かつみちゃんのお母様・・・

かつみちゃんのお母様は和子と同じ歳の当時は未だ60代で聞く所に依ると 栄養士の免許を持って居るとか?彼女も確か、心臓が悪く、ペースメーカーを 挿入し、障害者手帳を所持し、お父様は人工透析を受けに一日置きに・・ 家族全員が障害者家族で孫のOO君だけ…

かつみちゃん(仮)・・・-3

かつみちゃんのお宅には殆ど、毎日の様に伺い・入浴も週に2回・トイレ介助に 朝夕2回・昼間にも足浴に行ったりと・・・ 彼女は彼女なりに不自由な身体に成ってサービスに入ると和子に良く愚痴を 零します。「息子に何もしてあげられない・・・」と・・・又息…

かつみちゃん(仮)・・・-2

かつみちゃんは20歳、歳の離れたオジサンと結婚して近くにアパートを借りて 暫くは新生活を送りましたが、息子が小さい頃は子供にも暴力をふるい、当時 中学生に成った息子はパパが大嫌いでした。 和子がかつみちゃんのお世話をする頃は、もう離婚して東京で…

かつみちゃん(仮)・・・-1

かつみちゃんはM事業所からの利用者さんです。 彼女は未だ42歳の若さで、中学1年の息子さんと彼女のご両親と 3人家族でした。彼女は42歳の若さで脳腫瘍が出来て左半身不随で耳鳴りが 酷くてお話しは出来るけど~聞いては呉れません。全てホワイドボードで筆…

大里町のオバアチャン・・・-3

当時、大里町のオバアチャンは一時間のサービスでお部屋のお掃除とお風呂の掃除 お買い物だけのサービスでした。先ず行くとメモに食材の買い物を書いて 「此れだけ買って来て~?」と頼まれてスーパーにお買い物に行って 帰って来ると略30分は掛かります。買…

大里町のオバアチャン・・・-2

和子は介護の仕事を始めて、最初に利用者さんのお宅に同行訪問をした時から Cさんは「若いのに~偉いな~?」と思い、好意を持って居たけど、コムスンの 月一の会議の席で「有るヘルパーさんが、利用者さんのサービスをしながら 美容院を紹介して2股を掛けて…

大里町のオバアチャン・・・-1

有る時大里町のオバアチャンのお宅にサービスに入ると・・・ あれ程までにCヘルパーさんを可愛がり「私は死ぬまでCさんにお世話に 成るんだ」と言って大のお気に入りのヘルパーさんだったのに・・・ 「Cさんのサービスを断っちゃった~」って言う??? 「ど…

Cヘルパーさん・・・

彼女は和子の息子と変わらない年頃の2人の子供を持つ母親でした。 聞く所に依るとバツイチで2人の子供と共に両親と同居をして居たそうです。 和子がコムスンに入って早々に何人もの利用者さんのお宅に同行訪問をして 色々と学ばせて呉れた素敵な方でした。未…

Bヘルパーさん・・・-2

在宅介護と言うのは、勿論《遣ってはいけない事・頂いてはいけない・・・》等 諸々規約が有ります。ですが利用者さんは人間様です。病弱な、或いは不自由な お身体でヘルパーさんに、日頃お世話に成って感謝の気持ちを表す為に 「珈琲を入れたから飲んで帰っ…

Bヘルパーさん・・・-1

ある日、電話が鳴って出ると和子にY事業所を紹介して呉れた先輩の Mヘルパーさんからだった・・・・ 「ね~お願いが有るんだけど・・・oo利用者さんの所に週に一回で良いから 手伝って貰えないかしら?」と言う電話だった このoo利用者さんは、全然和子の携…

他区からのヘルパーさん

他区からバイクでかなりの時間を掛けて南区に有るM事業所に来る ヘルパーさんが居ました。彼女は例の猫を5匹飼ってる利用者さんのお宅に 他の事業所からサービスに入って居ると言う事をセンター長から聞いた事が? その彼女と有る利用者さんのお宅に同行訪問…

M事業所・・・-2

Y事業所と比較するとY事業所はビルの5階に事務所が有って間仕切りをして ケアマネージャーも数人いて事務専門の女性やセンター長は殆ど事務所に 居るから、何時休憩に行っても何時でも休憩出来たし~緊急の対応も万全でした。 今は無きコムスンも常に留守が…

M事業所・・・-1

元々和子はコムスンを退職してコムスンの先輩に「Y事業所の面接を受けて 未だ募集して居るから受けない?」とお声を頂き、Y事業所に勤めて居ました。 所がY事業所に勤めるケアマネージャーが会社内でトラブルを起こし、 退職する羽目に成って、そのケアマネ…

木口のおじいちゃん(仮)-2

木内のおじいちゃんの住む戸建ての住宅で幾ら生活保護を受けてる お宅とは言え10アンペアでは満足に電気製品も使えない。そんなお宅で 夏場は良いけど、冬場は炬燵にうずくまって居る有様でした。 和子は早朝のお世話には伺った事は無かったけど~仲間は 「…

木口のおじいちゃん(仮)-1

木口のおじいちゃんは自立支援で【トイレ介助・食事・身の回りのお世話】で 身体・30-生活援助・30で1時間のお世話を毎日と夕方にトイレ介助に30分 お邪魔して居ました。このお宅は生活保護を受けてる様で家庭の電気も 10アンペアしか無く冷蔵庫と炬燵と電…

大惨事・・・

ヘルパーの仕事も大分慣れて・・・何処の利用者さんのお宅に訪問しても 何とか泣き言を言う事もなく、先輩に助けを求める事もなく日々順調に 利用者さんに接して頑張って来ました。所が有る朝、例の猫好きな利用者さんの お宅に伺って、うがいに手洗いを済ま…

バイクは表玄関の方に停めて下さい

このお宅の前の道路は道幅が狭く、軽自動車がやっと通れる位なのに~ 植木を玄関の前に置いて本当にバイクを停めるのに四苦八苦する状態ですが 雨の降る日は普通のお宅なら土間に、或いは一寸失礼してお風呂場に雨合羽を 置かせて貰えますが、玄関の土間も無…

エッ?猫の餌まで???

