短い季節を楽しむ・庭づくり【住まいと庭】―1


     f:id:akicyan6041:20210727173057j:plain

白とブルーの花たちが主役の、初夏の庭

作品「カラーⅡ

    f:id:akicyan6041:20210727173126j:plain
6月になると、庭にはカラーが咲き始めます。派手ではありませんが

とても魅力的な花……。緑の茎から白い花の部分にかけてのフォルムが

とても美しく、私の大好きな花です。 

     f:id:akicyan6041:20210727173235j:plain
シンプルだけど微妙な色合いやラインを表現したくてカラーをモチーフに

何作も作っていますが これは染めた布に綿を入れてふんわり仕上げました。

オーガンジーやチュールも使っています。

 初夏の庭の、白い花たち

f:id:akicyan6041:20210727173316j:plain
バラの華やかな色合いで覆われたにぎやかな庭も、季節が進むと初夏の

みずみずしい新緑と白やブルーが中心の落ち着いた色彩に変わっていきます。

今回は、初夏の美しいカラーリーフや、白やブルーの爽やかな色合いの花を

ご紹介します。

アナベルは初夏の庭に欠かせない

f:id:akicyan6041:20210727173401j:plain

初夏の花でとても重宝するのが、あじさいのアナベルです。アナベルは、

小さな花が集まりボールのように咲いて、頭くらいの大きさにもなります。

ふんわりと優しい、とても存在感のある花……。

ライムグリーンから咲き進むと真っ白へ、そしてまたライムグリーンに

変化していくそのグラデーションは 本当にきれい……長く楽しめます。

     f:id:akicyan6041:20210727173500j:plain
アナベルは庭の4か所に植えていて、大きな株に育っているので毎年

ご近所や友人たちに配っています。

みんなが大好きな花……冬に肥料をパラパラと蒔き、土や堆肥を被せるだけと、

ほとんど手間いらずで翌年もよく咲いてくれます。

また、他のあじさいと違って新しい枝に新芽ができるので、いつ剪定しても

春には咲いてくれます。なので、冬に高さ調節のために切れるので助かります。

     f:id:akicyan6041:20210727173551j:plain
切って、たっぷり生けたり……

     f:id:akicyan6041:20210727173646j:plain
簡単にドライにできるので、リースを作って楽しみます。  

お庭に一株あれば、いろいろ楽しめて重宝する、おすすめのあじさいです。

見飽きることがない、カラー

      f:id:akicyan6041:20210727173725j:plain
カラーは日陰でも育ちますが、やはり日当たりのいい場所では地下茎が

増えてどんどん大きくなっていきます。大きな葉が重なり合い個性的な花、

そして手間いらず。でも、強い日差しで葉焼けすることがあります。

黄色いボールのような花は、クラスぺディアのゴールドスティック。

ドライにもできる楽しい花で、アクセントになります。

     f:id:akicyan6041:20210727173754j:plain
カラーは作品のモチーフに使うのでよくスケッチしますが、クルッと

巻きながら上がってくるつぼみのエッジの効いたスタイルや、

それがほどけて開いていく様子は見ていて飽きません。

香りがまた最高な、ユリ

     f:id:akicyan6041:20210727173843j:plain
オリエンタルリリーです。ユリは秋に球根を植え付けますが、

3年以上たつと植え替えるようにしています。白いユリが引き立つよう 

いつも鮮やかな葉のカンナの横に植えて、色合いを楽しんでいます。

ユリが咲き出すと香りが庭中に広がって、思わず深呼吸するほど

気持ちがいい……季節を感じさせる花です。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

     【あれはそこ それはあそこに ちゃんとある

                                                   (シルバー川柳)】