思い出ばなし・よし坊・・・

 

             f:id:akicyan6041:20190606200112j:plain

 

お舅さんは若い頃はパン屋さんを営み、戦争への招集は無かった様です。

でも~4人の男の子を残し、若くして女房を栄養失調で亡くし、

4男は発育が遅れて障害者として生まれたとか?彼は4歳に成るまで

歩けなかったと聞きます。そんな幼い息子を4人置いて女房に先立たれ

一旦は新潟のお舅さんとお姑さんの実家に預けて、東京で働き

ご縁が有って子連れの後妻さんを迎えて、お舅さんも並々ならずご苦労を

されたと思います。又長男には新潟から妹の娘を・・・「生涯4男よし坊の

面倒を見て呉れる様に・・・」と言う条件で・・・

 

                            f:id:akicyan6041:20190614181116p:plain

 

若い頃お姉さん(兄嫁)がしっかり面倒を見て呉れて・・・よし坊も殆ど

見えない眼で手探りで洗濯物を取り込んだりしてお手伝いをして居ました。

何時も本家に行くと茶の間の片隅に座ってそれなりに「よし坊今日は!」と

お声掛けをすると「あ~和子さんだ~今日は暑かったでしょう?」と・・・

 

夫が独身の頃に「よし坊も退屈だろう~」と思いテレビを買い与えても

全然見ない?障害者は眼の見えないのは周りの者には判断が付かず

よし坊が眼が見えないと分かったのは夫がテレビを買い与えて

初めて気付いたとか?

夫は、じゃ~耳は聞こえるからラジオを買って遣ろうと思い付き

トランジスターラジオを買い与えたら喜んで毎日聞いて居たとか?

 

      f:id:akicyan6041:20190522195150j:plain

 

よし坊も段々と年齢を重ねて・・・

有る時、本家に行くと・・・お姉さんが

「和子さん、よし坊ったら私やオバアチャンのスカートの下から手を入れて

来るんだよ~嫌~なよし坊」何て・・・やっぱり色恋何て有るのかな?(笑)

 

【金貯めて 使う頃には 寝たっきり(シルバー川柳)】