えっ?こんな現実って有るの?酷い・・・

 

       f:id:akicyan6041:20201010170638j:plain

          《和子は又々こんな記事を見た~》

💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦

      夫が《性犯罪》で逮捕、ある日突然「犯罪者の家族」に

                                  なった妻たちの苦悩と生きる道

日々、発生する事件や事故。そこには当然、被害者と加害者が存在する。そして

彼らには当然「家族」がいる。加害者家族といえば、マスコミが集まる自宅前で

泣き崩れ、謝罪する姿が思い浮かぶが、報道されるのはそこまで。そのあと、

どんな苦しみが待ち受けているのだろうかーー。凶悪事件も含め、200件以上の

殺人事件の家族を支援してきたNPO法人World Open Heartの理事長・

阿部恭子さんが、レポートする。

 仁美(仮名・30代)は、いつものように慌ただしい朝を迎えていた。小学生の

ふたりの子どもたちを学校に送り出すと、自宅の前に車が止まっていることに

気が付いた。すると、中からふたりの男性が現れた。 「警察です。ご主人は

いらっしゃいますか?」  仁美は、慌てて身支度を整えている夫を呼びに行くと、

特別驚いた様子もなく、 「ああ、ちょっと仕事でトラブルがあって……。

夕飯までには戻るから」  そう言うなり、夫は鞄さえ持たずに止まっている車に

乗り込んでいった。これが、仁美が夫を見た最後の姿になった。

気が付かなかった夫の裏切り

「強制わいせつ3件、住居侵入も……。まだ、余罪はあるとみています。

常習犯ですね」  翌日、夫が逮捕されたという連絡を受け、仁美は警察署にいた。

夫は早朝や夜間に、ひとりで歩いている女性の後をつけ、抱き着いたり、

身体を触って逃げるといった痴漢行為を繰り返していたのだった。    まさか、

あの人が……。伝えられる事実のすべてが、仁美には想像もできないことだった。

セックスレスでしたか?」  男性の警察官から唐突に立ち入った質問をされ、

仁美は恥ずかしさで顔を上げることができなかった。 「子どもが生まれてからは

ずっと、夫婦生活はありませんでした」  仁美と夫は職場で知り合い結婚。仁美は

結婚を機に退職し、二人の子どもが生まれた。夫は穏やかで真面目な性格。

交際していたころから浮気の心配などしたことがなかった。夫婦生活が

途絶えていたからといって、仲が悪かったわけではない。  子どもが生まれ、

自然と求め合うことがなくなっていた。平凡だが幸せな日々を送ってきた

はずなのに、夫はなぜ破廉恥な行為に手を染めてしまったのか……。

        

      f:id:akicyan6041:20201010171956j:plain          f:id:akicyan6041:20201010172046p:plain

義母からは謝罪どころか「すべてあなたのせい!」

 仁美は、いつものように生活費を下すため銀行に行くと「残高不足」と

いう表示が出て現金を引き出すことができなかった。仁美はまさかと思い、夫の

弁護人に相談すると、夫は4人の被害者にそれぞれ100万円以上の示談金を支払う

予定で、既に弁護士報酬も発生している。  口座にはもうお金がないのだ。夫は

実刑判決は免れず、長期の刑に服することも覚悟しなければならない状況だという。

ローンが残っている自宅の処分も進めており、弁護人は仁美にすぐ転居先を

探すべきだと促した。  仁美は万が一、夫がけがや病気で働けなくなった場合に

備えて、きちんと保険をかけてきた。しかし、まさか夫が犯罪を犯して生活に

困ることなど考えもしなかった。  弁護人は、仁美に生活保護を申請することを

勧めたが、仁美は現実が受け止められず親族に援助を求めた。仁美の実家の両親は

すでに退職しており経済的余裕はないことから、夫の実家に連絡を入れてみると

「こうなったのはすべてあなたのせいです! 早く離婚してください」  夫の母親は

ヒステリックに仁美を責め立て電話を切った。夫は両親に、事件を起こした原因は

仁美から性行為を拒まれ続けたことだと手紙で伝えていた。ふたりの娘も母親に

ばかりなついて可愛いと思えなくなっていたという。  仁美はひどく傷ついた。

事情聴取を受けたとき、警察官から同じ話を聞かされていた。しかし、夫が

そんなことを言うはずがないと今まで信じていたのだ。  数日後、弁護人から

仁美のもとに、夫の署名押印が済んだ離婚届が送られてきた。夫は実家の家族とは

面会や文通をしているにもかかわらず、仁美に伝えられる連絡はすべて弁護人を

通した事務手続きだけで、謝罪のひと言もない。  裏切られ、加害者家族として

屈辱的な体験まで味合わせた夫を許すことはできない。しかし、刑務所行きになる

夫には借金しか残らず、民事裁判を起こしても得られるものは何もないのだ。  

仁美と二人の子どもはその後、生活保護を受けて暮らしている。 

💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦💦


昔から思えば今のご時世ではこの様な事も有りうるのかも知れませんし和子は

古い人間だから・・・今は双方共に年金暮らしに成って夫は定年退職と同時に

自分の日々の生活として洗濯物を取り込んで呉れたりゴミ出しをして呉れたり

しますが、お互いに現役で働き、子育てをして居る時は外で働く夫には

風邪で寝込んだ時は夕飯の片付けをお願いする事も有りましたが、其れでも

「後片付けをしてから寝ろ」と良く怒られた事も・・・

そんな和子の所帯盛りと今どきの若夫婦とは月とすっぽん程の開きが有り

パパさんが赤ちゃんのおむつを変えてママさんは缶コーヒーを飲みながら

ポテトチップを食べている光景を眼にする事が有りますが、此れも時代の

流れと言うのでしょうか?

 

        f:id:akicyan6041:20150510093850j:plain


それにしても夫を信じ切って2人の子育てに頑張ってる仁美さん

一寸可哀そうすぎます。和子の息子(次男)が幼稚園に行ってる頃に

幼稚園のお友達のパパさんが8ヶ月肝硬変を患い、苦しんだ挙句に奥さんに

絵地図と「ご免」と書いたメモを残して横須賀の雑木林の中で静脈を切って

自殺をされて真冬の寒い中で、苦しんで・苦しんで絵地図の場所からずれて

見つかる迄に半月掛かって真冬の雨に裁たれ面影も無いほどの姿に成って

見つかった時に、パパさんのご両親はお友達に「貴女の制で息子は死んだ」と

罵り、彼女も2人の子供を抱えて大変なご苦労をされたそうですが、

お友達のご主人は「夫としての責任感を感じ回復しない身の上で・・・・」

何となく分かるような気もするけど・・・お友達のご主人のご両親にしても

血を分けた孫で有り、この仁美さんのご主人のご両親に取っても血を分けた

孫で有り、立派に妻の座を守って居るのに息子の不祥事を認めない、この

ご主人のご両親にはきっと・きっと天罰が・・・

  仁美さん、2人の子供を成人させるのは大変だけど~

   お子さんはママをしっかり見て立派に成人するでしょう?

       頑張ってね?祈ってるよ~((^▽^笑) )

 

     【長生きを ほめる世間に 子は疲れ(シルバー川柳)】