【生活の裏ワザまとめ】―3

 

       f:id:akicyan6041:20210219161919j:plain

 

 これを知ってれば人生が変わるかも?!

【裏ワザ その3】健康、スポーツ編

「風邪かな…。」ちょっと体調が悪いけど、病院に行くほどでもないという時や、身体を動かす時におすすめの裏ワザをご紹介します。少しの工夫で楽になったり、今まで苦戦していたのに簡単にできてしまうような驚きの方法を伝授します!


👍 風邪をひきそうな時は首を後ろを温めるべし!

体が冷えると免疫力が低下しウイルス感染を招きます。首の後ろにカイロ(タオルや布で巻く)を当てて温めると体調回復へ。

👍 のどの痛みには大根をはちみつ漬けにして汁を飲むと効く!

大根の消炎作用とはちみつの抗菌作用で炎症を和らげます。副作用の

心配もなく体に良いものなので子どもにもおすすめ。

👍 苦い薬を飲む前に氷をなめると苦みを感じない!

氷をなめることで舌の感覚が麻痺し、すぐに薬を飲めば苦みも感じないので

薬が苦手な子どもにもおすすめ。(のどに氷がつまらないよう注意)

👍 体脂肪を減らすには毎日風船をふくらませよう!

風船をふくらませるときは自然と腹式呼吸になり、これが体脂肪燃焼に

効きます。ハードな運動が苦手な方におすすめ。

👍 逆上がりができるようになるために、鉄棒と体を結び付ける!

逆上がりにはお腹を鉄棒に近づける筋肉が必要。タオル(2枚繋げる)で

腰と鉄棒を結ぶと体が覚えてくれます。

(子どもの場合、必ず大人がついて見てあげましょう)

🕳💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤🕳

番外編・・・

ぽっこリお腹を“すっきり”に変える!6の生活習慣

コロナ禍で外出する機会が減ったり、家時間が長くなったり、テレワークになったり。

運動不足にもなって「ちょっと太ったかも……」と思っている方も多いのでは。

そこで、ぽっこりお腹解消に役立つ簡単習慣を紹介します。

できることから始めてみませんか?

🕳 座るときはひざを閉じて座る

電車などでひざを開いたまま座るとぽっこりお腹の原因に。ひざを閉じると

自然と骨盤が立って背すじも伸び、お腹がへこむ座り方に一変。

 🕳 ウエストが目立つ服をあえて着る

お腹まわりを隠すのではなく、あえて見せるおしゃれも楽しむと、適度な

緊張感からお腹まわりの筋力がアップ。所作も美しくなります。

       f:id:akicyan6041:20210219162520j:plain

 🕳 掃除をするなら雑巾がけ

腸の活動を活性化させる腸腰筋のストレッチにおすすめなのが、四つんばいになって

雑巾がけをする動作。腸の動きと密接な関係の腸腰筋を動かし、股関節の柔軟性が

上がれば姿勢がよくなり、ぽっこりお腹撃退につながります。

🕳 ときどき和式トイレを利用する

ひざを曲げてしゃがみ込む姿勢は、排便力が鍛えられ、便秘解消に。

ひざに痛みがない人は和式トイレを積極的に利用しましょう。

 🕳 スマホ操作は目の高さで行う

猫背になりがちなスマホ操作。クセづくとお腹まわりの筋肉が

緩みやすくなります。スマホは目の高さに持ち上げて操作しましょう。

🕳 バッグは手持ちより肩にかけて持つ

加齢で筋力が低下すると肩甲骨の位置は上がるもの。外出時はリュックを

背負えば重みで肩甲骨をラクに下げられ、姿勢もよくなり、下腹もすっきり。

【街鏡 そっと猫背の 老い伸ばす(シルバー川柳)】