音に出す言葉の力#1【生きるヒント】―3・・・


  f:id:akicyan6041:20210617163334j:plain

 有る作家・が少年刑務所で見つけた言葉の可能性

有る作家の彼女は、2007年から9年間、奈良少年刑務所の少年たち

186人に「絵本と詩の教室」を行ってきました。教育者でもなく

刑務所関係者でもない彼女が、なぜそんな経験をすることになり、

そこで何が起きたのか???

彼女が奈良少年刑務所に通うようになったきっかけ

  f:id:akicyan6041:20210617163400j:plain

実にひょんな出合いでした。

2006年、神奈川から奈良に越してきて間もない頃、夫と二人あちこち

自転車を走らせていたときに見た、赤レンガの壮麗な建物。それが

奈良少年刑務所で、近代建築ファンの私はひと目で魅せられました。

でも中には絶対入れない……そう思っていたら、2か月後、年に一度の

「矯正展」が開かれるといいます。刑務所製品や作品を一般に向けて販売・

展示する会だと知って、さっそく出掛けました。 体育館に展示された絵や

陶芸作品、詩、俳句はどれも繊細な出来栄えで、「振り返りまた振り返る

遠花火/夏祭り胸の高まり懐かしむ」という句に私は立ち止まって

しまいました。 しかし、これを書いた子も、何か重い罪を犯したのです。

戸惑いながらも私は思わず、そこにいた刑務所の教官に「こうした句を、

彼らに声に出して読んでもらってください。きっといい効果があります」と

話しました。 私は絵本や詩を書きます。長い間ラジオに、朗読するための

詩を書いていたこともあり「言葉は文字ではない、音だ」という実感を

強く持っていました。ただ活字を見るだけでなく、声に出すと、その音が

新しい意味を持つ――そう思って言ったひと言が、私の人生を変えることに

なるとは思いもしませんでした。

刑務所の教育プログラムの講師に抜擢

10か月ほどたったある日、刑務所から「社会性涵養(かんよう)

