京都と滋賀を巡る「カルチャー編(旅行)」―2

      f:id:akicyan6041:20211030165655j:plain

           染まり始めた紅葉と美食、

                        そして「和バラ」を楽しむ

誰もが魅了される秋の京都。見事な「紅葉」の名所と合わせて、

美しい「和バラ」を見に行きませんか? 京都と滋賀の雅な庭と花に

触れる旅を、老舗花屋の第一園芸がご紹介します。

紅葉が美しく見える条件

紅葉が美しく見えるためには3つのポイントがあります。

1つ目は日中の天気がいいこと。2つ目は適度に雨や湿り気がある場所で

あること、そして3つ目は昼夜の寒暖の差があること。

京都の紅葉が美しいのはこういった条件を兼ね備えている場所が

多いからと言えます。また、ひとくちに紅葉といっても、本来は赤く色づく

葉を「紅葉」と呼び、黄色く色づいた葉は「黄葉(おうよう)」、

褐色になった葉は「褐葉(かつよう)」と表現しますが、こういったものの

総称が一般的には「紅葉」と呼ばれています。 紅葉の基礎知識を

覚えたところで、ため息がもれるほど美しい、京都の紅葉スポットを

ご紹介していきます。

ひと足早い紅葉を探して。京都の紅葉の名所

  f:id:akicyan6041:20211030165705j:plain

ひと足早い紅葉を探すなら、京都の奥山まで足を延ばしてみませんか?

