それは違うんじゃない???

                       f:id:akicyan6041:20211008180323j:plain

     《和子は又々こんな記事を見た~》

💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦

     眞子さま結婚問題に下重暁子氏「崩壊した

                      『家制度』を皇族にだけ求める愚かさ」

 何より素晴らしいのは、皇室の中にいた眞子さまが大学で

小室さんと知り合い、「恋」を知ったということ。本当に心から

愛する人と出会えたのは幸せなことです。

 互いを愛する気持ちを、30歳になるまでずっと守り続けた

お二人は立派です。心から拍手を送りたいですね。 結婚となると、

どうしても昔ながらの「家制度」が入りがちです。しかし、現代は

世界的にも婚姻の価値観がどんどん変わっています。日本でも

家制度は崩れかけているし、今後は夫婦別姓が制度化され

同性婚も当たり前になるはずです。そんな時代に、旧態依然の

家制度を皇室に、しかもこれから民間に出ていく方に強いるのは、

愚かなことではないでしょうか。 むしろ眞子さまと小室さんの

一件は、日本の結婚が変わりつつあることの象徴として

受け止めるべきだと私は思います。

 そもそも小室さんの母親の金銭トラブルは、母親と婚約者の

問題であり、小室さん本人とはなんら関係ありません。それに

収入が少なかったり、経済基盤が整わないまま結婚するケースは

世の中ザラにある。そんななかで、小室さんの「家」の資質を

問い、皇室の女性と結婚するのにふさわしくないとの反発は

時代遅れも甚だしく、ナンセンスです。どこを突いても何も出ない

清廉潔白な家など、あるはずがない。 私は2015年に出版した

『家族という病』(幻冬舎新書)で、「家族だからわかりあえる」という

考えは幻想にすぎないと指摘すると、多くの人が「よくぞ書いて

くれた」と共感してくれました。 あの本がなぜベストセラーに

なったか。それは、どの家庭もみな「家族の問題」を抱えているからです。

親子兄弟みんな仲良くて、幸せなんてことがどこにあるでしょうか。

皇族も、その結婚相手も、誰もが等しく家族という難題を乗り越えて

生きているのです。 皇室が「国民の象徴」であるならば、我々と同じように

家族の問題を乗り越えて結ばれようとしているお二人を祝福するのは、

至極当たり前の話なのではないでしょうか。結婚一時金も

辞退されるようですし、国民から非難されるいわれはない。

もっとも結婚してハッピーエンドではありません。どこの家庭も

結婚後は金銭面や精神面など様々な苦労がある。 眞子さま

小室さんは全く違う環境で育ったから、結婚後もこれまで以上の

難題があるはずです。今後、眞子さまもまた、家族の問題を

抱えることもあるでしょう。それでも、自分たちが選んだ結婚で

あるならば、自分たちが責任を持てばいい。 長く試練の期間を

過ごしてきたお二人には、そのエネルギーや覚悟が

できていることでしょう。 私たちはただ、お二人を遠くから

静かに見守れば良いのです。

💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦

      f:id:akicyan6041:20211008181004j:plain

和子はこの記事を見て「それは違うんじゃない???」

と思います。と言うのは確かに今のこの時代は若い2人が

愛し合い結婚する事に親の意見は通らないご時世です。だから

「眞子さんと小室さんも長年愛し合って来たのだから周りが

とやかく言う必要は無いし、言えば眞子さんと小室さんは迷惑

して居るかも知れない。ですが・・・一般家庭の若い2人が

共に愛し合い「彼女と結婚する・彼と結婚する」と言っても

双方の両親が共に会食をして双方の両親が納得の上で結婚します。

 

現在はこの様なご時世ですが、美智子上皇様初め、雅子皇后様の様に

立派なご自宅で生まれ育った小室圭さんなら国民の皆さんが

歓迎をして黒田清子様同様にご結婚されるでしょう?ですが

眞子さんは一般人とは生活環境が違い過ぎます。婚約内定から

4年経った今、久々に帰って来て国民を驚かせるスタイル・・・

💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦

 

        f:id:akicyan6041:20211008180449j:plain

皇室より恐ろしい解決金の“出所”

 伴侶となる人と一緒に両親に挨拶することもなく、眞子さま

室を離れようとされている。だが、仮に秋篠宮さまが小室さんと

会われることがあるとしたら、どんなときだろうか。 「それは、秋篠宮さまが

小室さんに、“あなたの背後にいるのは誰なのか”と詰問されるときではないでしょか。

小室さんを動かす“黒幕”は誰か、宮内庁内でもそこに神経質になっている人は

少なくない」(前出・皇室関係者)  宮内庁がここまで小室さんの「背後」の

存在に過敏になるのには理由がある。 「小室さんは結婚後、アメリカで眞子さま

暮らす予定です。ですが、社会人経験のない眞子さまの海外生活というのは、

宮内庁としては不安ばかりです。ですから宮内庁は、現地での生活を何らかの形で

サポートすると、小室さんに申し出ていたようです。ところが、小室さんは、

“放っておいてください”という態度だそうです」(前出・皇室関係者)  

宮内庁のサポートがなくても大丈夫なのは、ほかに頼れる“あて”があるからだと

みる関係者は多い。 「秋篠宮さまも宮内庁も、小室さんのそうした反応から、

“小室さんをサポートする存在が必ずいる”と懸念を示すようになったそうです。

ただ、その存在について小室さんに聞こうとも、“お話ししたくない”の一点張り。

“そんな人はいません”と否定しないあたりが、暗にその存在を肯定しているようで

恐ろしいのです」(前出・皇室関係者)  小室さんは4月、母・佳代さんの

元婚約者Aさんに解決金を支払う意向を示した。では、その解決金は誰が

用立てるのか。長期にわたって小室家の代理人を務め、宮内庁やメディアの

窓口を担ってきた弁護士への報酬は誰が出しているのか。400万円の借金を

返済しなかったことでトラブルとなったはずの小室家が、自力でそうしたお金を

賄えるとは考えづらい。 「もし、誰かしらから金銭的なサポートを

受けているのだとしたら、小室さんはその相手に“借り”を作ることにもなります。

すると、結婚後は眞子さまがその借りを返さなければいけない状況に陥ることは

ないでしょうか。その“借り”を材料に眞子さまが利用されるようなことがあっては

なりません」(前出・皇室関係者) 

金銭トラブルを巡って、Aさん側は一貫して、佳代さんとの話し合いを求めてきた。

しかし、佳代さん側が「心身の著しい不調」を理由にそれを拒否、今後は佳代さんに

代わって小室さんが話し合いの席に着くよう調整中だという。 「これまでずっと

Aさんは佳代さんとの面会を求め、佳代さんから説明を受けられるなら手紙でもいいと

譲歩したこともありました。それが突然、代わりに圭さんとは……。Aさんは、

この問題に圭さんを巻き込まないようにしてきました。ですが、佳代さんが圭さんを

巻き込んだのも同然です」(Aさんの代理人)  さらに、Aさんの知人は

こんなことも漏らした。 「これは果たして小室家側の発案なのでしょうか。

何か得体の知れない、不気味な存在が後ろにいるのではないかと勘ぐってしまいます」

 Aさんの立場からすれば、嫌な心配が浮かぶ状況だ。 「小室さんが示してきた

解決金の“出所”はどこなのか。“皇室マネー”だとしても問題ですが、もっと

得体の知れない怪しい人たちのお金だったとしたら──そのお金を受け取って

いいのか判断できないと、悩んでいるかもしれません」(前出・皇室関係者)

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【老人の 記憶を試す 特別便(シルバー川柳)】