短い季節を楽しむ庭づくり【住まいと庭】―2

 

    f:id:akicyan6041:20210728163500j:plain

      初夏の庭の、ブルーや紫の花たち

初夏に咲くブルーや紫の花は多くて、しかも手間いらずで毎年咲く

優等生がいっぱい!

存在感のある、アガパンサス

      f:id:akicyan6041:20210728163552j:plain

6月になると花穂が一斉に上がり、包んでいた苞から花火のようにブルーの

細長い花が咲き出します。高さ1mほどの高さで花が咲き、存在感があるのに

手間いらず……本当によくできた花です。

イングリッシュラベンダーは、ドライにも

     f:id:akicyan6041:20210728163641j:plain
花茎がお日さまに向かって長く伸び、淡い色合いで咲きます。乾燥を

好むので、夏の過湿は禁物です。夏の蒸し暑さに弱いイングリッシュ

ラベンダーですが、ドライにするには一番きれいにできて

香りもいいと思います。

        f:id:akicyan6041:20210728163726j:plain
いつもリボンでキュッと結んで吊り下げますが、それだけでいい香り……

その他の、涼しげな紫やブルーの花たち

    f:id:akicyan6041:20210728163842j:plain
左/ユウギリソウ、中/イソトマ、右/プルンバーゴ

涼しげなブルーのプルンバーゴや一年草のイソトマは真夏でも

よく咲いてくれます。

種類の多いサルビアもおすすめ!

   f:id:akicyan6041:20210728163928j:plain
左/メドーセージ、中/サルビア・ファリナセア、右/サルビア

ネモローサ カラドン

サルビアはほとんどが宿根草で、蒸し暑い夏でもよく咲くとても丈夫な花です。

メドーセージは1mほどの高さで群れて咲くので迫力があります。

何もない夏の我庭の主役になります。この花、茎とガクが黒くてシックな

感じですが、いつ見ても怪獣が口を開けてるようにしか見えないのは

私だけ……‽(笑)

クレマチスは、秋まで楽しめる

クレマチスにもブルーや紫色の種類は多く、切り戻すと秋まで楽しめます。

     f:id:akicyan6041:20210728164007j:plain

ブルーのアラベラ

    f:id:akicyan6041:20210728164044j:plain

濃い紫のアフロディテ・エレガフミナ

 私の庭に欠かせない、カラーリーフたち

アメリハナズオウは一年通して美しい

   f:id:akicyan6041:20210728164126j:plain
バラが終わると待っていたように、アメリハナズオウの葉っぱが展開してきます。

その黄緑色のグラデーションの美しさには見惚れます。

春先には小さなピンクの花を咲かせ、秋になると黄色く色付き落葉していきます。

1年を通して本当に美しい色合いを楽しめるおすすめの樹木です。

鮮やかな世界を作る、カンナ

  f:id:akicyan6041:20210728164222j:plain
初夏の白い花を引き立ててくれるのが、カンナのベンガルタイガー

(黄緑色)とダーバン(赤い葉)です。

このカンナ、花は普通にオレンジ色ですが、葉のスジスジの模様を

見ると芸術的な美しさ……といつも思ってしまいます。この2つは

隣り同士で植えるとより引き立て合って、鮮やかな世界を作ります。

そして きれいなだけでなくお隣のお役にも立っています。

横に植えているユリにとっては、夏は日当たりがよすぎて過酷な場所に

なりますが、カンナの大きな葉っぱが直射日光を防いで地温が上がるのを

防いでくれているのです。夏になるとダーバンは少し葉焼けしますが、

葉を楽しみたい方にはおすすめの植物です。

緑のグラデが美しい、ホスタ

    f:id:akicyan6041:20210728164335j:plain

雨で鮮やかなホスタ ジューン

ホスタは多年草で、春になると毎年美しい葉が広がります。緑色といっても

いろんな色……黄緑や青緑 灰緑などや、ツヤのあるものないもの……

それぞれが個性的で、まるで絵の具で描いたような葉っぱもあります。

小型のものから、大型だと直径1m以上になるものもあります。色合いや

質感などさまざまで、私はホスタが大好きです。 

     f:id:akicyan6041:20210728164427j:plain

ところがホスタは夏の日差しに弱いものが多く、木陰など半日陰に

置くのが一番なので、移動できるようにほとんど鉢で育てています。

でも移動できないホスタも多くて、この時期は庭にパラソルを立てます。
庭作業する私は日焼けしてるのに、ホスタは日から守る……のです💦💦 

子を思う親の気持ち……(笑)

このホスタたち、秋になると黄金色に輝きながら1年を終えます。

私はいつか、カラーリーフだけの庭を作りたい……と思うほどです。

 真夏の8月に向けての庭仕事

     f:id:akicyan6041:20210728164519j:plain
アブラハムダービーの二番花とアナベル

7月、バラは花が終わると新しいシュートが出て葉が繁り、来年に向けて

動き始めます。花がらを摘んで肥料をあげますが、そのときちょっと土を

耕して、堆肥も足してあげることも大事です。

5月の花後、新芽が伸びてバラはまた花が咲きますが、その二番花も楽しみ!

 でも梅雨や蒸し暑い夏を元気に乗り切るためにも、風通しを良くしたり、

株元を整理したり、害虫対策をしたり……その他にも一年草の種を取ったり、

暑さに弱いものを移動したり……。庭は大忙し!! あっという間に

真夏がやってきます。

     f:id:akicyan6041:20210728164610j:plain
8月になると、庭は暑さや湿気に耐えじっと我慢! ちょっとスダレで

直射日光を防いだり、マルチングして地温を上がりにくくしたり……

暑さ対策をしています。白やブルーの爽やかな景色はあっという間に

過ぎていきますが、庭仕事が忙しい中、その色合いを楽しむのが 庭での

ブレイクタイム!

夏の間は私もじっと我慢……いえいえ楽しい夏休み、です(笑)

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

家事おぼえ 妻の手抜きが 見えてくる(シルバー川柳)】