【素朴な疑問―12】―暮らし編・・・


      f:id:akicyan6041:20210311164945j:plain

      生活費を節約して貯金しよう!

「貯金してるはずなのに気付くとお金がない」そんな人も多いよう。そこで、

お金が貯まる人・貯まらない人の特徴をチェック。貯金の方法や家計簿の

つけ方、生活費の節約など、お金が貯まる人になるためにできること、

生活習慣や暮らし方を解説します。

         お金が貯まる人vs貯まらない人の違いは何?

                                             お金が貯まる人の特徴・暮らし方

        f:id:akicyan6041:20210311165004j:plain

「お金持ちになるかどうかは家系や周りの環境次第だ!」と思っている人は、

ちょっと待ってください。実は、お金が貯まる人には、共通点があるんです。

生活習慣や性格などお金が貯まる人の特徴を知って、日々の暮らし方を

見直すだけでも、お金がない今の状況から脱出する手掛かりになるはず! 

早速チェックしていきましょう。

収入・支出を把握してお金を管理する

まず第一に、お金が貯まる人は、自分の収入・支出を把握しています。

お金が足りないときには、「お金を使い過ぎていないか」「何にどれくらい

使ったのか」などを考えますし、反対に使えるお金が増えた場合は、

「なぜ増えたのか」を分析できるため、お金を管理できる人=お金を

貯めやすい人といえるでしょう。 収入・支出を把握するために家計簿を

つけるなど、家計をしっかり管理することも、お金が貯まる人の

特徴の一つです。重要なのは毎月続けること。自分なりのやり方で、

必要以上に労力をかけずに収入・支出を把握している、というのがポイントです。

最近ではレシートを撮影するだけで家計管理ができるスマホアプリも

あるので、生活費の節約にぜひ活用しましょう。

毎月きちんと貯金する

2つ目のお金が貯まる人の特徴は、毎月貯金していること。

貯蓄には2つのコツがあります。

・毎月の収入があった時点で、先に貯蓄に回すこと
・毎月生活に困らない、無理のない額を貯蓄していること

例えば毎月5万円ずつ貯金するとしましょう。すると、1年間で60万円も

貯まる計算になりますね。このスタイルを崩すことなく、

コツコツ続けることが重要です。毎月の貯蓄のアイデアとしては、銀行の

「積立貯金」を活用したり、会社員なら給料から一定額を天引きして

銀行などに貯蓄する「財形貯蓄制度」もおすすめです。また、貯金用の

銀行口座を作り、そこからは絶対にお金を引き出さないようにする方法も

あります。その他、以下のような積み立て方法もあります。

おすすめの積み立て方法

  • つみたてNISA:つみたてNISAとは、積立投資専用のNISA

少額投資非課税制度)のこと。最低月々100円からの少額で、

「長期・分散・積立投資」を気軽に始められるため、投資初心者にも

おすすめです。

  • デパート友の会:毎月一定額を積み立てると、1年後にボーナスが

加算されたお買い物券がもらえる、百貨店の「友の会」サービス。

銀行預金と異なり課税されないことや、お歳暮ギフト割引など、

さまざまな優待サービスがあるのもメリットです。

毎月5,000円から1,000円単位で選んだ掛金を運用しながら

積み立てて、原則60歳以降に受け取る仕組みです。積み立てたお金は

所得控除の対象で、所得税・住民税が節税できます。

分割払いやリボ払いを使用しない

クレジットカードは手元にあるお金が減らないので、浪費につながりがちです。

クレジットカードを極力使わない人は、お金が貯まる人といえるでしょう。

また、クレジットカードを使うときも、分割払いやリボ払いは利用せず

「一括払い」にするのが、お金が貯まる人の特徴です。

分割払いやリボ払いは手数料がかかるため、毎月の支払い金額は小さく

見えますが、手数料がムダになってしまいます。一括払いであれば手数料が

かからず、その分節約できます。クレジットカードを使う場合は一括払いに

することが、お金を貯める近道です。また、現金チャージ式の電子マネー

活用するのも、節約しながらポイントも貯まるのでおすすめです。

お金が貯まらない人の特徴・暮らし方


        f:id:akicyan6041:20210311165031j:plain

一方、お金が貯まらない人には、どんな特徴があるのかをご紹介して

いきましょう。「気付いたらお金がない」「今より少しでもお金が欲しい・

増やしたい」という人は、当てはまる生活習慣がないか、今一度

チェックしてみてくださいね。

レシートをもらわない・中身を見ない

コンビニやスーパーで買い物をしたときにもらうレシートを、あなたは

どうしますか? 実は、レシートをもらわない、レシートの中身を見ない

人は、お金が貯まらないといわれています。レシートには、いつ・どこで・

いくら使ったのかという情報が詰まっています。そのため、レシートは支出を

管理するための貴重な資料となるのです。レシートをもらって家計管理や

生活費の節約に活用することが、お金が貯まる第一歩といえます。

「ついで買い」で浪費してしまう

コンビニやスーパー、コーヒーショップ、ネットショッピングで

「ついで買い」をしていませんか? 例えば「安い!」「まとめ買いがお得!」と

いうあおり言葉に乗ってしまい、必要以上の量を買ってしまったり、

コンビニやコーヒーショップのレジ前に陳列された商品を「ついで」に

購入したり、配送料が無料になるからと、ネットショッピングで

追加購入していませんか? 自分でも気付かないうちに「ついで買い」は

相当な金額になっていることも多いもの。日々の浪費を防ぐだけでも、

自然とお金が貯まり始めるでしょう。

時間にルーズでよく遅刻する

「あなたは時間を守る方ですか?」と聞かれて、「性格がお金が貯まる、

貯まらないに関係があるの?」と思う方もいるかもしれません。

はっきり言いましょう、ものすごく関係あります!