出町柳駅から1日に3本出ているバスで1時間半とさらに徒歩2キロ、

車なら川床で有名な貴船から、北山杉に囲まれた山道を1時間ほど走った

場所に位置するのが、「花脊の里」。山里、という言葉がぴったりな

この場所は、京都市内より約ひと月ほど早く木々が色づきはじめる場所です。

ここまで足を延ばしたら、「美山荘」で摘草料理の優雅なランチは

いかがでしょう?  美山荘は立原正秋白洲正子など多くの文化人から

愛された名料理旅館であり、「NHKきょうの料理」でもおなじみの

料理研究家・大原千鶴さんのご実家。宿泊せずとも、摘草料理の名の通り、

摘み取った季節の草花や旬の野菜を取り入れた、美しく、おいしい懐石料理が

いただけます。

江戸琳派の趣を感じる庭

  f:id:akicyan6041:20211030165715j:plain

                🔘 妙顕寺 

続いて向かうのは、京都市内の「妙顕寺(みょうけんじ)」です。

こちらは江戸琳派の絵師、尾形光琳が描いた「紅白梅図」を元に作られたと

伝えられる「光琳曲水の庭」を拝観することができます。

紅葉はもちろん、青紅葉でも美しい庭園です。

 小堀遠州好みの庭と狩野派由来の襖絵を堪能

  f:id:akicyan6041:20211030165726j:plain

            🔘 曼殊院門跡

まだ時間に余裕があれば、妙顕寺から車で20分ほどの場所にある

曼殊院門跡」へ。こちらの枯山水庭園は江戸の大茶人、小堀遠州

由来するといわれる名庭園です。紅葉の季節はライトアップも。

狩野永徳が描いた、重要文化財の襖絵も見逃せません。

 滋賀屈指の紅葉の名所へ

   f:id:akicyan6041:20211030165737j:plain

                    🔘 日吉大社

二日目は滋賀方面へ。滋賀は京都から電車でも車でもアクセスが

しやすい街です。朝、京都市内を出発し、滋賀の紅葉の名所「日吉大社」に

向かいます。3000本のモミジやカエデがあるこちらは、例年11月初旬から

色づきはじめ、20日以降が紅葉のピークです。

  秋の里山で楽しむおいしいランチ

  f:id:akicyan6041:20211030165746j:plain

          🔘 叶匠寿庵 寿長生の郷

この日のランチは和菓子の名店、叶匠寿庵が営む「寿長生(すない)の郷」。

「梅窓庵」では、地元・近江の食材を使った和食を、「野坐」では

焼きたてパンのおいしいランチを楽しめます。

もちろんランチの前後は懐かしい光景が広がる里山の散策を。早春は梅、

春は桜……季節ごとに野の花が咲き誇る、美しい場所です。お食事以外にも

お茶席があり、ここだけで味わえる生菓子とともにお抹茶がいただけます。

 唯一無二の「WABARA(和バラ)」と過ごすティータイム

  f:id:akicyan6041:20211030165757j:plain

この旅の最後は「WABARA」という、和の趣を持つオリジナル品種のバラを

発表されている、バラ育種家・國枝啓司さんの「ローズファーム ケイジ」を

訪ねます。

  f:id:akicyan6041:20211030165809j:plain

WABARAとは國枝さんが考える、新しい価値観のバラの代名詞です。

ヨーロッパで発達したバラは、茎が太く、がっしりとした花が良質と

されてきましたが、そういった花の真逆である、華奢で繊細な雰囲気を持つ

バラに和の趣を見出し、育種したのが「WABARA」なのです。

次々と発表されるバラには「美咲」「友禅」「かおりかざり」といった

日本語の名前が付けられています。

  f:id:akicyan6041:20211030165825j:plain

写真は、バラを育種するハウス内で切りたての「美咲」。ロゼット咲きと

呼ばれる、花びらの数が多く、放射線状に平たく咲く花型で、

細くしなやかな茎が可憐な印象のバラです。香りも素晴らしく、甘く濃厚な

バラらしい香りがします。こちらはバラの農場であるため、通常は非公開の場所。

そのためフリーで訪ねるのであれば、守山駅近くでローズファーム ケイジが

運営している「WABARA Café」で素敵なティータイムはいかがでしょう。

「WABARA」に囲まれた中でのティータイムは特別な思い出に。

なんとこちらではワンオーダーごとに一輪の「WABARA」を

プレゼントしていただけます。

 京都と滋賀 雅な景色と美食を楽しむモデルコース

京都の奥山~市内~滋賀の各地を効率よく巡るのは、やはり車がおすすめです。

運転はちょっと……という方は、こんなツアーはいかがでしょうか。

1日目 京都駅→バスで美山荘(ランチ)→

バスで妙顕寺→バスと電車で曼殊院門跡→京都市内泊

2日目 京都市内→電車で日吉大社→叶匠寿庵 寿長生の郷(ランチ)→

電車でWABARA Café→京都駅

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

  f:id:akicyan6041:20211030165837j:plain

       🔘  西明寺

滋賀県に生まれたかずこから・・・(笑)

秋の滋賀県と言えば「湖東三山(西明寺百済寺金剛輪寺)紅葉の絶景の

スポットです。今から30数年前に会社のお友達と2人で琵琶湖大橋を渡って

雄琴温泉に泊まって永源寺から信楽焼を廻って西明寺へ・・・

西明寺のお寺から車で10分ほどの所に姪っ子のお家が有って・・・

和子   「もしもし・・・・

姪っ子  「か~こちゃん、どうしたの?声が近いけど何処におるん?(居る)

和子   「今ね、お友達とツアーで旅行に来て西明寺に居るの?

      おかあちゃん死んじゃって~孤児に成ってホームシックに

      成ったから???((^▽^笑) ) 

姪っ子  「ま~そんな近くに居るんやったら寄って来いな~?

和子   「うん、でも~ツアーで来たからこのまま横浜に帰るね?

と言って懐かしい姪っ子の声を聞いて横浜に帰りました。

 

その年の暮れに和子の大好きな兄ちゃん(次男)からお歳暮にお米とか

野菜など・・・大きな荷物が届き、その包装してある大きなハトロン紙

(茶色い紙)に太いマジックで・・・

「兄ちゃんの眼の黒い内は遠慮せんと何時でも帰って来い」と・・・

西明寺にツアーで行って姪っ子の電話をして「おかあちゃん死んじゃって~

孤児に成ってホームシックに成ったから???」何て冗談に言ったのに・・・

やっぱり兄妹・甥・姪っ子は和子の事を心配して呉れて居ると思ったら

複雑な心境に成って涙した事も・・・((^▽^笑) ) 

【味の無い 煮ものも嫁の おもいやり(シルバー川柳)】