであれば、

自分の身を守るためにも目立ちやすい色だと安心です。また反射板を

身に着けておくといっそう安全を確保できます。

      初心者でも疲れない!

     ウォーキングシューズのサイズの測り方

   f:id:akicyan6041:20211119164616j:plain

ウォーキングシューズを買う前に、自分の足のサイズを

しっかり把握する必要があります。ここからは、正しい足のサイズの

測り方をご紹介します。自分にぴったりのウォーキングシューズを

選ぶことで、初心者でも疲れにくく、楽しんで歩くことができますよ。

   測り方1:足長

かかとの一番出っ張っているところから、最も長い足指(親指や人差し指など

個人によって異なります)の先端の長さを測りましょう。このときに

気を付けたいのが、いすに座った状態で測るのではなく、体重がかかった

状態の足を測ることです。簡単に足の長さを測る方法があります。

紙の上に立って、ペンでなぞり足の型を取り、その足型を定規やメジャーで

測ります。また、左右の足のサイズは異なるので、必ず両足を測りましょう。

大きかった足のサイズを参考にして、靴選びを行います。必要があれば、

小さい足のサイズの靴にはインソールを入れて調整するといいでしょう。

   測り方2:足囲(ワイズ)

親指の付け根と小指の付け根にメジャーを一周させます。メジャーがない

場合は紐などを一周させ、それを定規で測りましょう。

   測り方3:サイズ表で確認

   f:id:akicyan6041:20211119164628j:plain

     🔘 JIS規格の靴のサイズ表​​​​​

足長と足囲を計測したら、JIS規格の靴のサイズ表で正しいサイズを

確認することができます。

どれくらいの余裕があるべき?

ウォーキングをする上で大切なことは、地面から足が離れるときに足指の

力を使ってしっかり蹴り出すことです。この動作の中、シューズの中で

足指は5~6mm前後動いています。

この動きを妨げないように、つま先に約1cmほど余裕のある

ウォーキングシューズを選ぶ必要があります。この隙間は「捨て寸」と

呼ばれ、特にウォーキングシューズを選ぶ上では重要になります。

   ウォーキングシューズに合わせる靴下

   f:id:akicyan6041:20211119164643j:plain

ウォーキングをするときの靴下は、ぜひ5本指ソックスにしましょう。

効果的なウォーキングをするためには、足裏全体&足指の力を使って

しっかり蹴るという動きをする必要があり、そのためには靴下は

5本指ソックスの方がいいです。それに加えてアーチをしっかりサポートし、

かかとをホールドするような機能のある靴下があれば、

それを使うといいでしょう。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【なれそめを 初めてきいた 通夜の晩(シルバー川柳)】