「少しならいいや」「ちょっとくらいなら遅れても……」など時間に

ルーズな性格の人は、お金を浪費しやすい人が多いものです。

よく遅刻する人は、「ちょっと使うくらいならいいや」「ワンコインくらいなら

問題ないよね」とお金にもルーズで無駄遣いしてしまいがち。

小さな浪費癖は、徐々に大きな浪費に変わることもあるので注意が必要です。

特に、定年前後の5年間は、お金との付き合いには罠がいっぱい。

現役時代の浪費癖から抜け出せない人は、生活習慣を見直しましょう。

お金が貯まる人になるためにできること


         f:id:akicyan6041:20210311165117j:plain

それでは、お金が貯まる人になるためにはどうしたらいいのでしょうか。

改善ポイントを3つご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

改善ポイント1:レシートチェックで浪費を減らす→貯金へ

まずは、レシートチェックから始めましょう。1日の終わりに、お財布から

レシートをすべて出して中身をチェックします。そうすることで、いつ・

どこで・いくらお金を使ったのかが把握できます。

レシートを見て、以下のポイントをチェックしてみましょう。

  • 1日に必要なお金はどのくらいなのか
  • 無駄遣いをしていないか(ついで買いで浪費していないか)
  • 毎日ルーティーンのように買っているものをやめる方法はないか
  • (節約できる方法や工夫を模索する)
  • スーパーやコンビニに行く回数を減らせないか

この分析を習慣にすることで、浪費を減らし、生活費を節約できるように

なります。1日に平均どれくらいのお金を使っているのかを把握できたら、

1日に使えるお金の上限を決めるといいでしょう。例えば「1日上限

1500円で過ごす」と決め、その日1日で上限まで使わなかったお金は

翌日に繰越してもいいですし、別のお財布に貯めておいて貯金に

回すこともできます。

改善ポイント2:「時間がない」はNG!生活習慣を整えよう

「収入・支出を見直す時間がないからお金が貯まらない」という人は、

生活習慣を見直すことが大切です。生活習慣を整えるとムダなお金を

使うこともなくなるため、お金が貯まる体質になっていきます。

時間をつくるために、以下のようなことを実行してみてください。

  • 1日のTo Doリストを作成し、優先順位をつけて実行する
  • 必ずやるべきことをルーティーン化する
  • 1つの作業にかかる時間を把握し、設定時間を設ける

時間は自分で作るもの。時短につながる工夫をして、時間に余裕を持ちましょう。

改善ポイント3:自分の価値感を持つ!ブレない精神を

自分の価値観を持っている人は、お金が貯まりやすい傾向にあります。

流行や周りの意見に左右されない、ブレない精神を持ちましょう。

  • 余計なものを欲しがらない
  • 自分のいいと思ったものしか買わない(流行に踊らされない)
  • 古いものを大切に使う
  • 安物よりも高い物を買って長く使う

このようなポイントを押さえて、しっかり自分の価値観を持ってお金を

使うようになると、自然と節約につながっていくものです。


       f:id:akicyan6041:20210311170810j:plain


お金が貯まる人になるには、自分のお金を把握することが重要です。

そして、浪費癖を見直し、自分の価値観を持って買うものを吟味すれば、

自然とお金は貯まっていきます。ただし、大きな金額のお金を貯めるには、

単純に節約して残った金額を貯めるというマインドではなく、投資して

増やしていくというマインドが必要になります。

毎月貯金ができるようになったら、次はお金を増やす「投資」も

検討してみましょう。お金が貯まる人は、お金の増やし方にも詳しいものです。💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤


当時、中卒で会社の社員寮に入って頂いたお給料は月収6,060円で

福利厚生から三度の食事代諸々を引かれて手取りは4,000円程でした。

兄嫁のドケチさんに「学校で履く上履きの草履を買うから10円頂戴」と

言っても、素直に貰えず、中学に行くように成って兄貴(長男)に「月に

300円で良いから学用品代を欲しい」と頼んでも「和子にお金を持たせたら

お菓子を買って食べちゃうから上げない」と言って呉れなかった。

その頃から和子にも意地がある。「今に見て居ろ~見返して遣るから・・・」と

月に僅か4,000円のお給料から毎月1,000円づつ貯金し会社を退職した時には

650,000円程貯めて置いた・・・此れって兄貴への意地の塊・・・(笑)

【九十を 過ぎても気にする 中国産(シルバー川柳)】