「朝の7.30分からOOさんの身体介護30分、オムツ交換」を命ぜられ 伺った所、バス通りから100m程下った所にお宅が有り、 この道幅は軽自動車一台がやっと通れる位な道幅でバス通りの信号の影響で 車の抜け道に成ってて50CCのバイクを置くのもギリギリでした。…

奥さん大変ですね?

朝、8.30分に伸ちゃんのお宅に訪問して・・・洋服の着替えをして 9.00にマンションの眼の前のバス停まで送って行き、バスの運転士さんに 「OOで下して下さい」とお願いをして伸ちゃんに「バイバイ・・・」と別れを告げて 和子は次の利用者さんのお宅へ・・・…

伸ちゃん(仮)の奥さんから・・・

伸ちゃん(仮)の奥様は和子の息子と年の差が無い若い奥様ですが、 大変働き者で横浜市内に居酒屋を3軒とバー1軒のオーナーで伸ちゃんが 病気で倒れた時は、このマンションじゃ無い所にお住まいだったそうですが 伸ちゃんの会社から「バス通勤が可能ならパ…

コムスンが解散してから・・・

コムスンが解散してからお友達の紹介でY事業所に採用されてコムスンの利用者さんと 共にY事業所で再出発をしました。此処でも又新たな利用者さんの お世話をさせて頂き、この事業所はしっかりと利用者さんの「事業計画」と言う 文書を頂き、素晴らしく行き…

えっ~ 此処も~ごみ屋敷???

センター長から「Mさんのお宅のお買い物に行って~」と言われ・・・ このMさんはお医者さんから胃癌で「余命3ヶ月」と宣告されて居る様です。 伺うと此処のお宅も玄関に入るとゴミの山?思わず「えっ~又???」って感じ 台所の向こうのお部屋には息子さ…

えっ~ ごみ屋敷???そのー3

有る朝、伺うとプラスチックの3段の籠に成ったキャスター付きのワゴンが 有って、その中に調味料とか乾物・缶詰その他諸々が入って居ますが、 その「籠の中を整理をして欲しい」と言われ、ごみ屋敷だけに 手の付けようの無い感じで・・・思わず「え~~~?…

えっ~ ごみ屋敷???そのー2

1年掛かっても2年掛かっても、ごく普通の家庭に近い程度に 奇麗にして上げようと思う和子の気持ちには、嘘・偽りは有りませんが 介護の世界は、自分の気持ちを押し通せる所では有りませんでした。 誰でも住み良い環境・奇麗な場所で人生を送りたいと思う気持…

えっ~ ごみ屋敷???そのー1

コムスンに在籍中にコムスンのセンター長から「kさんのお宅に1時間 生活援助でお掃除に行って~」と言われ初日はセンター長の同行で伺いました。 「今日は~」と玄関を開けると灯油の臭い、下駄箱の下には灯油のポリタンク 上には段ボールとスーパーのレジ…

コムスンの解散・・・

コムスンも一連の騒動で介護のお仕事も針のむしろに成りましたが 和子は又改めて職探しも面倒だし・・・コムスンが閉鎖して何処かの 事業所が引き受けて呉れるのなら其れはそれで良いかな?って思ってました。 所がコムスンの先輩Mさんから「Yと言う事業所…

大里町のおばあちゃん

一日に在宅介護は数軒のお宅に訪問するのですが、最初は先輩ヘルパーさんに 同行訪問をして頂き、2回目からは一人で訪問をします。大里町の おばあちゃんのお宅も、若い2人の子供を持つママさんヘルパーさん Sさんに・・・此処のお宅は団地の一階で、生活援…

心に残る、天羽のおばあちゃん・・・

和子が在宅介護を始めた当時、和子と同行訪問をして呉れた先輩のSさん 彼女と2人で組んで曜日別で交互に天羽のおばあちゃんの介護をさせて頂き 彼女は和子より30分程長く天羽のおばあちゃんのお世話をして、病院から 頂いて来るお薬の袋に何枚も何枚も俳句…

天羽のおばあちゃん・・・そのー3

天羽のおばあちゃんのお宅に伺うと、先ずはお風呂にお湯を張りお掃除をして 夕飯の支度をして(大したお料理じゃ無いけど~眼が殆ど見えないから1枚の お皿に数種類のおかずを乗せての夕飯)入浴介助・・・全部衣類を脱いで 洗濯機を廻しながら入浴・・・半…

天羽のおばあちゃん・・・そのー2

帆掛け船・・・ 風に吹かれつ 流されつ 波にもまれつ たへ 乍ら 帆かけ人生 今日迄生きた いや・・・・・ 生かされた それ故生きる 明日も生きる 夢追い乍ら 天羽のおばあちゃんは、詩や俳句が好きで、お医者さんから頂いたお薬の袋に マジックペンでトイレ…