プログラム」なる新しい教育プログラムにおける言葉の講座の講師に

なってほしいという依頼が来たのです。月に1回を6か月。仰天しました。

朗読のワークショップの経験はありましたが、いったい何をどのように

教えればいいのか。しかも相手は殺人、放火、レイプ、覚せい剤……

といった重い罪を犯した17歳から25歳までの男子です。

尻込みする私を説得したのは、電話をかけてきた教育統括担当の方の

「この子たちに美しい言葉を、寄せては返す波のように聞かせて

あげたいのです」というひと言でした。

涵養(かんよう)という言葉は耳慣れないですが「水が染みこむように

育てていく」という意味で、社会になじむことが困難なタイプの子、

軽度の知的障害や精神疾患を抱えている子に、会話や絵画、言葉を通して

内面を豊かにしようという教育プログラムなのだそうです。

マニュアルはないのですか? と聞くと、「先生のお心のままにどうぞ」。

余計に面食らいましたが、とにかく一人で行くことが怖かったので、

夫と一緒なら、という条件で承諾しました。

初めての授業で見えた、子どもたちの変化

    f:id:akicyan6041:20210617163421j:plain

初めての授業は8人の少年に、私と夫、刑務所の教官が2人、

そして教育統括担当の方が参加しました。ふんぞり返っている子、

目が宙を泳いでいる子……正直「無理! 交流不能だ!」と思いました。

でも引き返すわけにもいきません。私が用意した題材は自分が書いた絵本

『おおかみのこがはしってきて』でした。「絵本なんて女子どもの読むもんだ」

「馬鹿にしてんのか」と彼らが思わないように、絵本は大人だって読むと

いうこと、絵本を作るのは小説を書くより難しい場合もあるということ、

みなさんがいずれ社会に戻って父親になったとき、子どもに絵本を読んで

あげられるお父さんになってほしいということを一生懸命伝えました。

この絵本はアイヌのお父さんとその息子の対話でできています。

アイヌの民話を元にしたお話で、この世で一番偉いのは何か

――おおかみなのか、氷なのか、お日さまなのか、人間なのか、何なのか、

子どもの質問にお父さんが答える形で話が進みます。

この対話を少年たちに朗読してもらいました。小道具として、アイヌ風の

鉢巻きやはんてん、付けひげも用意しました。教官に促されて

トップバッターを務めてくれた少年2人は緊張してカチコチ。

聞いている方も2人に感情移入してハラハラ。だから2人が最後まで

読み切ると、「よかった! すごい!」と教官も少年も一斉に拍手喝采です。

演じた2人はきょとんとしていました。本を読んだだけで、こんなに

みんなが心からの拍手をしてくれる。そんな経験は、彼らは生まれて

初めてなのです。そして全員の表情が変わってきました。

後に教官に伺うと、刑務所の少年たちは、子どもの頃からろくに学校に

行けず、学芸会にも参加したことがない子が大半だそうです。親から

罵倒され、否定され続けてきた子も多い。そんな彼らが、言葉を声に出す

ことで、みんなに真剣に耳を傾けてもらえた。それで彼らの中に、

自己肯定感が芽生え、教室の雰囲気ががらりと変わったのです。

こんなにうまく行くなんて――ビギナーズラックかしらとも思いました。

でも、私はその後9年間、186人の少年たちと向き合いましたが、

この授業をして、一人として変わらない子はいませんでした。最初の授業は、

この朗読を順繰りにやってもらうだけ。いかつい少年が、子ども役を

やりたい、と志願してくれたことがありました。お父さん役は、きゃしゃで

細身の少年。逆じゃないかなと思いつつ演じてもらうと、強面の少年は

大柄な体を小さくしてかわいらしい声を、きゃしゃな少年は精いっぱい

低い太い声を出すのです。みんな、あっけにとられました。でもすごくよかった。

きゃしゃな少年はお父さん役を堂々と演じ切ったことで自信が

生まれたのか、晴れ晴れとしていました。強面の少年は――授業後、

刑務所の教官が私に言いました。「彼にやらせてもらえてよかった。

あの子は小さいときから大変な成育環境で、親に甘えられるような

家庭ではなかったんです」と。彼は後でこっそり教官に「先生、僕、

先生にお父さんをやってほしかったな」と言ったそうです。

自己表現をしても誰からも傷つけられない 

    f:id:akicyan6041:20210617163446j:plain

2回目の授業では『どんぐりたいかい』という絵本を題材にしました。

6人のいろんなどんぐりが集まって、誰が一番偉いかを競う、という

コメディで、最後みんなで根性を競い合ってぐるぐる回って、回り過ぎて

ぱたんと倒れて「つづきはまたらいねん!」でおしまい。

今度は集団劇です。コミュニケーションが苦手な彼らは、声をそろえる

シーンでもなかなかタイミングが合いません。でも、上手に演じることが

目的ではないのですから構いません。自由にくるくる回って、

言葉を声に出せれば、それでいい。やっぱり「言葉は音」なんです。

文字を黙読するだけなら、そこで完結してしまいます。でも彼らは、

同じ絵本でも読み手が変わると、全然違うものになることを実感し、

言葉を音に返すことで自分を表現できる、と気付きました。

また、これまで自分の考えを言うと、ぶん殴られたり、罵詈雑言を

浴びせられたりしてきた子たちが、自己表現しても誰からも

傷つけられないことに気付いたのです。 私は、なぜ彼女が

「夫も参加させてほしい」という私の願いを快諾してくれたのか、

その理由を後で知りました。授業中、私と夫は、それぞれ自分の思いを

語りました。違う見解でも、夫は私に腹を立てたり、殴って言うことを

聞かせたりしません。多くの少年たちにとって、それは初めて見る対等な

男女関係だったのです。そういう多様性を彼らに見せられてよかった、

彼女はそうおっしゃいました。

💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

【老妻が ホームで宣言 主婦卒業(シルバー川柳)】